Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 497

¥ 583の割引 (54%)

ポイント : 250pt (50%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[安西 洋之]のイタリアで、福島は。 (NextPublishing)
Kindle App Ad

イタリアで、福島は。 (NextPublishing) Kindle版

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 497

商品の説明

内容紹介

解説・早野龍五(東京大学大学院理学系研究科教授)


「ただの事実」がそれなりに伝わるだけで、たいしたことなんだよなぁ。  ――糸井重里氏(ほぼ日刊イトイ新聞)推薦!

たしかなデータを提示しながらも、
いまだ風評被害に泣かされる「福島の食」。
とくに海外での偏見は根強いといいます。
そんななか、イタリアのミラノで、
福島を軸に「食の安全」について考える
「Fukushima Food Safety Conference」
というイベントが開催されました。
それは一過性のキャンペーンで終わったのか、
イタリアの人々の認識を少しでも新たにしたのか。
ミラノと東京を拠点にする
ビジネスプランナー、安西洋之さんが、
「イタリアでの福島」について、
ありのまま、伝えてくださいます。―――ほぼ日編集部(まえがきより)


2015年、美食の国イタリアで「食」をテーマに開催されたミラノ万博。
食の安全は、大きなテーマのひとつに位置づけられていました。
科学的に安全であるという根拠が明確な食品であっても、
東北や日本の食品に対して輸入に制約を設けている国が今なおあります。
チェルノブイリなど身近な放射能問題に直面してきた
ヨーロッパの国に暮らす人々の本音はどのようなものなのでしょうか。

正しい情報をいかに、「外国」で伝えていくか。
本書で報告されている日伊合同シンポジウムは、食の問題に限らない
より大きな問題意識を投げかけるものでもあります。     (編集部)


※本書は、2015年11月25日~12月8日にかけて、ほぼ日刊イトイ新聞に連載した記事を刊行したものです。
早野龍五氏による解説は本書のために書下ろしました。


【目次】
はじめに ・・・ほぼ日編集部

1 ミラノ万博開催中に福島の今を伝える
2 検索エンジンの言う
3 福島には別な現実があったんだね
4 原子力を勉強している学生はどう聞いたか
5 知日派が過ごしたこの4年半
6 日欧200人以上の高校生の論文が英国専門誌に掲載される
7 イタリアが欧州の鍵となるのでは
8 青空市場と大手スーパーに共通するもの
9 信頼する、される
10 自分にとってのFUKUSHIMAを考える

解説 ・・・早野龍五

著者について

安西洋之(あんざい・ひろゆき)

モバイルクルーズ株式会社代表取締役
上智大学文学部仏文科卒業後、いすゞ自動車入社。欧州自動車メーカーへのエンジンなどのOEM供給ビジネスを担当後、独立。1990年よりミラノと東京を拠点としたビジネスプランナーとして欧州とアジアの企業間提携の提案、商品企画や販売戦略等に多数参画している。国際交渉のシナリオ立案とデザイン企画を得意としている。また、海外市場攻略に役立つ異文化理解アプローチ「ローカリゼーションマップ」を考案し、執筆、講演、ワークショップ等の活動を行っている。
著書に『世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』(日本評論社) 。共著に『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力』(日経BP社)。

「ローカリゼーションマップ」WEBサイト http://www.localizationmap.com/
Twitter: @anzaih

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4555 KB
  • 紙の本の長さ: 81 ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング (2016/1/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01AVWSXJQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 87,679位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
「信頼とは2つだけの関係ではなく、3つの関係でこそ成り立つね。君(A)がアントニオ(B)を信頼するには、君から信頼されているぼく(C)という第三者があったほうが良い。」(p. 55.)

信頼するビジネスパーソン・安西洋之さんが書かれた『イタリアで、福島は。』(クロスメディア・パブリッシング)。ローカリゼーションマップ勉強会(lmap勉強会)を中心にして、世界の文化や特色、そして商品やサービスを、どう「最適化」してその土地に送り届けるかを考えよう――

そうした関心から本書を読み進めるうち、上記のくだりに出くわして驚いた。こちらも2015年の秋口くらいから、信頼を3角形にして取り持つことが大事なのではと考えて始めていたため。それが、「福島」「食」「ローカリゼーション」という回路を経て、イタリアで同じ発想をしている人に結びつく驚き!

ただ自分にその発想はなかった!というのが、「4者目(D)の位置にあるジャーナリスト」(p. 58.)という視点。そうか、4つ目があったか!

本書を手に取る前は、「東北在住の人間として目を通しておくべき」というシリアスな気構えあったものの、実際に本文に接してみると、著者である安西さんご自身の目と足と交流から得た知見のため、読んでいて「厭ダナー」(©夏目漱石)と思うことがまっ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「ほぼ日」に掲載されていたコラムをまとめ読みするのにkindle版を購入。
タイトルからすると福島の原発問題でそこに住むことやそこで産する食品は安全か否かが海外でどう捉えられているか、ということだけを論じているように思えてしまうが実はそれがメインではなかった。福島やチェルノブイリの原発事故のイタリアでの様子と経験を現地専門家の考察を盛り込みながら、状況の観察や伝わり方、情報やシステムへ信頼の置き方、信頼の構築などをわかりやすく論じていて、福島の問題だけでなく情報過多な現代において考え方のいいヒントをもらったような気がした。

私が本書で印象に残るキーワード
・信頼と詐欺は同じ構造
・イタリアには19世紀の国家統一までイタリア語訳の聖書がなかった
・考える傍観者になる
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ミラノ万博2015期間中に行われた「Fukushima Food Safety Conference」の模様を通して、イタリア人の福島に対するイメージや価値観がどのように変化していくのかを書いた本ですね。この本は「知ろうとすること。(糸井重里/早野龍五)」とセットで読むべきだと思うのですが、テーマは「どのように今の情報化社会と付き合って行くのか?」ってことです。

「最後は自分の頭で判断する」

東日本大震災では様々な情報がネット上に溢れ、人々は混乱しました。個人的には皆のツイートのおかげでミラノ(徹夜明けの朝7時くらいだったと思う。)にいながら、リアルタイムで情報を知り、すぐさま東京の家族に連絡を入れ、全員の無事を確認しました。当時、自分を含め家族の誰もがこのような事態になっていたなんて気づいていませんでしたね。その後NHK、日テレ、フジ、テレ朝と画面を4分割してUストリームで中継を見ていました。当時の悲惨な様子を見ながら愕然とし、「日本はこのままどうなるんだろう」と、思い、そして自分は何もできない悲壮感をただただ感じながら学校に行ったのを覚えています。

ミラノにいながら得られる情報はネットから得られるものに限ります。その中でどの情報を頼りにしていけばいいのか。正しい情報と正しくない情報を見分ける必要があって、さらには
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover