この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

イメージズ・アンド・ワーズ

5つ星のうち 4.9 90件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ドリーム・シアター ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (1997/12/15)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: イーストウエスト・ジャパン
  • 収録時間: 57 分
  • ASIN: B000007U19
  • JAN: 4988029311344
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 90件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 58,756位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
8:12
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
4:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
8:20
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
5:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
9:32
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
7:03
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
2:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
11:30
アルバムのみ

商品の説明

Amazonレビュー

   1980年のイエスの『Drama』以来、プログレッシヴロックがこれほどまでに臆面もなく腕前をひけらかそうとしたことはなかった。つまり、ドリーム・シアターが1992年にリリースした本作は、歌を聴かせるというよりは、卓越した楽器の妙技を聴かせるアルバムなのだ。

   ドリーム・シアターは、多くのリスナーにとってはにわか仕立ての騒音でしかないが、絶頂期のラッシュやイエスを聴いて育った筋金入りのプログレッシヴロック・ファンにとっては、1990年代のローファイがはびこる不毛な音楽シーンにあって、時代を逆戻りした輝ける星だった。そして本作は、そのさりげなく見せつける華麗な指さばきに、アマチュアミュージシャンなら感嘆と絶望が入り混じった思いで(そしてミュージシャンでない者なら、どうしてこんなに果てしなく続く騒々しい音楽をわざわざ作るのだろうかとあっけにとられながら)聴くアルバムだ。

   ジョン・ペトルーシのギターワーク(毎秒1つ刻まれる音にはスティーヴ・ヴァイも顔負けだ)だけでは物足りないと感じるなら、マイク・ポートノイのドラム(明らかに肉体的にも心情的にも「マペット・ショー」の“アニマル”をモデルにしている)にひたすら耳を傾ければいい。ポートノイは、気がふれてしまったニール・ピアートのようにドラムキットを全力で打ち鳴らしながらも、15/8拍子のリズムを完璧に保っている。

   だが本当の意味で本作の原動力となっているのは、バンド全体の見事なまでの一体感だ。ひとつのバンドとして機能した結果、個々のソロをただ単に足し合わせたサウンドをはるかに上回る音楽が生まれているのだ。プロダクションにおいてもバンド内の民主的なバランスが重要視され、メンバー全員を目立たせている。それにジェネシスのような英国の軟弱なバンドとはちがって、ドリーム・シアターはヘヴィーメタルのカテゴリーに分類することもできる。というのも、リスナーのお好みかもしれないどんなプログレッシヴロック・ミュージシャンよりもうまく演奏できるだけでなく、その気になればいつでもメタリカを超えるスラッシュを弾くことができるからだ。

   音楽による地獄の断片、あるいは天上の結婚である本作は、何ひとつ新境地を開いているわけではないが、プログレッシヴロック史上に残る金字塔である。(Mark Walker, Amazon.co.uk)

メディア掲載レビューほか

アトランティック第1弾、`92年発表のアルバム。「アナザー・デイ」「メトロポリス」他、全8曲収録。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 生涯の1枚と言っても過言ではない。
 すべてがショッキングなまでのインパクトであるが、何が最大の衝撃かと問われたら、やはり、「Metropolis - Part I "The Miracle And The Sleeper"」と答えるであろう。インストパートには「あんな完璧なパートは無い」と言いようのない戦慄さえも感じた。
 4分の3拍子と8分の7拍子を小節ごとに交互に繰り返すという変則リズムをバックにした超高速フル・ピッキング6連系フレーズ(これもユニゾン)が炸裂、そしてそれに続くカオティックなまでの変拍子の連続に、「何じゃこりゃ」と唖然とした。
 オーネット・コールマンの「フリー・ジャズ」を基調にメタリックにアレンジして換骨奪胎してしまったような自由さを有しながら、一つの曲として聞いた時、違和感なく9分以上の世界を聞かせてしまうこの曲は最大のハイライトである。
 アルバムの流れ方も完璧ならば1曲を切り離したときの質の高さも桁が違う。
コメント 116人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ※Z 投稿日 2014/4/6
形式: CD Amazonで購入
名盤です。
DTの中でも確実に後悔しない1枚かと。

