通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア (とんぼの... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア (とんぼの本) 単行本 – 2010/9/1

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 213
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • イタリア古寺巡礼―ミラノ→ヴェネツィア (とんぼの本)
  • +
  • イタリア古寺巡礼―フィレンツェ→アッシジ (とんぼの本)
  • +
  • イタリア古寺巡礼―シチリア→ナポリ (とんぼの本)
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 159pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆十字軍、カノッサの屈辱、マルコ・ポーロ・・・イタリアは「中世」がおもしろい!

◆美術と歴史でめぐる旅・・・ミラノ、ヴェネツィア、ラヴェンナほか、世界遺産からアルプスの隠れ里まで、北イタリアの12の中世教会を訪ね、美術の見どころと歴史の逸話を紹介。十字軍、カノッサの屈辱、マルコ・ポーロなど、北と南、東と西の文化が交差した中世の北イタリアは、ヨーロッパの原点だった。

◆中世ヨーロッパの教会をめぐる「古寺巡礼」シリーズ第1弾!

◆本書の目次より・・・
ミラノ 中世的世界の幕開け
パヴィア 看板建築の起源
チヴァーテ 山上に残された絶品
ヴェローナ ロマネスクとジュリエット
アッピアーノ アルプスの小聖堂
チヴィダーレ・デル・フリウリ 古代と中世のかたち
ヴェネツィア 寄せ集めの聖地
トルチェッロ 聖母の島へ
ポンポーザ 平原に聳える名塔
ラヴェンナ モザイクと東ローマ帝国の栄華
モデナ 教会建築のお手本
パルマ 中世とルネサンスの競演

◆『週刊新潮』2010年10月7日号、『芸術新潮』2010年10月号に紹介記事掲載!(以下は『芸術新潮』より)

掲載した写真はどれも北イタリアの中世美術だ。ヨーロッパ史における「中世」は476年(西ローマ帝国の滅亡)から1453年(東ローマ帝国の滅亡)だが、イタリア史では568年(ランゴバルド人の占領)から1498年(イタリア戦争を始めたフランス王シャルル8世の歿年)とされる。
「ヨーロッパ」というものは中世に生れた。おもな舞台は北イタリアだった。ゲルマン系のランゴバルド人はハンガリーから侵入し、ミラノ近郊パヴィアを首都とした。彼らが統治に用いたのは、古代ローマの法制度と、キリスト教の信仰生活。キリスト教への改宗は、「蛮族」が「ヨーロッパ人」になるための切符のようなものだった。
774年、フランク王国(フランス・ドイツ)のカール(大帝)がランゴバルド王国を滅ぼし、「イタリア王」となる。1155年には神聖ローマ皇帝(ドイツ王)フリードリヒ1世バルバロッサが、やはりイタリア王としてパヴィアで戴冠した。一方、同じ北イタリアでもアドリア海に面した商都ヴェネツィアは、地中海の大国だった東ローマ帝国(ビザンティン帝国)と関係を深める。それは商略でもあった。ヴェネツィアのトルチェッロ島のモザイクはビザンティンの職人が手がけた。サン・マルコ大聖堂では、悪名高い第4回十字軍(1202〜04)が略奪してきたビザンティンの宝物が見られる。
このように、中世の北イタリアでは北と南、東と西の民族・文化が交錯し、キリスト教によって融合した。それが「ヨーロッパ」だった。そこで生れたキリスト教美術が、「ヨーロッパ美術(西洋美術)」の原点となる。
その美術は生れたばかりなので、まだ決りごとも少なく、多様で、自由で、奔放だった。教会の「実用品」として、人々の心に(眼や頭ではなく)いかに響くか╶╴そのことに一途な美術だった。そんな北イタリアの中世美術の魅力を紹介する本『イタリア古寺巡礼 ミラノ→ヴェネツィア』が刊行された。著者は美術史家(東海大学准教授)の金沢百枝さんと歴史家(名古屋大学研究員)の小澤実さん。中世ヨーロッパの聖堂をめぐるシリーズの1冊目で、ラヴェンナ、パルマ、ドロミテその他、北イタリアの12の教会を訪ねている。

内容(「BOOK」データベースより)

ミラノ、ヴェネツィア、ラヴェンナほか、世界遺産からアルプスの隠れ里まで、北イタリアの12の聖堂を訪ね、その見どころと逸話を紹介。中世ヨーロッパの教会をめぐる「古寺巡礼」シリーズ第1弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 157ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106022079
  • ISBN-13: 978-4106022074
  • 発売日: 2010/9/1
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 434,807位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー2011年4月16日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2016年4月4日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年7月23日
形式: 単行本
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2015年12月13日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告