通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
イノセントワールド (幻冬舎文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き!中身は開きぐせもなくコンディション良好です。表紙面に若干の細かい小キズ等はみられますが全体的に目につくような汚れ等なく大変綺麗です。☆アルコール除菌済み☆土日祝日も年中無休で発送致します。クリスタルパックに入れて丁寧に梱包し迅速に発送いたします!※弊社で入念なチェックはしておりますが、中古の品になりますので見落としがある場合がございます。万が一の品質不備は審議の上ご返金対応致します。発送は最速のゆうメール(ポスト投函)またはゆうパックにて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イノセントワールド (幻冬舎文庫) 文庫 – 1997/4

5つ星のうち 3.2 14件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

支え合うように快楽でむすぶ、知能障害の兄との関係。「テレファクス」と呼び合う売春。精子ドナーによる自己の出生の秘密。やがて、兄の子供を身ごもってしまう―。さまよい、新しい現実感で生きぬく17歳の女子高生アミ。危険な生の輝きを伝える鮮烈なデビュー作。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「MARC」データベースより)

「テレファックス」と呼び合う売春。精子ドナーによる自己の出生の秘密。やがて兄の子を身ごもってしまう-。さまよい、新しい現実感で生きぬく17歳の女子高生アミ。危険な生の輝きを伝えるデビュー作。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 219ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (1997/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877284214
  • ISBN-13: 978-4877284213
  • 発売日: 1997/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 914,256位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
知的障害を持つ兄とファンキーな妹。二人しかいない閉じられた世界。
妊娠するが、兄は、そのことの意味も分からない。
そして、自分が、人工授精の娘であるということをしり、なんともいえない存在感としてしまう。
自分の存在が、つねに否定されたなかに生まれていることを認識し、
自分の存在の確かさをつかもうと努力するが、なかなかうまく行かない。

こんな気分の女の子をどうやって、世界の人は救うことができるのだろうか。
つらい話である。
凶暴な若者たちのある意味では、
大きなレジスタンスの時代かもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
知的障害を持つ兄。その兄との近親相姦。家庭の不和。心の病。ドラッグ、売春、妊娠、レイ
プ、体外受精。自分の出生の真実・・・と、書き出すだけでげんなりするような、バカでもわ
かる(というよりバカほどよく反応する)ワードが散りばめられているこの小説。
ありとあらゆる珍事が津波の如く次々と押し寄せてくる。読んでいて、こういう荒唐無稽な展
開に、どこかで読んだというデジャ・ブ感を味わったのだが、何のことはない。
この小説、ちょっとばかし生まれるのが早すぎた「ケータイ小説」なのである。

ただ現役のケータイ小説作家よりかは文章力があるらしく、巧みな比喩でマンネリ気味の展開
のお茶を濁す。でもその比喩もあまりに過剰で仰々しいから、途中でしんどくなってくる。と
にかく、味付けが濃いすぎです。
それにセックスするたびに、その後いちいちナルシスティックに「あたしの世界」に耽溺しち
ゃう女なんて、ちょっと痛すぎやしないだろうか?
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
鮮烈なあらすじ、ハードでいて淡々としていそうな雰囲気に惹かれてしまったわけですが

んーなんというか、淡々としすぎというか、平坦というか、淡白というか…

終始、へーふーんだから?で終わり

失う物もないが得るものもなかった奇跡の一冊

失う物はあったか

時間と金

しかしそれも、損したと思わぬレベルだったから…なんだこの本?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
主人公は17歳の少女。
彼女の生き方は、不器用さを曝け出していて、正直痛い。
けれども、生きている時代はだいぶ昔なのに、
今の時代を生きている私たちにも通じるものがあるように思えてくる。
何故だか分からないけれど。
守りたいものがあるから強くなる彼女。
自分の生きる意味を見つけたとき、誰もが強くなれると思う。
主人公がそれを見つけたのが、偶然実の兄だった。
痛くて目を背けたくなるけれど、
きちんと読み終わったときに何かがあるような気がして
一気に読んでしまいました。
私が見つけたものは、生きる意味を探すことの大切さでしたけれど
人それぞれ違ったものを見つけられるはずです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
原作者はこのストーリーを実話だと言っているようだが、私は疑わしいものと思う。誇張が激しいのではないか?このようなことが実際に今の日本に起きているのなら、なんだか、やりきれないというか反吐が出る思いだ。
しかし、近頃のニュースを見てみると、事実なのではないかと思ってしまいそうになる。
ポルノとしてこの作品を読むのであればなにも問題はないであろう。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
近親相姦等、話の設定は女子高生など若い子にウケルしいいと思う。だけど話の内容が薄すぎる。この作品がデビゥー作だということだが才能があるだけにもう少し時間を掛けて内容の濃い、成熟した作品に仕上げて欲しかった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/3/1
形式: 文庫
私が一番心の残ったのは、精子ドナーの父親に合うところ。
父親が娘への気持ちを淡々と語っているところがすき。
そこ言葉一つ一つが自分に語りかけているような気分になった。
デビュー作とは思えない仕上がりだと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す