初めて手にするならばやはりこれです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最高を超えた究極アルバム。一般的な音楽ファンがマイケル・ジャクソンのスリラーを常識的に知っているようにHR/HMのフィールドにおいての常識といえるアルバムがこれである。これほど素晴らしい楽曲や歌や演奏が一部の隙もなく納められたアルバムと出会うのはまずないと誰もが思うことだろう。何百回聞いても飽きることはない。音楽で感動したければこれを聞けばいい。この時代に生まれ、出会って良かったと心底思える数少ないアルバム。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: LP Record Amazonで購入
やはりアナログは良い。分離感、情報量が抜群によくこんなに音が入っていたんだ。と只々驚くばかり。特にソロとシンセの厚みが気に入りました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 ここ最近の彼らがリリースする「こんなことできまっせ」的な驚異の演奏をこれでもかと詰め込んだアルバム群。確かに神業ともいえるテクニックやアンサンブルは認めるが曲自体はあまりピンとこない。「へえ。すごいなあ」で終わってしまう。正直感心はしても感動はしない。
 そういうわけで、Dream Theaterは玄人好みの驚異的な演奏力を誇るバンドというイメージがついちゃったのだけど、最初からそういう評価だったわけではなく、成功のきっかけとなったこのアルバムが純粋に曲が良くて、HR/HM史上に残る名盤だったからである。
 演奏的には経験を重ねた現在の方が凄いのかも知れないが(とはいってもこれも凄いんだけども)、何よりもこれは全編素晴らしいメロディとリフ・構成に支配された純粋に一聴して感動する名曲ばかり収められたアルバム。つまり特に演奏テクニックに特に興味がない人が聴いても「いいな〜」と思える作品なのである。特にこのアルバムから参加したジェイムズ・ラブリエの歌声は伸びやか且つ感情豊かで、現在のヘヴィさを強調した歌い方からは想像できないくらいみずみずしい。私は未だに「Pull Me Under」を聴くとサビを一緒に歌ってしまう。それぐらいキャッチーである。素晴らしい作品だと思う。
 
 おそらく、今後の彼らはこのまま「自称玄人」の方たちの「わかる奴にしかわか
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今更私が言うまでも無くプログレメタルの最高傑作、超名盤です。メタル好きの人間としてドリームシアターに出会えた事を幸せに感じさせてくれるほど出来の良い作品です。歴史的名盤とはこのことでしょう。とにかく万人の方に聞いていただきたい作品です。メトロポリスなんてイントロの段階でイカレテしまいます。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
DTはアルバムを発表するごとに変化していますが、初期(2nd,3rd)の作品あたりは、ロマンティック、そうロマンティックなのです。
近作はヘビィ路線ですが、またロマンティックな作品を希望したい!!
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
プログレとメタルが正反対の麓から山に登り始めて邂逅点が頂上だった様な作品。両者核融合したかような別次元のエネルギーが爆発してます。楽曲、演奏、アレンジ、構成全てが最高のクオリティーでバランスしている奇跡の作品。初代キーボーディスト ケヴィン・ムーアの天才肌の才能がソングライティングに色濃く反映されています。現在のバンドが持ち得ない繊細さやスローな哀愁を帯びたメロディーなどはケヴィンの才に依るものだったのでしょう。サラリと奏でるピアノフレーズがキラリと光るのは才能をもった華のある演奏家の技に他なりません。アルバムの中身は解りやすいダイレクトなカッコ良さに終始していて、ハードメタリックな曲で演奏を聞かせた後に、美メロのバラードを持ってきてじっくり歌を聴かせたりと、曲自体も素晴らしいですが、構成も押しと引きのメリハリが利いたドラマティックな展開を見せ大変良く出来ています。演奏技術に裏付けられた細部にまでこだわったアイデアが曲ごとに散りばめられ、一時も退屈な時間はありません。ラブリエの甘い系伸びるハイトーンもアルバム全体に冴え渡り、名曲Metropolis, Pt. 1ではペトルーシのギターとムーアの高速ユニゾン、マイアングのベースタッピングソロ、ポートノイのスーパーテクも呆れるほど巧く完成していて、完結したパフォーマンスです。音楽スタイルとして完結してしまっただけにバンドはその場に留まる...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー