中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イチゴ色禁区〈2〉秋の神具の奪いかた (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2006/11/30

5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

妄想系男子とスネデレ少女が紡ぐ、運命の秋!
「秋。それは誘拐の季節」……なわけない! なのに俺は「玉城」の長から依頼された、祭具である心惑いの玉を、長の孫とともに神社に運ぶ、簡単な任務の過程でいとこの亜美と長の孫を誘拐するはめになり!?

内容(「BOOK」データベースより)

「正樹。私を誘拐しちゃって!」…んなバカな!?なのに俺は結局、亜美と玉城一族長の孫である美代を誘拐した罪で、神社仏閣を管理する「玉城一族」に追われる身に。もともとは長から依頼された任務―玉城の神具“心惑いの玉”を新設の神社に届ける―のための狂言誘拐だったのに。どうやらこの神具には玉城の、そして俺たち二人を巻き込む陰謀が渦巻いているらしく!?亜美と正樹のイチゴミルク・デスティニー“秋の巻”。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 276ページ
  • 出版社: 角川書店 (2006/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4044725020
  • ISBN-13: 978-4044725020
  • 発売日: 2006/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,918,832位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
二十歳でこの文章力は素晴らしい。同年代のライトノベル作家のなかでは、トップクラスの実力であろう。
年齢がまだ若い作家は、官能的なストーリー展開がストレートな表現になってしまいがちなところを、しっかり押さえ込んで清潔感のある表現ができていると思う。キャラクターについては、それぞれ個性的につくられており、全てたいへん好ましいつくりだが、もうすこし、ストーリーに合わせたキャラの登場のさせ方があると思う。読みながら、「なんでここで、このキャラが登場しなければならないのか?」と何度も疑問に思った。
しかしながら、総じて、同年代の作家のなかでは作者の実力は飛び抜けており、今後の活躍が期待される。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
妄想系19歳男子・正樹と、11歳のいとこスネデレ少女・亜美は神社仏閣を管理する“玉城一族”の血をひく由緒正しき神子で年の差コンビとして退魔仕事をしている。

今回は、玉城一族長の孫である美代と次期当主とされる静馬がでてくる。

1巻でみせた面白さはなかったけどこれからに期待したい。

このコンビのやりとりがやはり見所であると思う。

単純にさくさく読むには問題ない作品である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最初から最後まで繰り広げられる下ネタに辟易。しかも、物語の粗さ・読みにくさといった欠点を、その下ネタで紛らわせようとしているため、ページをめくるのが苦痛でしかなかった。

男女比の都合で登場させられたような幼馴染の扱いがひどく、前回存在感のなかった許婚も、反発が生まれないように、中盤にただ絡ませてみましたといった感じが否めない。スパイスのつもりで織り込んだシリアスな部分(主にアクションが絡む部分)も、幼稚な描写と青臭いだけの台詞で白けるだけだった。あれもこれもと手を伸ばした結果、全て中途半端に終わり、失敗しているといった印象。主人公に一切魅力が感じられないのも、「歳の差」という設定が活かされていないのも、致命的といえる。

語り口調が面白いといった理由で、購入された方もいるのかもしれない。だが、その「魅力」と言われている語り口調=文体は、どうしても『ハルヒ』を彷彿とさせ、しかも粗雑な分、それが劣化したもののように感じる。(作者自身『このライトノベルがすごい!』で、谷川氏の名前を挙げており、多かれ少なかれ氏の影響を受けていることがうかがえる)

また、その語り口調が生み出す寸劇は一本調子であるため、飽きが来やすく、非常に鬱陶しい。

私の周囲が既にそうだが、シリーズが進むにつれ、読み手がどんどん離れていく
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告