通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
イタリア式ブランドビジネスの育て方 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、カバーに多少の使用感、ヨレ、シワ、キズ等がございます。カバーデザインが異なる場合がございます。<検品担当者より>チェックは万全を心がけておりますが、万が一見逃しがあった場合はご了承下さいませ。発送時は、可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送を致します。(お問い合わせはメールにてお受け致します。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イタリア式ブランドビジネスの育て方 単行本 – 2007/11/22

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 86

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • イタリア式ブランドビジネスの育て方
  • +
  • 幸せな小国オランダの智慧 (PHP新書)
総額: ¥2,419
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ラグジュアリーブランドといえば、イタリアとフランスであるが、ことアパレルに関してはイタリアはアルマーニなどをその代表格として、フランスを圧倒している。長年イタリアで日本と合弁企業のマネジメントに携わった筆者は、イタリアのラグジュアリーブランドがこれほどの強さを獲得した原因として、北イタリアの中小企業のビジネスモデルに注目し、プレタポルテ生産システムを中心にその産業構造を分析する。さらに、ラグジュアリーブランドが備える「心を満たす」ライフスタイルの本質を考えながら、日本発のラグジュアリーブランドの創生に多くのヒントを与える。

内容(「BOOK」データベースより)

高価でも売れるラグジュアリーブランドを生み出す秘訣。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2007/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822246191
  • ISBN-13: 978-4822246198
  • 発売日: 2007/11/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 470,544位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書を通じて筆者が提示し続けるメッセージは、
「どうすれば日本でラグジュアリー(高級)ブランドが育つのか」
という問いかけである。

「マスマーケティング」というアメリカ的なターゲティングとマーケティングの融合に加え、QCDサイクルでのみモノ作りの発展を考えていない製造業が多い日本では、現代の消費者の持つ新しいニーズには応えられず、ヨーロッパのような「ラグジュアリーブランド」は育ちにくいという。

筆者は主にファッション業界に関して議論を展開するが、自らの問いかけへの答えとして、イタリア式のブランド戦略の日本導入を提案している。その主な要素は「感性マーケティング」、「モノの販売ではなくライフスタイルの提案」、「水平型SCMの構築」であり、これらを導入して成功しつつある日本企業を紹介している。

一方で、「個性の表現」という消費者の成熟期を迎えつつある日本ではようやくラグジュアリーブランドが育つ土壌が整いつつあるとしながらも、多くの企業はまだ消費者に追いついていないというのが、筆者が掲げる日本社会の今後の課題であり、その答えに関しては本文中では触れていない。

主に社会や文化、そして国民の精神性という切り口からブランドという概念を斬っており、そのような視点での書籍はまだ少ないため一読の
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
イタリアのブランドビジネスに触れている部分が極めて少なく、しかも著者がイタリアで立ち上げた事業の成功例1つがほとんどを占めている。

日本のファッションビジネスの問題点を指摘することに多くのページを割いてしまっている。

だからプラダ、グッチ、ブルガリなどのことを勉強したくても、まったく参考にならない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
モノづくりの大先輩の紹介で、読んだ本。
これからの日本のモノづくりのありようについて考えさせられる。
そして夢が感じられる。
 
備忘メモ
・商品の価値の40%が商品、30%がライフスタイルの提案、30%がイタリアと言う国が持つイメージ
・圧倒的に上質なテイスト、高価格、わずかに品薄
・今やメーカーとは、商品をメイクする者ではなく、新しい商品の開発を通じて新しい商品の市場をメイクする者である。
・共生思想
・人間の手作業が最高の価値を生み出す。
・水平型コラボレーション、PRODUCTION PARTNERS
・創匠商
・職商人(しょくあきんど)
・ラグジュアリーとは心が満たされることである。
・技術とデザインは同等でなければならない。技術は、デザインを超えても、デザインに服従してもいけない。
・柔らかい個人主義。
・用と美の融合。
・再江戸化。
・道を究めるという日本人のDNA。
・GNC(Gross National Cool)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 陳 本栄 投稿日 2014/9/8
形式: 単行本
北イタリ美に対するアラグジュアリーブランドの育ち方に大変素晴らしいものです
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告