中古品
¥ 454
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 上田 商店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙・背表紙に少々キズ・スレが有ります。中身ページは比較的きれいな状態です。◆丁寧に清掃した後、発送いたします。◆帯・ハガキ・チラシ・付録・付属品等は付いておりませんので予めご了承ください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イタリアの市場を食べ歩く 単行本 – 2004/8

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 454
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

郷土色ゆたかな、イタリアの市場―東西南北、都会から港町、山間部から南の島まで、うまい食材を求め、今、冒険の旅が始まる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

池田/匡克
1967年東京都生まれ。出版社で月刊女性誌、男性誌編集部勤務後、1998年よりフィレンツェに在住。フリーランスとして日本の雑誌等のイタリア特集の執筆、コーディネート、編集を手掛ける。フィレンツェのレストラン情報WEBサイト「Rotonda Club Italiana」主宰。ローマの記者クラブFreelance Internatinal Press会員

池田/愛美
1966年奈良県生まれ。出版社で月刊女性誌、男性誌編集部勤務後、1998年よりフィレンツェに在住。フリーランスとして日本の雑誌等のイタリア特集の執筆、コーディネート、編集を手掛ける。フィレンツェのレストラン情報WEBサイト「Rotonda Club Italiana」主宰。ローマの記者クラブFreelance Internatinal Press会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: 東京書籍 (2004/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 448780020X
  • ISBN-13: 978-4487800209
  • 発売日: 2004/08
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 473,391位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
池田夫妻の著書・ホームページには、さすがイタリア在住者は違う!と思わせる地元に根ざした情報が豊富なのだが、それを期待するとこの本の内容はやや拍子抜け。食に興味のある旅行者ならば、片言のイタリア語や英語を駆使しながら市場を訪れる人は多いと思う(私もそうだが)そこからもう一歩掘り下げて、地方ごとの市場の特徴が紹介されていたり、あるいはその土地の食文化にまで内容が落ちていれば、一介の旅行者とは違うよね、といつものように思わせてくれたと思うのだが。。。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書片手にフィレンツェを旅しました。野菜、果物、肉類がどれも見事なフィレンツェの市場に感動。食いしん坊には必須の本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
4年前に初めてイタリアを訪れたときに、この本を片手に街を歩きました。
イタリアのことをなにも知らない自分にとって、この本が導いてくれた市場たち。
肉や野菜、魚にチーズ、といった食材の数々。それらを売る人、買う人。
市場には人々の生活の原点となるいろんな「命」がわかりやすく感じられました。
そして一番お近くでは新鮮で美味しいお店にも出会える。
この本のおかげで、市場めぐりの楽しみかたを知ることができました。
同時にこの本はイタリアに少し近づくための大きなきっかけをつくってくれました。
感謝です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を片手にフィレンツェを旅してきました。見事な野菜、果物、さまざまな種類の肉製品が並ぶ素晴らしいサンロレンツォ中央市場はまさに素晴らしいのひとこと。市場巡りの楽しさを初めて知りました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/9
形式: 単行本
昔旅行した時に見たヴェネツィアの市場が掲載されていてとても嬉しい。写真も綺麗で食欲をそそる料理写真は夜眠る前に眺めては溜息ついてます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告