中古品
¥5,106
+ ¥340 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 all win みち
コンディション: 中古品: 良い
コメント: レンタル商品ではございません。帯ついてます。中古ですので外箱に若干のスレ、汚れあります。盤面に小キズなどの使用感ございますが再生に問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

イタリア映画祭傑作選DVD-BOX

5つ星のうち4.0 1個の評価

仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版
¥5,106
最大5,000ポイント還元

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • 出演: ルイジ・ロ・カーショ, サンドラ・チェッカレッリ, イヴァン・フラネク
  • 監督: マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ, ジュゼッペ・ピッチョーニ, シルヴィオ・ソルディーニ
  • 形式: 色, ドルビー
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/04/06
  • 時間: 340 分
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007MCITC
  • JAN: 4988013884106
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 261,527位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

朝日新聞社主宰によるイベント「イタリア映画際」で上映された作品の中から評価の高かった3作品をセット。2000年ヴェネチア映画祭で脚本賞を受賞したルイジ・ロ・カーショ主演『ペッピーノの百歩』他、『ぼくの瞳の光』『風の痛み』を収録する。

内容(「Oricon」データベースより)

朝日新聞社主催によるゴールデンウィークの恒例イベント「イタリア映画祭」で上映された作品中から、評価の高かった傑作を厳選してDVD-BOX化。「ペッピーノの百歩」「ぼくの瞳の光」「風の痛み」の3作品収録。

レビュー

[1]製作: ファブリツィオ・モスカ 監督・脚本: マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ 脚本: クラウディオ・ファーヴァ/モニカ・ザペッリ 撮影監督: ロベルト・フォルツァ 出演: ルイジ・ロ・カーショ/ルイジ・マリア・ブッルアーノ/ルチア・サルド/パオロ・ブルグリア/トニー・スペランデオ[2]製作: リオネッロ・チェッリ/ルイジ・ムジーニ 監督・脚本: ジュゼッペ・ピッチョーニ 脚本: ウンベルト・コンタレッロ/リンダ・フェッリ 撮影監督: アルナルド・カティナーリ 音楽: ルドヴィコ・エイナウディ 出演: ルイジ・ロ・カーショ/サンドラ・チェッカレッリ/シルヴィオ・オルランド/バルバラ・ヴァレンテ/トニ・ベルトレッリ[3]製作: リオネッロ・チェッリ/ルイジ・ムジーニ 監督・脚本: シルヴィオ・ソルディーニ 原作: アゴタ・クリストフ 脚本: ドリアーナ・レオンデフ 撮影監督: ルカ・ビガッツィ 音楽: ジョヴァンニ・ヴェノスタ 出演: イヴァン・フラネク/バルバラ・ルクソヴァ/カロリーヌ・バエル/シトラド・ゲーツ/イッカ・イェコヴァ/ヤロミール・ドゥラヴァ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

毎年行なわれる“イタリア映画祭”で好評だった作品がこういう形でまとめられると、あらためてイタリア映画の可能性を感じることができてありがたい。『ペッピーノの百歩』は、シチリアでマフィアに抵抗する政治活動を繰り広げた実在の若者が題材となっている。彼の家とマフィアの家との距離が百歩足らずだったのは、まさに正義と悪はすぐ近くに存在するということを示しているのだろう。『ぼくの瞳の光』は、疎外感を感じながら生きる人間が大切な人とどうつながっていけるのか、そんな普遍的なテーマを詩的な映像とともに描き出している。そして『風の痛み』は、苦難に満ちた人生の中でも愛を貫き通す主人公の姿勢が、胸をえぐってくるような作品だ。 (高橋宏文) --- 2005年06月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2006年12月15日
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。イタリア映画