中古品
¥94
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯つき 比較的状態の良い商品です。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


イタリアンばなな (生活人新書) 新書 – 2002/11

5つ星のうち4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥43
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

イタリアにおける「ばなな現象」の謎に迫る よしもとばななの小説『キッチン』は、1991年にイタリアで翻訳が出版されると同時に空前のベストセラーとなり、社会現象まで引き起こした。「かつてない新しい感性」「イタリア人の日本観をぬりかえた画期的な作品」と絶賛される一方、「日本のマンガ文化が活字になっただけ」という批判もとびだし、物議をかもした。現在までに11作品が翻訳され、合計250万部が売れている。
 このイタリアでの「ばなな現象」をめぐり、当の作家とばなな作品の翻訳家、仕事を超えた友情でむすばれた二人が、それぞれの視点で語った。

 世界中の若者の心を捉えるよしもとばななの魅力とは何なのか。本書では、日本-イタリアの若者文化を縦糸に、翻訳という異文化理解の手段を横糸にして、「家族」「食」「身体」をキーワードに解き明かしてゆく。
 本書は発売と同時に新聞、ラジオでも話題となり、よしもと作品の再評価につながっている。よしもとばななファン必読の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

翻訳家と作家による、言葉と言葉の幸福な出会い。本書は、「家族」「食」「身体」をキーワードに、イタリアという異文化を通して「よしもとばなな」の世界を旅する試みである。作品の秘密をめぐる語りおろしの対談、イタリアの雑誌に翻訳のみが掲載された、よしもとばななの日本未発表エッセイ『クリスマスの思い出』も収載(イタリア語全訳付き)。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140880503
  • ISBN-13: 978-4140880500
  • 発売日: 2002/11
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 840,118位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 2
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2005年6月9日
形式: 新書Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年7月22日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告