この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イデア―美と芸術の理論のために (平凡社ライブラリー) 単行本 – 2004/6

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,377
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

芸術を否定したプラトンの「イデア」概念が、中世・ルネサンス・マニエリスム・古典主義と、様々に姿を変えながら、ヨーロッパの芸術理念の中心を占めるに至る芸術思想のドラマを描く。

内容(「MARC」データベースより)

芸術を否定したプラトンの「イデア」概念が、中世・ルネサンス・マニエリスム・古典主義と、様々に姿を変えながら、ヨーロッパの芸術理念の中心を占めるに至る芸術思想のドラマを描く。原著第2版の新訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 420ページ
  • 出版社: 平凡社 (2004/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582765041
  • ISBN-13: 978-4582765045
  • 発売日: 2004/06
  • 商品パッケージの寸法: 15.8 x 11 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 768,889位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 著者の初期代表作、まだドイツにいたときの作品で、目次をあげると以下のようになる。
1 古代
2 中世
3 ルネサンス
4 マニエリスム
5 古典主義
6 ミケランジェロとデューラー
 これでは何が書かれているかわからないが、要するにプラトンから始まるそれぞれの時代の芸術思想家を扱っている。この目次からも分かるように、「6 ミケランジェロとデューラー」は枠から外れている。さらに付録と註を除くと本文は全体の半分にも満たない。この形式がワールブルク学派の一般的な書物の体裁である。
 これは一般向きの美術書ではない。完璧な学術書である。この本の訳書には同じ定本から「イデア」(思索社)が出版されているが、なかなか読み進まないので、こちらを一緒に読んだらよいかと思って購入したが、どちらも読みにくい。相当の哲学、思想、芸術、の素養と知識欲ないとワールブルク学派の書物を読みこなすのはむずかしいようだ。内容はイデア論を中心に述べている。
 しかし、世界にはこの本に興味をもつ人たち多数いるようで、仏語、イタリア語、英語等に翻訳されている。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
プラトンの「イデア概念」がいかにして天上界から地上界に降りたったか?
すなわち、プラトンは、「イデア概念」をもとに芸術活動は劣っているという結論を導きだしたが、
いったいどうして、そのイデア概念が逆に芸術理論の主概念として用いられるようになったか?
を論じています。
「イデア」は16世紀になると二つの本質的に異なった意味を持つようになります。
1 イデア=自然を凌ぐ美の表象。これは後に「理想」という概念になります。
2 イデア=自然から独立した形象一般の表象。この場合イデアは「思想」や「想念」と同じ意味で使われます。
17世紀には、新たに定着した「理想」という概念が支配的になります。
すなわち精神の中で計画され、外的な表現に先立つもので、
現代の我々が「主題」もしくは「題材」と呼び習わしている物に帰着するということです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告