中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イノセント・ゲリラの祝祭 単行本 – 2008/11/21

5つ星のうち 3.5 52件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本: 373ページ
  • 出版社: 宝島社 (2008/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796666761
  • ISBN-13: 978-4796666763
  • 発売日: 2008/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,450位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
チームバチスタから、ナイチンゲール、螺鈿迷宮、ジェネラルルージュと読み続けてきましたが、
常にどこかで話や登場人物が繋がっていて、ついつい続けて買ってしまっています。

本題のストーリについては、主に霞ヶ関周辺で話が進んでいて、あまり医療現場での展開はない
本作品ですが、相変わらずの白鳥と田口のやり取りは健在で安心しました。

一方で、ミステリー作品ではなくいろいろな思惑を持った人々の論理展開の攻防をもっと期待して
いたのですが、最後は・・・。

毎回、個性的な新キャラが出てくるので、そのあたりは楽しみです。
今後も海堂さんの作品にも期待しています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
多くの読者は「チーム。バチスタ」のようなミステリものをご希望なのだろう。だが、作者が一貫して投げかけている問題は「AI」を導入しなければ、医療は崩壊するということだ。第1作目がミステリとして面白く、受け入れられた.しかしあれは撒き餌だ。彼の作品群には一貫した主張がある。いまのようにいい加減に死因を放置し、死後検索を行わなければ医療は廃れるという危機感だ。ブルーバックスの「死因不明社会」が作者の主張を端的に表している.彼の作品群には現在の医療が内包する多々の問題を素人にもわかりやすく、面白く読めるようにエンターテイメントとして翻訳したものだ.ミステリ小説が読みたいのなら、ほかにいくらでもあるだろう。しかし、今の医療の現実を小説という形で多くの人々に示すことのできる作家は海堂尊しかいない.ここまで声高に厚生省批判をしてくれた作者に賛辞を送りたい。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現状を省みない行政によって医療崩壊へと進む日本と、そんな状況でもひたすらに
利権を獲得しようと終始する官僚、そしてそんな状況を憂い一石投じようとする者たちと、
今までのシリーズの流れから、こういう作品が作られるのは自然だが、
それにしても盛り上がりどころがない

一番興味深かった同じ場所に転がる死体の謎はあっさり解かれるし、
敵ともいえる相手が悪い官僚のテンプレートすぎて面白みがないし、
何度も何度も解剖率2%という単語が出てくるので、どうにも読んでいて飽きてしまう

それに今まで白鳥が演じていた活躍を、そっくりそのまま別キャラに演じさせてしまうと、
シリーズ物としてもどうかという出来栄えで、
読めないわけではないが、前作と比べてしまうとどうにも面白みが無い
シリーズの中の小休止的作品と割り切って読むべきなのかもしれない
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今さらですけど読みました。
作品の内容としては他のバチスタシリーズによくある
会議(議論・討論)のシーンだけで一冊やりきった作品。
オール会議と言っても過言ではないかと。
さらにそこで日頃著者が思っていること・主張・持論を
登場人物(新キャラ)を借りてぶちまけたという感じである。
他のバチスタシリーズを読んでてこれも同じテイストだと思って
読んだらまず面食らいます。

良い部分と言えば厚労省の会議ってこういう感じだというのが
分かる点ですかね。

私はバチスタシリーズ(もちろん完結編のケルベロスを含む)で
この作品を最後に読みましたが、特に読まなくても支障無しです。
余力があったらどうぞという感じです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かさこ VINE メンバー 投稿日 2008/11/12
形式: 単行本
後半はなかなかおもしろかったが、
新刊で焦って買うほどのおもしろさかというと微妙。

病院はほとんど出てこない。
ミステリーはない。
舞台は厚生労働省の会議室で、
医療問題の議論ごっこ。
この議論ごっこはなかなか壮観で
おもしろいが、
文庫が出るまで待って読めば十分かなという内容。

最近やや海堂作品は、
病院を舞台にした人間ドラマありの小説というより、
小説という名を借りた、
医療問題評論に傾きがちな気がする。

それはそれでおもしろいが、
チームバチスタやジェネラルルージュなど、
背景に社会問題がありながらも、
あくまで病院を舞台にしたヒューマンドラマの方が、
はるかにおもしろいと私は思う。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー