Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 463

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[椎名 誠]のイスタンブールでなまず釣り。 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ

イスタンブールでなまず釣り。 「椎名誠 旅する文学館」シリーズ Kindle版

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 463
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

なまず博士とともにイスタンブールで大なまず釣りに挑んだり、ドイツでとことんビールを飲んだり、八丈島に大きな波を見に行ったりといった愉快な旅エッセイ9篇を収録。

本作用に表紙イラストを椎名誠が描き下ろし。巻末には、「対談 椎名誠×目黒考二」「電子書籍版あとがき」「椎名誠の人生年表」を掲載。

<目次>
イスタンブールでなまず釣り
西ドイツビールガブのみ血笑旅
あやしい探検隊突如としてダンゴ屋を攻める
突然的帝都縦断一〇一キロ一五二〇円の旅
八丈島のどっかん波を見に行く
ナラタケモドキを掘りに行く
我々は雪の夷隅川をいかにして心やさしく下っていったか
ヒマ人カイボリ団はドジョウ男に惨敗した
東京湾でキスを釣りながらサカナの痛みについて考える

あとがき
文庫版のためのあとがき
対談 椎名誠×目黒考二
電子書籍版あとがき
椎名誠の人生年表

内容(「BOOK」データベースより)

なまず博士と探検隊は、魔都イスタンブールの空港に降り立った。5メートルのヨーロッパ大なまずを求めてサカリヤ川に挑む一行が遭遇した大逆転技とは…。その他、西ドイツのビール祭をひたすら飲みほすガブ飲み旅、突然的帝都縦断101キロ1520円の旅、八丈島のどっかん波を見る旅など愉快な旅9篇を収録。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4995 KB
  • 紙の本の長さ: 249 ページ
  • 出版社: クリーク・アンド・リバー社 (2014/3/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00J7L7RFY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 65,556位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
単行本は84年刊行。旅のエッセイ。タイトル通りのトルコイスタンブールでナマズを釣る、ドイツでビールを飲む、都内で団子を食べたりバスで縦断する、八丈島に波を見に行く、キノコほり、カヌーくだり、かいぼり、キス釣り。イスタンブールで地元民から言葉はわからないがお茶に呼ばれているような表現を「チャイチャイチャイチャイチャ!」と連続するあたりの言語感覚は健在。初体験のトルコ風呂では三助のおじさんをプロレスに見立てて表現。著者によるイラストが付く。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/6
形式: 文庫
高校生の時、学校帰りのバスの中で椎名誠の旅紀行関係の本をよく読んでいた。
この独特の、軽妙な文章?がつぼにはまり
バスの中で笑いをこらえるのに必死。傍から見たらあぶない学生だったことでしょう。
椎名さんと一緒にあちこちに行ってるような気分になれる、そんな本。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hoge2 投稿日 2010/10/11
形式: 文庫
イスタンブールに行ったり、ドイツに行ったりした旅にまつわるエッセイ集です。
お酒を飲んで仲間と騒ぐ愉快な旅の様子が伺えます。まあ、お酒や酔っ払いに嫌悪感を持つ人にはお勧めできませんが。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover