中古品
¥579
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 図書館リサイクル本です。(ビニールカバー付き。シール、印あり)。カバー、中身は共に非常にきれいです。2006年1月初版発行。迅速に発送いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


イギリスの近代化遺産 (Shotor Museum) (日本語) 単行本 – 2005/12/1

5つ星のうち4.3 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥579
¥486
お届け日: 12月9日 - 11日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

近年日本でも、富岡製糸場など近代化遺産に対する関心が高まっています。その明治近代化のお手本とされたのが、産業革命の本家イギリスでした。本書はイギリス各地を取材して橋梁・駅舎・炭坑・工場・発電所などの代表作と、産業革命の歴史を紹介。さらに、近代化遺産を大切に保存してきた、文化財保護の先進国イギリスの精神に迫る一冊です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

田中/亮三
1934年生まれ。慶應義塾大学文学部英文科卒。同大学院英文学専攻修了。ケンブリッジ大学にて英文学・言語学専攻。1987年、同大学建築・美術史学部でカントリーハウス史を研究。慶應義塾大学名誉教授

増田/彰久
1939年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒。日本写真家協会会員。早稲田大学講師。第33回日本写真協会賞年度賞、第9回伊奈信男賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2005/12/1
  • 単行本 : 127ページ
  • ISBN-10 : 4096060550
  • ISBN-13 : 978-4096060551
  • 出版社 : 小学館 (2005/12/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
3 件のグローバル評価
星5つ
25%
星4つ
75%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年9月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
殿堂入りNo1レビュアーベスト10レビュアーVINEメンバー
2009年7月11日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2008年11月2日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告