通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
インタフェースデザインの実践教室 ―優れたユーザビ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆帯付き、クリーニング済みです。◆カバーに少しスレ。◆中は特に大きな損傷や汚れなどなく概ねキレイな状態です。◆丁寧な梱包、迅速な発送を心がけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
18点すべてのイメージを見る

インタフェースデザインの実践教室 ―優れたユーザビリティを実現するアイデアとテクニック 大型本 – 2013/4/17

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
¥ 3,240
¥ 2,900 ¥ 1,499

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • インタフェースデザインの実践教室 ―優れたユーザビリティを実現するアイデアとテクニック
  • +
  • インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針
  • +
  • 続・インタフェースデザインの心理学 ─ウェブやアプリに新たな視点をもたらす+100の指針
総額: ¥9,288
ポイントの合計: 280pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

インタフェースデザインの実践的な解説書。
使いやすいUIで優れたUXを提供するために必須な「リサーチ」「デザイン」「インプリメンテーション」という3つのフェーズを、初心者にもわかるようていねいに解説します。
テクニックの章では、ストーリーボードやペーパープロトタイピング、ユーザビリティテストなど、優れたユーザビリティを実現するためのアプローチについて学びます。
アイデアの章では、テキストの書き方、どのくらいリアルなデザインであるべきか、アニメーションを使うタイミングなどについて学びます。
調査・設計・実装・検証・改善というワークフローに沿ってデザインすれば、ユーザビリティは驚くほど向上します。

出版社からのコメント

「はじめに」より

この本はデザイナーとプログラマーのための本です。しかし一方で、この本はデザインに関する具体的手法やプログラムコードの書き方について書かれた本ではありません。より重要なもの、すなわち皆さんの製品を利用する「人」について書かれたものなのです。

たとえどんなにすばらしい製品であっても、人がそれを使ってくれなくては意味がありません。世界でいちばん美しく、頑丈で、そしてエレガントな絵筆を作っても、その筆で誰も絵を描いてくれなければ、そのために費やした時間は無駄になってしまいます。

人々が使いたくなるようなアプリケーション(アプリ)やウェブサイトを、皆さんが構築するのをお手伝いするのがこの本の目的です。

この本は「テクニックの章」と「アイデアの章」に分かれています。「テクニックの章」では、具体的なテクニック-デザインの過程において皆さんの製品をより使いやすいものにするための手法−を紹介しています。具体的には絵コンテ、ユーザビリティテスト、紙を使ったプロトタイプ作成などです。皆さんが具体的に実行できる事柄、何かのときに思い出してすぐに使えるツールを紹介します。

「アイデアの章」では、より抽象的なアイデアや概念を紹介します。文章の書き方、どの程度リアルなデザインにすればよいのか、アニメーションはどのような場面で使うのがよいか、といった事柄です。「アイデアの章」ではアプリやウェブサイトをデザインする際に、検討すべき事柄を説明します。

この本で紹介している「ルール」を実践する際にも、このことを肝に銘じておいてください。ルールに従ってアプリやサイトをデザインしたとしても、結果として利用者が意図しない使い方をしたり、ウェブサイトで「迷子」になってしまったり、とても考えられないような不可解な行動をしたりして、皆さんにとっては当たり前と思われることでもユーザーはできない可能性があるのです。

(中略)

自分の製品に対して、一連の「ユーザビリティルール」を適用しさえすれば、「有用なアプリやサイトができあがる」とは決して思わないでください。UI をデザインする際には、「常識」を働かせルールに依存しすぎないでください。ルールを覚えましょう。でも、皆さんの製品を良くするのであれば、ルールを破ることを躊躇する必要はありません。筆者が言うとおりにするのではなく、筆者の言葉をインスピレーションの源として利用してください。そして、自分のデザインを必ずテストしてください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 332ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2013/4/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873116082
  • ISBN-13: 978-4873116082
  • 発売日: 2013/4/17
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 19 x 24 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,455位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2014年2月8日
形式: 大型本|Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告