通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
イベリコ豚を買いに がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 少し擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

イベリコ豚を買いに 単行本 – 2014/3/31

5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2014/3/31
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • イベリコ豚を買いに
  • +
  • ヨーロッパ 美食旅行 (小学館文庫)
  • +
  • ヨーロッパ食堂旅行
総額: ¥3,974
ポイントの合計: 85pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

謎だらけのイベリコ豚を追ってスペインへ!

「本当にどんぐりを食べているのか?」「イベリコという町はどこにあるのか?」「安売りセール肉は本物か?」……。
レストラン、スペインバルはもとより、今やコンビニ、回転寿司でもごく普通に売っているイベリコ豚。高級食材として知られているはずのものが、いまや日本全国で手に入るのはなぜか?そもそも、イベリコ豚はそんなに沢山いるのだろうか?
著者はそんな素朴な疑問をいだき、取材を始めた。日本人が知らないイベリコ豚の「真実」を明らかにすべくスペインを目指した著者。幾多の困難を乗り越え、現地に辿り着いた著者を待っていたのは、驚きの連続だった。……。
ローマ時代の遙か昔からスペインで幻の豚を守り育ててきた熱き男たち。そして素晴らしい生ハム作りに命を捧げる職人たちとその家族のドラマを紡ぎながら、知られざるイベリコ豚の生態、そして食肉流通事情を解き明かしていく。さらになりゆきでハム作りにも携わることになり……。
多様なジャンルをテーマに、多くの傑作ノンフィクションを世に出してきた著者がスペインと日本を舞台に描く、読み応えのある食ノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

前代未聞のハム作りもスタート!?本当にどんぐりを食べているのか?イベリコという町はどこにあるのか?安売りセール品は本物か?幻の豚を追ってスペインへ!現地で明かされた驚くべき事実の数々…。4年にわたる徹底取材!傑作「食ノンフィクション」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 小学館 (2014/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093883653
  • ISBN-13: 978-4093883658
  • 発売日: 2014/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 91,415位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「イベリコ豚の実物を見た」という人の話を聞いた著者が、「自分も見てみよう」と考えるところから話ははじまります。(どうせ、実物にたどり着くまでの珍道中みたいな軽い旅行記みたいなもんだろ)という予想は、すぐに覆されます。

日本での口蹄疫の発生により、取材は1年以上遅れた、ということですが、意外にあっさりと、イベリコ豚の飼育の現場にたどり着きます。

そこからが本書の面白いところです。「なかなか見学だけさせてもらうのは難しいらしい。なら、客になればいいのでは?」ということで、著者はイベリコ豚を買うことを思いつくのです。

買った豚をどうするか?著者の思いつきは読者の想像を越えています(ここに書いてしまうと、本の面白さが損なわれるようにも思うので、書きません)。

その思いつきを実現するために、著者は豚が飼育され、屠殺され、精肉され、加工され、卸を通じてレストランまで流通していく様を、端から端まで追うことになります。

新聞記事、ルポルタージュのような、ありきたりの取材ではないところがとてつもなく面白い。

畜産、屠場、精肉、加工、レストランなど、食品に関わる多くの人に読んでもらいたいです。耳の痛い話もあるかもしれません。しかし、作家がたどった「食品に関わる一連の流れ」
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
★4つは少し甘めの評価です。

何より、イベリコ豚についてよく分かった。かなり厳格な決まりがあり、育て方などにもこだわりがあり、近所のスーパーマーケットで「イベリコ豚」と書かれていても、特売しているようなものは、本当の「イベリコ豚」である確率はほぼないということなのだろう。

イベリコ豚について詳しく書かれていることも、もちろんだが、日本で作られているハムなどの加工食品などについてもよく分かった。

何より、重要なことは、70ページ末尾から71ページ初めに書かれていることではないだろうか。現在、日本に住むほとんどの人は、食料の生産とは無縁である。自分で鳥をつぶすこともなければ、野菜さえ育てない。自分が生きていくことに最も必要なものが、どのように生産されているかぐらいは少しぐらい考え、知るべきだろう。

ただ、商品開発の部分は、ややだれる。丁寧に書くことも重要だが、もう少し、コンパクトでもいい気がする。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 在星猫 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/6/22
Amazonで購入
日経の書評で見て面白そうなので注文しようとしたら在庫切れ。第二版増刷でやっと入手しました。
著者は元々作家であり、元々はイベリコ豚の取材に行こうと計画をしていたところ口蹄疫病の日本での発生で頓挫。
下火になった後も口蹄疫病発生地の日本からの取材なんか受けて万一にでも病気を持ち込まれたらたまらないとの生産者を欺くため豚を買うとの口実で潜り込む。そこで様々な事実を知ったことを描いてあるのが前半。
後半は約束してしまった豚2匹をどうやって売り捌くかの苦労話ですが、作家業の片手間に細々と何にするかを考えて、レストランのシェフや製造会社に試作を丸投げというのが事実。その間、ビジネスとは自分のやったことに対してお金を取ることと訳のわからない理屈で、ほぼボランティアで協力してくれている彼らに、考案料を主張。
どこかの書評でビジネス書との評価があったが的外れ。
そのような著者の変な肩に力を込めたところを除けば、もっと面白く読めたのでしょうがと、内容は初めて知った事も多かっただけに、残念でした。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 気鋭のノンフィクションライターである作者が、素朴な疑問からスペインにまで行って、イベリコ豚を購入した話が、おもしろおかしく綴られている。
 それにしてもイベリコ豚の話、生ハムの話と、知らなかった真実が次々と明らかにされていく。現地に行ってみなければ知ることのない貴重な話の数々。著者の“熱演”ぶりが伝わってくる。
 これから生ハムは切ってしばらくしてから食べることにしよう。なぜなら……それは本書で。
 
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
熱い、とてつもなく熱い本です。
初めはイベリコ豚を紹介するだけの本か・・・などと気楽に読み始めたのですが、後半にはすごい盛り上がりが待っていました。
イベリコ豚にかける筆者や、他の登場人物の熱い想いが痛いほど伝わってきて圧倒されます。

イベリコ豚の話、食肉業界やハム製造の話など多彩な素材で語られるストーリーの中心には、目標に向かって真摯に取り組む男たちの熱い物語が語られ、何かを達成するということの困難さや素晴らしさを痛感させてくれる本です
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す