¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
インスリンも薬もやめられた! すごい糖尿病治療 ―... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

インスリンも薬もやめられた! すごい糖尿病治療 ―血糖値を下げるレシピ多数! 単行本(ソフトカバー) – 2010/1/14

5つ星のうち 3.7 34件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 2,532

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • インスリンも薬もやめられた! すごい糖尿病治療 ―血糖値を下げるレシピ多数!
  • +
  • 断糖のすすめ ~高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣~
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

肉・魚・アルコールだってOK。ストレスなしで糖尿病にサヨナラできる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

荒木/裕
1934年京都府生まれ。1967年京都大学医学部大学院卒業後、大阪北野病院勤務。その後、ハーバード大学附属小児病院脳神経外科研修医、ハーバード大学医学部臨床栄養学部助教授、アメリカ国立公衆衛生研究所(NIH)客員研究員、サウスカロライナ大学医学部勤務を経て、1983年加古川市に崇高クリニックを開業

荒木/里
1942年神奈川県生まれ、1965年日本大学理工学部薬学科卒。1965年から1年間東大病院研修後、1966~69年までIMS勤務。1970年に夫である荒木裕と共にアメリカに8年在住。1985年よりアスター薬局勤務、現在にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 174ページ
  • 出版社: 現代書林 (2010/1/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774512265
  • ISBN-13: 978-4774512266
  • 発売日: 2010/1/14
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,512位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
いままで6年間も薬も投与してもらっていたが下がらないので断ってこの本を実践した結果、いままでヘモグロビンが6.5から下がらず空腹時血糖値が125-130あったのがヘモグロビン6.0,血糖値100前後まで上がりました。
効果は抜群ですが心配なのは食事療法が極端すぎて必要なビタミンなどの不足や偏りで他の病気になるのではないか?と心配している。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ですが、本当にこんなんで生きてゆけるのでしょうか?この後の生活を知りたいですね
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
今まで糖尿病になるとは全然思わなかった。生まれつき体の構造が悪い人がなるものだと思っていた。
食事は食欲にまかせ何でも好きなだけ食べ、甘いものも好きなだけ食べていた。運動は特にしない生活をしていた。定期検査で血糖を指摘された。
医者から、食事療法と運動で血糖を下げますか?それともいい薬ありますので飲みますか?ときかれ、さらにこの状態を放置すると怖い合併症が.....
と。しかたなく薬をのむことに。確かに血糖値はさがった。この薬を飲むと頭が少し重い感じがした。そして囲碁の成績が下がった。パソコンでもらった薬の副作用を調べたら、そのような症状が書いてあった。糖尿病を知るために、書籍を探し、この本を発見!食事だけで血糖値が下がる!と知った。
またYouTubeで桑の葉が効果ありと知ったので、飲むことにした。食事はこの本に従ってコントロールした。そして医者に薬半分にしたいにですが?聴いた。
医者はそれなら薬やめて食事と運動しますか?と言われた。はい!その様にします!1ヵ月後血糖値OK、さらに1ヵ月後血糖値OKです。尿もOK。
食事は炭水化物0には難しいので、少量は食べています。あとは蛋白質と魚・肉を食べています。運動は室内でしています。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
体のことがわかりなっとくしました。今は、少しづつ実践しています。A1Cも少し下がってます。ありがとうございました
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
今、やってます。
怠けなので運動抜きで。

はっきり言って、家族と住んでいる方・飲み友達、宴会友達がいる方には地獄のダイエットです。
この本以外の、先生のレシピ他も入手しましたが、死ぬほど不親切。ある意味金の無駄。
お勧めのパンも、フスマや玄米が苦手な方には過酷です。(不味い・臭い)
パンとか言って、噛んでも口の中では溶けません。
パンという名のナニカです。
カリントウという棒は焦げ焦げの、「こんなに焦げてたら、発がん物質になっちゃわないかしらん」という、お焦げなお菓子です。
う~ん、お菓子というとお菓子を冒涜しちゃうような焦げた棒です。

どこかに書かれている方がいましたが、野菜禁止、なので煮魚は諦めましょう。
食塩だけの魚も、日本では「ご飯」用に味付けされているので、食べられません。(しょっぱすぎます)
私は基本 肉食獣になりました。
卵の殻を割るのもめんどくさいです。(これは個人差w)
家族が「人間の食事じゃない!」といって、諸々食べさせようとする、という弊害もあります。
そして、周りの理解を得られません。
他の先生方が「糖質制限」なのに対して「断糖」が基本だからです。
荒木先生の方法から始めると、
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を読んで実践してみたら検査結果が良くなりました!
これからも続けて行こうと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
糖尿病の予備軍のため読んで参考にしております。他にも荒木先生の本を読んでいます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
最近糖尿病を診断され、さてどうしたものか、と思っていたときにこの本の存在を知りました。
基本的には、荒木先生の理論は正しいと思うし、なるほどと納得することがいっぱい書かれていました。
目からウロコ、の貴重なご意見が書かれ、大変参考になります。
人間と糖の関係、糖尿病でない人にも一読お薦めします。

ただ、どうしても引っかかるのが、野菜すら食べてはいけない、ということ。
人間の健康上には支障がないとしても、美容の観点からみたら、どうなのでしょうか?
肌が荒れたりしないのでしょうか?狩猟生活の太古の時代の女性の肌にはなりたくないような・・・。
大根のジアスターゼとか、血をさらさらにするタマネギとか、ああいうのもすべて不必要なものだったんでしょうか?

それと、確かにイヌイットや中央アジアの遊牧民系の民族には野菜を一切食べない人がいるのも知っています。
でも南国の民は?ジャングルにバナナがあるのに、それを食べないで肉や魚だけを求める理由があったでしょうか?

質問を向ける場所がわからなかったので、ここで書かせていただきました。
どなたかご回答いただければ幸いです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー