中古品
¥ 2,500
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【クリーニング済み】図書除籍本です。 お読みいただく分には支障がない状態の書籍ですが、除籍図書の印、シール、経年による傷み、折れ、汚れ、書き込みがある場合があります。 また、帯の欠品、カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合があります。 到着した商品に不備等がございましたら、返金等の対応を致します。安心してお買い求めくださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

イギリス二大政党制への道―後継首相の決定と「長老政治家」 単行本 – 1999/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,500
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

名誉革命に源を発するイギリスの二大政党制は、1840年代までにそのかたちを整え、1860年代半ばに確立したと考えられる。この間イギリスの政党政治は、18世紀的貴族政治から、20世紀的大衆民主政治へと移行する。しかし、その過渡期ともいうべき1850年代には、未曾有の経済繁栄期を迎える一方で社会全体が保守化し、議会内がいくつもの党派に分裂して、選挙法改正のような改革の動きも沈滞する。さらに、国王の影響力が弱まり、内閣危機に際しても後継首相を選定できない事態が生じてしまう。こうした時、後継首相を女王に奏薦し、危機を回避しえたのが、ウェリントン公爵とランズダウン侯爵という二人の「長老政治家」であった。本書は、新進気鋭の研究者が、後継首相の決定過程に焦点を当て、「政党政治の母国」において二大政党制が確立してゆく過程を考察する。


登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 有斐閣 (1999/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4641049696
  • ISBN-13: 978-4641049697
  • 発売日: 1999/01
  • 梱包サイズ: 21.2 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,110,174位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう