イメージ交響組曲 ハウルの動く城 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,458
通常配送無料 詳細
発売元: DVDZAKUZAKU
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,650MP3アルバムを購入

イメージ交響組曲 ハウルの動く城 Soundtrack

5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,086
価格: ¥ 2,440 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 646 (21%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 久石譲 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • イメージ交響組曲 ハウルの動く城
  • +
  • ハウルの動く城 サウンドトラック
総額: ¥5,191
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/1/21)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 収録時間: 48 分
  • ASIN: B0000DJW60
  • JAN: 4988008743630
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 96,088位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
5:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
5:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
3:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
4:47
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
5:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
3:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
5:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
5:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   宮崎駿監督作品といえば、久石譲の音楽。作品の完成に先立って、サウンドトラック盤とは別に「イメージアルバム」が発表されるのが恒例となっており、本盤も2004年夏公開の『ハウルの動く城』からインスパイアされて作られたもの。プラハまで出向いてチェコ・フィルハーモニー管弦楽団に演奏をゆだね、さらにミックスダウンとマスタリングはロンドンのアビー・ロードスタジオでおこなった、力の入った1枚だ。

   「100%音楽だけで世界観を作り上げることを念頭に置いた」と久石自身が語るこのアルバムでは、全編、緻密に構成されたオーケストラ作品が並ぶ。奇をてらうような部分はないが、久石節と呼べそうなキャッチーな旋律も随所に顔をのぞかせ、飽きさせることがない。(剛吉若寸也)

メディア掲載レビューほか

宮崎駿監督からのメッセージ、資料をもとに久石譲がイメージしたオリジナル書き下ろし作品を収録したインストゥルメンタル・アルバム。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
【イメージ交響組曲】と【サウンドトラック】の両方を購入しましたが、どちらもそれぞれに素敵なアルバムとなって仕上がっていました。
【イメージ交響曲】は本編の音楽製作前の段階で、宮崎監督の作品に対するイメージ詩やキャラクター設定、作品への想いを綴った手紙などから久石氏が作ったデモテープ的なアルバムで、宮崎監督はその曲を聴きながら【ハウル~】の世界のイメージを膨らませ製作をするのだと聞いていたので、とても興味深い作品でもありました。
非日常的である世界をじっくりと味わうことの出来る久石氏の音楽の世界は本当に素晴らしく、【サウンドトラック】とはまた違った味わいでお勧めです。
そして、【サウンドトラック】は聴いていると、映画のワンシーン・ワンシーンが曲ごとに思い起こされ、聴きながらワクワクドキドキとハウルとソフィと一緒に心の旅が出来る~名場面でのあの曲この曲がギッシリと詰まった作品に仕上がっています。
メインテーマの【人生のメリーゴーランド】は【イメージ交響曲】の方には残念ながら収録されていなかったのですが、本確定に音楽製作をする段階で作り上げられた、言わば“映像”となった【ハウル~】から生み出された音楽だったのでしょうね。そう考えると、全編に渡り、様々なアレンジで流れるこの曲は、宮崎監督と久石氏のタッグであったからこそ生み出された秀作なのだと感じられ
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
映画を観た後に、サウンドトラックと、このイメージ交響組曲を
聴きました。映画のBGMらしく、さらりと聴きやすく映画のイメージどおり
なのは、もちろんサウンドトラックの方なのですが、
こちらのアルバムは、ハウルの映画完成前に久石さんが、音楽だけで
作り上げたハウルの世界観というだけあり、大変聴き応えのある一枚です。
ハウルの音楽で人気のある曲の一つに「陽気な軽騎兵」がありますが
もちろんこちらの交響組曲にもはいっています。(曲名が違います)
でも、トランペットなど金管楽器の音の華やかさ、音楽の重厚さにおいては
断然交響組曲がおすすめです。
全曲にわたり、音楽に厚みと華やかさがあり、とても聴き応えあります。
ハウルの・・・・だけじゃなく、日ごろクラッシック音楽が好きな人にも
お勧めしたい一枚です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 anti・・・ VINE メンバー 投稿日 2004/5/20
形式: CD
イメージアルバムでチェコフィルなんて・・・。クラシック&久石氏のファンとしては夢のようです!もっとも「交響組曲もののけ姫」もチェコフィルによる演奏だったわけですが、本編の曲がまずあってそれをフルオーケストラにしたものなので、初めにもってきた今回とは根本的に意味が違っています。
聞いた印象としては、本編公開前にこんな期待させていいのだろうか!?と言えるぐらいスケールの大きい音楽で、西洋の童話な雰囲気が美しく描かれています。使われている楽器も妥協なしの“フル”オーケストラで、弦・木管・金管・打楽器くまなく組み込まれてい、本当によくできている。原作も読んだことのない自分なので、登場人物や情景が音楽と合っているかどうかというのは言えませんが、映画を観ていてこんな音楽が流れていたら確実に感動するなぁというのはわかります。
本編を観る前に聞いてハウルの世界を楽しむのもいいし、ただ単に聞くだけでもいい。どんな楽しみ方でもいいからたくさんの方に聞いてほしい。それが率直な感想です。星5つしかつけようなし!!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小林 投稿日 2004/1/22
形式: CD
『ハウル』のイメージアルバムという事なので,この曲はここのシーンのかなぁ・・。というように想像しながら聞いています。
全くの正統派の交響曲というのが,ブリティッシュさ漂う物語に合っています。3曲目の「ソフィーの明日」なんかは,呪いをかけられつつも頑張ろうとするソフィーのイメージによく合った,清々しい1曲です。
ハウルとソフィーの恋模様にとても合うものもあって,早く映画が見たいと
欲望を掻き立てられます。ちょっと雰囲気に紅の豚っぽい感じを受けました。
ブックレットにハウルとカルシファー,ディスクにソフィーのイラストが入ってます。宮崎監督の絵だと思われます。まだキャラクターに関しては公開されていないので,貴重ですよね。
ヘッドホンで聞くと,より,鳥肌が立ったり・・。
とにかく映画公開までは,これと原作で凌ぐしかないです。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー