¥ 2,376
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
イスラーム基礎講座 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イスラーム基礎講座 単行本(ソフトカバー) – 2015/7/11

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/7/11
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 2,000

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • イスラーム基礎講座
  • +
  • 池上彰が読む「イスラム」世界知らないと恥をかく世界の大問題 学べる図解版第4弾
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 105pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「イスラーム」を歴史、宗教、生活、しきたり、文化、言葉など多彩なテーマでもって詳説。膨大な情報量と
わかりやすい解説で、学生から愛好家、専門家まで幅広いニーズに応える。「イスラム国」(IS)や
アル・カーイダ、タリバンの動向など過激派組織と呼ばれる集団についての最新の分析も掲載。国際情勢・
歴史を理解するための必読書。
(本書は、1999年刊行の『イスラーム教を知る事典』を、現代の国際情勢に合わせ、新たな項目を加筆したものです。)   

出版社からのコメント

本書は、中東政治分析、中東地域研究が専門の著者が「イスラーム」という大きなテーマを歴史、宗教、民族、
生活、しきたり、文化など幅広い視点からひもといた書です。イスラーム教やアラブ社会についての素朴な疑問の
答えや、イスラーム教を受け入れ、信仰するアラブ人の行動様式・思考様式について知ることができます。歴史や
現在の複雑な国際情勢を理解するうえでかけがえのない知識が得られることでしょう。作家の佐藤優さんが
「イスラームについて知るには、この本を超えるものはない」と推薦する一冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 400ページ
  • 出版社: 東京堂出版 (2015/7/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4490209126
  • ISBN-13: 978-4490209129
  • 発売日: 2015/7/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 63,778位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

著者は、宗教学者ではありません。アラブの政治情勢分析を専門とする立場にあります。若いとき、エジプトのアズハル大学で、約8年間イスラーム教について学びました。が、それは中東の政治情勢分析に必要不可欠なアラブ人の行動様式、思考様式を考えるためでした。

政治情勢の分析には、その土地に住む民族の臭いがなければならない、というのが、著者の持論です。情勢とは人間が演出するものであり、演じるものですから、人間的特性が表現されなければ情勢の未来予測はおろか現状分析もできない。当然ながら、アラブの民族の臭いを知らないアラブの情勢分析には、おのずと限界がある・・・。

そう主張する著者による著作だけのことはあります。イスラムの教えや儀式、彼らの生活について単に解説するだけの無味乾燥のものではありません。カイロのマスジット(礼拝所)で、名も知らない人からアラビア語の読み書きを習い、時に「出来が悪く、鞭で手のひらを打たれた」方ならでは血のかよった内容となっています。(脚注として、ページ下段に補足解説があります。たいへん充実しています。単なる語句解説ではなく、関連(想起される)情報がイラスト写真付きで示されています。「血のかよった」印象は、そこからもきているように思います)。

『プロローグ』は、「イスラム過激派」「テロリズム」「イスラム国」の話
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
書店で買いました。
とても面白いです。
内容をここに記すつもりはありません。
知りたかったらカネを出して読んで下さい。
あるブログで元ネタにしているのがバレバレです。ペダンティストという連中です。コイツらの頭には説得力という言葉はありません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
筆者、渥美さんは1964年の大学卒業後ほぼイスラームに人生を費やしている達人。
中東政治情勢の分析の専門家で学者風情でない所、日常人の目線で書かれているのもこの本を面白くしていると感じる。
タイトル名のイスラーム(イスラムではない)にも拘りがある通りイスラームの基礎に関する集大成と言っていい。
全体をイスラーム教徒が行う一日5回の礼拝、ファジル、ズフル、アスリ、マグリブ、アシャーシャになぞらえ、アラブ人の思考と行動様式、イスラーム教の降誕・・・と解説。

序章から認識新たまる、目からウロコのイスラームに関する解説が怒涛のように連続。
(何度となく中近東には行ったがこんな知識もなく・・・)
全400頁近いぶ厚い本だが10分の1の40頁だけでも読み応えは充分。
各頁には下4分の1が豆知識風解説となっていて、これがまた便利。
少しでもイスラームに関する人は必携の一冊と言っていい。
何度となく概念や考えが繰り返されイスラーム世界の理解が深まるのは間違いない。
曰く、イスラーム(世界)=イスラーム教なので、この本でイスラーム教徒になる、と言っても過言でないと思う。

「アッラーの外に神はなし、ムハンマドは預言者なり」
イスラーム教は人間が創造したものでは
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告