通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
イスラーム国の衝撃 (文春新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

イスラーム国の衝撃 (文春新書) 単行本 – 2015/1/20

5つ星のうち 4.2 85件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • イスラーム国の衝撃 (文春新書)
  • +
  • 【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛 (新潮選書)
総額: ¥1,922
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

謎の「国家」の正体に迫る

イスラーム国はなぜ不気味なのか? どこが新しいのか? 組織原理、根本思想、資金源、メディア戦略から、その実態を明らかにする。

内容(「BOOK」データベースより)

既存の国境を越えて活動し、住民から徴税し、「国家樹立」をも宣言した「イスラーム国」―なぜ不気味なのか?どこが新しいのか?組織原理、根本思想、資金源、メディア戦略、誕生の背景から、その実態を明らかにする。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166610139
  • ISBN-13: 978-4166610136
  • 発売日: 2015/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,267位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
当該分野では日本最高の(と勝手に思ってます)研究者でいらっしゃる池内先生の時宜を得た一般向け最新作です。先生が各所に発表された小文に基づいていると思われますが、ご自身が「むすび」に記されている通り、単にそれらの“まとめ”に留まらず、イスラム思想史・国際政治学の両面でのしっかりしたフレームワークに拠る「骨のある」小品になっているように見えます。

本書の主題である「イスラーム国」の来歴は00年の9・11事件後に「グローバル・ジハード」を繰り広げたアル=カイーダにあると言います。米軍の「対テロ戦争」に追い詰められたアル=カイーダ中枢はアフガン・パキスタン国境に潜伏しますが、各地に地域名を冠して分散・分権的にテロ行為を行う関連組織が出現(池内先生の表現では「フランチャイズ化」)します。そのうちの一つが「イラクのアル=カイーダ」であり、03年のイラク戦争後の混乱に乗じて台頭したことが明らかにされます。
「イラクのアル=カイーダ」は06年10月に「アル=カイーダ」の名称を外し、「イラク・イスラーム国」になりますが、05年頃から「カリフ制国家」再興構想を持っていたようです。「イスラーム国」の勢力拡大の背景には、チュニジアから始まった「アラブの春」後の混乱による「統治されない空間」の拡大、エジプト等で見られた穏健イスラム主義政権の挫折、紛争の宗派主義化・地域化があっ
...続きを読む ›
1 コメント 229人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 革命人士 トップ500レビュアー 投稿日 2015/1/26
形式: 単行本
現代イスラム思想研究者で中央公論やフォーサイトでアラブ情勢を紹介する著者が、イスラム国の成立や思想的な背景について解説する。なぜイスラム国がシリア・イラクにまたがる領域を支配する擬似国家になったのか。彼らが虐殺を正統化するイスラムの教義「ジハード」の考え方を論じている。コーランにある奴隷制肯定に正面から反論できないイスラム法学者たちに「宗教改革が求められる時期ではないか(p203)」と、批判的に記述するなど、冷静に過激派の思想を読み解いている。

現在はシリアを拠点にしているイスラム国だが、前身組織の起源はイラクにある。ルーツも古く、フセイン政権崩壊後に有力な反米武装勢力として台頭し、10年前から斬首殺人とネット公開を行ってきた。香田証生氏も殺害している。当初はアルカイダの分派を称し活動していたが、ヨルダン出身の指導者・ザルカウィが殺害された2006年以降は袂を分かち、イラク出身のバグダディを推戴しイラクに土着化した。さらに2011年のアラブの春で、アサド政権の支配が及ばないシリア北東部に浸透、戦略的後背地とした後、イラクに戻り、昨年6月にイラク第2の都市モスルを劇的に占領し「カリフ制国家」を宣言した。なお「イスラム国」「ISIL」「ISIS」など表記のぶれも、頻繁に呼称を変えた過去に由来することが説明されている。

イスラム国伸張の背景には
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は著者の「イスラーム世界の論じ方」を読んで、著者が日本における中東研究の第一人者である事を確信したが、本書(刊行時に読む積りだったのに、つい放っておいたが、次書「サイクス=ピコ協定 百年の呪縛」を読む準備として手に採った)でそれを再確信した。「イスラーム国」が台頭した理由を「イスラーム法」やイスラームの歴史にまで遡って詳細に分析した、類書とは濃度が異なる好著である。

「イスラーム国」だけではなく、中東全体、あるいは世界全体を俯瞰している点が著者の特長であるが、大雑把に言うと、著者はその理由を(アメリカのプレゼンス低下以外に)以下の二点に明解に集約している。
(1) 分散ネットワーク型のグローバル・ハザードの浸透
(2) <アラブの春>によって生じた「統治されていない地域(ungoverned spaces)」への侵入(<アラブの春>はシリア・イラクを初めとする多くの中東諸国に政府・反政府勢力間の対立をもたらした)

 いずれも説得力に満ちている。この他、暦として有名な「ヒジュラ(=移住)」の重要性(「イスラーム国」の戦闘員に他国人が多い一因)、指導者の名前(勿論、本名ではない)に「カリブ制」の意味が込められている等、啓発される点が多い。欧米での"ローンウルフ"型テロも予見
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 第一次世界大戦後から中東の国家の位付けが、欧州戦勝国に有利なように植民地政策の下で中東国境の線引きがされた。
 石油という資源が要因であることは明らかであるが、その後の第二次世界大戦後に於いてもイスラエル建国などが遠因となり、中東地域の混沌は現在まで続いている。
 第一次~第四次中東戦争ののちも数えきれないほど紛争が続き、ソ連のアフガン侵攻や湾岸戦争、9・11後のアメリカによるアフガニスタン侵攻、そしてイラク進攻などなど絶え間がない。
 評者も詳しく知ることはなかったが、本書で「イスラーム国」という民兵組織をテーマにした本書で中東の紛争の歴史を遡って多少知ることができた。
 イラクからアメリカ軍が引き上げたのち、イスラーム過激派民兵組織が、同じスンナ派が多く住む地域イラク西北部を電撃的に襲い武器も奪い、その後シリア内戦に乗じてシリア国内まで勢力範囲を広げたのが「イスラーム国」と標榜している軍事勢力である。
 スンナ派、シーア派、クルド民族、そのほか多くのイスラーム宗派などや、中東域内各国の相関関係など頭に入れることもできないほど複雑ある。
 これから「イスラーム国」はどうなるか?
 評者の興味がその辺りにあったので、その答えとなるようなことが、「地域大国の影響力」という章に記述されているので下の・・・内に転載し
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー