通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に多少の擦れ、キズが見られますが、他は特に問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ (講談社のお料理BOOK) 単行本(ソフトカバー) – 2012/8/24

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,003

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ (講談社のお料理BOOK)
  • +
  • 家庭で作れるサルデーニャ料理: イタリア・地中海「長寿の島」から
  • +
  • ナポリ野菜料理 -南イタリア、美味の知恵-
総額: ¥5,940
ポイントの合計: 144pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

味にうるさいイタリア人も「おいしい!」と叫ぶ美食の島料理を紹介しつくす一冊。
一度食べたら“イタリアン”の常識が変わる!

ヨーロッパでいま最も注目されている「もうひとつのイタリアン」!
イタリア南部に浮かぶ島、シチリアの家庭料理と島の魅力がまるごと詰まったレシピブック。
現地に住む著者による、日本で手に入る食材で再現できる家庭料理を紹介。
現地に7年住み、マンマ料理をとことん研究しつくした著者だからこそ紹介できるものが満載の一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

さっぱり、シンプル、意外な組み合わせ…イタリアンの常識が変わる絶品レシピ43。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 80ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/8/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062995689
  • ISBN-13: 978-4062995689
  • 発売日: 2012/8/24
  • 商品パッケージの寸法: 23.8 x 18.2 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 66,817位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
地中海地域の料理に興味があったので購入しました。

材料に「生アーモンド」「ケッパー」「パッサータ」等と輸入食材のお店でしか見ないような
食材の名前がならんでおり、第一印象では普段の食事に取り入れるのは無理だな、と思ったのですが、
これらの食材は思ったよりも安価(例えばひじきや油麩のような感覚)で、
調理方法自体はシンプルですので日常で十分に取り組めます。

ただ、オレガノは瓶で売っている普通のオレガノ良いのかと思いきや、
シチリアで使うオレガノはつぼみの部分のみなのだそうです。これはなかなか見ませんので、
自分で育てて乾燥させようか・・と思っています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
単なるレシピ本じゃなく、背景にある地域文化の解説がとても楽しい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
シチリアといっても 日本のスーパーで揃えられるものが 多いようです マグロのからすみ と言われて 近くのスーパーに売ってはいませんが いまでは ウニソースとか ウニ醤油なるものがあるので代用できます そして なによりも 甘味に干しレーズンを使うのが新鮮でした 今までなんとなく ものたりなかった パスタソース 甘味の不足だったですね ダイレクトに砂糖投入だとぼやけるところが レーズンだと馴染むし パン粉をソースに利用するのも 新鮮でした
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
どの写真も食欲をそそるため、お腹がすいたときにみるとよい。
ただ本気で料理するとなると、日本では入手困難な食材もあるので簡単ではない。
とはいえ、いずれシチリアを訪れることを夢見ている私にとっては最高の本だった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
そんなに珍しい食材や作り方ではないのでトライしやすかった。現地で食べたり習ったりしたいわしのベッカフィーコ、機会がなく作っていなかったけれど、一人で作ってみても意外と簡単で、このクリスマスに好評でした。中の写真や小話も読んでいて楽しかった
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルと、表紙の美しい写真が印象的。

シチリア料理ってどんな料理なのか、
イタリア料理とは何が違うの?

シチリア料理ならではの食材や、
シチリアの主な都市や、
海や畑の風景、、、
写真やイラストで詳しく解説してくれているので
シチリア料理ならではの特色がとっても理解しやすい!

お料理はシンプルに見えて奥深い。
作り方の説明も丁寧で、実際に作ってみてホントに作りやすい。

そして、何より大事なことは
お料理がどれもこれもとても美味しそうなこと!
実際にパスタを作ってみましたが、
レストランでは食べたことのない味わいで
こんなに美味しいパスタを自宅で作れて感激しました。

タイトル通り、おうちのレシピ。
シチリアの家庭にお邪魔したかのような気分に浸れる
お気に入りの一冊です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まさしくシチリアの風がいっぱい詰まった料理本です。
最近の「ちょっと、イタリアで見てきました」の類ではありません。

シチリアに魅了され、在住されている著者だからこそ
完成した料理本ではないでしょうか。

紹介される料理も日本の材料を使っているので
とても実用的です。

万能に使えるソースやペーストのあとは
「自家製ドライトマトを作ってみよう!」のページ。
作り方・戻し方・保存方法、
そして、そのドライトマトを使った多彩な料理の数々などが続くので
読んでいてのワクワク感もさながら
早速、作ってみたいワクワク感に駆られることと思います。

各料理には、シチリア在住ならではの紹介や、料理名の由来など
読んで楽しく、見て楽しく
そして材料や作り方も丁寧に解説されています。

本書の中の「シチリアのおいしい話」コラムでは
市場でのイタリア語の使い方やシチリアでの生活シーンなど、
シチリア紀行文も楽しいです。

愛情をこめて作るシチリアのマンマの料理本を
お探しであれば、とにかくオススメの本です。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー