Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 619

¥ 7の割引 (1%)

(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[乾 くるみ]のイニシエーション・ラブ (文春文庫)
Kindle App Ad

イニシエーション・ラブ (文春文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.1 672件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 619
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 191
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 369 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

2015年映画化決定! 主演 松田翔太、前田敦子、木村文乃/監督 堤幸彦

「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。僕がマユに出会ったのは、人数が足りないからと呼びだされた合コンの席。理系学生の僕と、歯科衛生士の彼女。夏の海へのドライブ。ややオクテで真面目な僕らは、やがて恋に落ちて……。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説──と思いきや、最後から二つめのセリフ(絶対に先に読まないで!)で、本書はまったく違った物語に変貌してしまう。

内容(「BOOK」データベースより)

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 312 KB
  • 紙の本の長さ: 272 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/4/10)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009FUWQ8A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 672件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,127位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
面白い(o^^o)入院中に読みたくて買ったけど、ランキングにのってただけありました( ^ ^ )/■
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 千葉桂介 投稿日 2017/5/14
形式: 文庫 Amazonで購入
映画化させる前にみたのが、一回目ではわからなかったが2回見たら凄くおもしろかった!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
最後の2行を読むためだけに数時間を費やす価値はあります。あのゾクゾク感は中々味わえるものじゃありません。それだけにネタバレには注意!2度読むほどではありませんが、軽く流し読みはしたくなると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
他の方のレビューにあったように、やはり読み返しました。
読み終えて、イマイチスッキリしない作品でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
違和感を感じつつも、読み進めていたら、最後の最後に「そういうことだったんだ!」と全てが腑に落ちるという展開でした。
そして、案の定の二度読み(笑)
違和感を感じさせならがらも、それに気づかせないというのが凄いな、と。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
話題性と煽り文句に心惹かれ手に取りました。
ミステリとして読むには期待外れ、恋愛小説として読むにも面白くない。
作品のトリックには騙されませんでしたが、この本の売り方には騙されまんまと買ってしまった、というのが正直な感想です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
さまざまな仕掛けが施されており、興味深かった。
レビューでは書けないことばかり。

主な登場人物が4、5人出てくる。
読み進めるうちに彼らの性格が、最初に抱いた印象と
異なっていくのが興味深い。

繊細な人、大人の雰囲気を醸し出す人、
非リア充で残念な人、器用でモテる人。
彼らの変化が面白かった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Constructively トップ1000レビュアー 投稿日 2015/5/18
形式: 文庫 Amazonで購入
ふとしたことからこの本に出会い「最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。
「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。 」という宣伝に惹かれて一気に読破しました。
読み終わったときの感想は「なんだこれ・・・?」意味がよくわからないというものですが解説を読みなるほどと理解しました。
確かにミステリーという分野に当てはまるものなのでしょうが後半「side-B」はなにか違和感を感じながら読み進めました。
時代背景についてはその時を理解できる世代なので良くわかりましたが正直不思議な話でまあこのようなものもありかなというもので
感心しました。万人にお勧めできる作品とは思えませんがこのレビューの数と内容からして世間の関心を集めることには成功している
のでしょう。二度読みはしませんでしたがこの作家の違う作品を読みたくなりました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
必ず読み返したくなるでしたっけ?

どんでん返しなストーリーが好きなので、読んでみました。
時代背景と年齢が合致する人なら、もっと楽しめるんじゃないかな。

ラブストーリーともミステリーとも言われる…とありましたが、
ラブストーリー色の方が強いんじゃないかな。
確かにミステリーとも取れるけど、正直ラストまで読み終えるまで退屈でした。

必ず読み返したくなるのは、謎が解けた時の答え合わせの為であって、
面白かったからではありません。

でもよく出来たお話だと思います。
話のネタにはなるので、友達に勧めてしまいました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いわゆる叙述トリックもの、ですが、、、
叙述トリックのために小説全体が構成されていて、本末転倒な作品に感じました。
何気ない描写に読み手の常識を揺り動かすような意味を隠しているといったわけでもなく、文中の違和感を結末でつじつまあわせするといった具合で、肩透かしをくわされました。
正直、物語としては展開に起伏の少ない部類ですし、初恋などのテーマをつらつらと描写するだけなので、物足りなさを感じました。加えて上記の違和感が相まって読者にギミックの解明を余儀なくさせるという。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover