通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北 (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北 (集英社新書) 新書 – 2015/1/16

5つ星のうち 4.0 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北 (集英社新書)
  • +
  • イスラムの怒り (集英社新書 493A)
  • +
  • イスラームから世界を見る (ちくまプリマー新書)
総額: ¥2,506
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

内田樹氏推薦!
「中近東のイスラムをめぐる政治状況を
精密なロジックと平明な文体で腑分けしてくれる一冊」


混迷の中東に突如現れたイスラム国。
捕虜の殺害や少数民族への迫害が欧米経由で
厳しい批判と共に報じられているが、その過激な行動の裏にある歴史と論理は何か?

本書はイスラムそのものに対するメディアの偏見と、
第一次世界大戦時に確立された欧米による中東秩序の限界を指摘。
そして、集団的自衛権容認で中東に自衛隊が派遣される可能性が高まる中、
日本が今後イスラム世界と衝突せず、共存するために何が必要なのかを示す。


「日本にとっても、イスラム戦争は他人事でも、遠くの出来事でもありません。
国内では安倍政権は集団的自衛権を容認し、その行使を主張しています。
中東・イスラム世界で想定されるのは、アメリカが自国に対するテロの脅威があるという理由で集団的自衛権の行使を同盟国に呼びかけ、
日本もそれに呼応して派兵するケースでしょう。東アジアでアメリカに守ってもらうのだから、中東で恩返しをしなくては――
もしそのような発想があるならば、日本にとってだけでなく世界にとって途方もない危険をもたらすことになるのです。
本書は中東の状況とイスラムをめぐる偏見の実態を概観、分析し、日本がテロや戦争に巻き込まれることのない第三の道を探るものです」(「はじめに」より)

(目次)
はじめに 日本は決してこの戦争に参加してはならない
序 章 中東で起きていること
第一章 16億人のムスリムを味方にするか、敵に回すか
第二章 まちがいだらけのイスラム報道
第三章 イスラム世界の堕落とイスラム国の衝撃
第四章 日本人にとってのイスラム
おわりに 戦争は人の心の中で生まれる

内容(「BOOK」データベースより)

混迷を極める中東に突如現れたイスラム国。捕虜の殺害や少数民族への迫害が欧米経由で厳しい批判と共に報じられているが、その過激な行動の裏にある歴史と論理は何か?本書はイスラムそのものに対するメディアの偏見と、第一次世界大戦時に確立された欧米による中東秩序の限界も指摘。集団的自衛権の行使容認で中東に自衛隊が派遣される可能性が高まる中、日本が今後イスラム世界と衝突することなく、共存するために何が必要なのかを示す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087207706
  • ISBN-13: 978-4087207705
  • 発売日: 2015/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 133,899位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
イスラム地域研究の専門家が、イスラム国の台頭に至る中東地域の混迷について、歴史、宗教、政治権力、世界のパワーバランス等様々な角度から分析、解説し、今後の日本の取るべきスタンスを提言している。
本書で著者は、
◆1979年のイラン・イスラム革命以降の米国の中東政策は失敗の連続であり、その原因は、イスラムに関する無知、先入観、偏見に根差した「イスラム・フォビア(イスラム嫌悪)」にある。
◆ムスリムには、同じ唯一絶対神から啓示を受けた「啓典の民」であるキリスト教徒やユダヤ教徒に対する憎しみはなく、彼らの敵意は、歴史的に自分たちを力で支配してきた英仏などの欧州列強諸国、シオニズムに基づく領域民族国家イスラエル、対テロ戦争と称して多くの市民を犠牲にした米国という国家に向いたものである。
◆イスラム国が目指す国とは、イスラム主義に基づき、主権が国民ではなく神にあり、カリフにバイア(臣従の誓い)を立てれば世界中のどこにいても国民となれる国である。即ち、西欧発祥の主権が国民にある民族国家とは全く異質であり、共約不可能な存在である。
◆一方、中東のイスラム国家の多くは世俗主義的ムスリム政権であり、こうしたムスリム政権やサウジアラビアの王族は、西洋諸国と持ちつ持たれつで国家・政権を維持してきた経緯があり、イスラム主義を掲げるイスラム国のような存在は、彼
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
2015年1月21日に第一刷となっており、序章には「これを書いている(2014年)12月現在~」とあるので、シリアの日本人人質事件の直前に上梓された書籍かと思われます。
「イスラム国(ISIL)」の動画も流され、時宜にかなって、読んでよかったと思える本でした。

初頭から、「イスラム国(ISIL)」について、2014年8月からのアメリカと有志連合の空爆について、「日本は決してこの戦争に参加してはならない」、と立場を明らかにした上で、その理由・歴史的背景について、わかりやすい文章で書かれています。

ぱらぱらっと見たときには、左派の本かと思いましたが、歴史的背景・異文化論もまじえて、深く幅広い知識と経験、実行力に裏打ちされた、説得力のある内容でした。
大学の先生(研究者)らしく、利害に絡まず中立的だと思いました。

目を開かされる思いがしたのは、「欧米報道のバイアス」のかかった報道用語の数々について。
「容疑者」、「テロリスト」、「過激派」、そして「イスラム国(ISIL)」。
日常的によく耳にするだけに、いかに無意識に情報を受け取っているかが解りました。

特にショッキングだったのは、「イスラム原理主義ハマス」という語。なんと、「ハマス」は民主的な選挙によって市民に
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者は中東のエリアスタディや、西欧でのイスラム移民社会に知見が深い。イスラム国による日本人殺害事件や、その直前にあった仏新聞社テロ事件でも、メディアで解説している。事件自体は本書刊行直後だが、両事件を予期したかのように、欧州社会でその価値観を押し付けられ差別を受けても声を上げられず苦しみ、ルーツたるイスラムに深く帰依するムスリム移民の実態を伝える。

エルドアンやムルシーを支持する著者のスタンスは明確で、イスラム主義に強く賛同している。とりわけ、本書はトルコの外交姿勢を「同盟国である米国に追随しない」と高く評価している。まあ、ほかのイスラム国本(国枝「イスラム国の正体 (朝日新書)」など)を読むと、トルコのシリア政策の別の意図が読めるので、本書の見立てが一概に正しいとは思わないが。また、イスラム国への攻撃には「また第二のイスラ
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
社会のあり方が犯罪を生む大きな要因であるという認識が、日本でもかつては多くの人たちに共有されていたと思う。永山則夫に向けられる厳しい眼差しの中にも同情と共感が宿っていた。

近年吹き荒れる「自己責任」の暴風が、そうした視点を遮ってしまったのではないか。

今、「イスラム国」の振る舞いに日本中が注目する中で、彼らを「テロリスト」と切って捨てるのではなく、なぜこうした運動が台頭してきたのか、その背景にある「国際社会」の来歴とイスラームとの軋轢を知り、日本のとるべき道を考える上で、本作は格好の良書である。

中田 考さんについても信頼と敬意を込めて丁寧に紹介されている。

学者とは思えない驚くほど平易な文章で綴られているが、その訳は「あとがき」に記されており、著者の思いに胸を打たれる。

「イスラム国」について多くの本が出されているが、その中で一冊といえば、私は本著をお薦めする。
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー