イエロー・マジック・オーケストラ(US版) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

イエロー・マジック・オーケストラ(US版) Limited Edition

5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,376
価格: ¥ 1,958 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 418 (18%)
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,958より 中古品の出品:9¥ 1,129より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の YELLOW MAGIC ORCHESTRA ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • イエロー・マジック・オーケストラ(US版)
  • +
  • ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー
  • +
  • 増殖
総額: ¥5,810
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/1/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 収録時間: 36 分
  • ASIN: B00007KKZ2
  • JAN: 4562109401806
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 70,544位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. COMPUTER GAME "Theme From The Circus"
  2. FIRECRACKER
  3. SIMOON
  4. COSMIC SURFIN'
  5. COMPUTER GAME "Theme From The Invader"
  6. YELLOW MAGIC(TONG POO)
  7. LA FEMME CHINOISE
  8. BRIDGE OVER TROUBLED MUSIC
  9. MAD PIERROT

商品の説明

内容紹介

『クラフトワークが脱帽し、ディーボが絶賛したイエロー・マジック・オーケストラ。全世界発売盤新装登場! 』YMOは78年12月に行われた「フュージョン・フェスティバル」に出演し、 それを観たA&Mプロデューサー、トミー・リピューマは海外発売を即決、 翌年LAにてこのアルバムのリミックスが行われた。 前掲のアルバム・ラスト「アクロバット」がカットされ、「東風」には吉田美奈子の ヴォーカル・ダビング、その他エコー処理等米国市場向け(?)とされる加工が 施されている。ジャケットは、頭からコードが生えたサングラス芸者に変更。 アメリカではシングル「ファイヤークラッカー」と同時に79年5月リリース、 イギリスでは6月のリリース(シングルは「東風」)。復刻盤は坂本龍一、高橋幸宏の最新「YMO振り返りインタビュー」、そして細野晴臣東芝盤(1999年)インタビュー復刻掲載。1999年細野リマスタリング音源使用。

<オリジナル発売:1979年7月25日>

※初回仕様は終了いたしました。通常仕様のみお取り扱いしております。

Amazonレビュー

   アル・シュミットの手によってミックスされた1stアルバムのアメリカ版。ヘビ女をモチーフにしたジャケットのインパクトがとても強烈だったため、こちらをデビューアルバムとして認識している人も多いのではないだろうか。日本版との大きな違いは、「アクロバット」がカットされていることと、「東風」が「YELLOW MAGIC」と改題され、吉田美奈子のコーラスが重ねられていること。音質は全体的に丸みがかっていて、かなり聴きやすくなった印象。細野氏自身は、「日本版のミックスのほうが気に入っている」と発言している。(森 朋之)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
いかしたポップアートのスリーブに包まれたYMOのデビュー作。欧米から発したデジタルポップの波に乗って「テクノ」と称された新たなカテゴリーの旗手となった記念すべき作品であると同時に彼らの最高傑作だと思う。日本では「サーカス」などを皮切りに、「インベーダーゲーム」の大流行などコンピュータゲームが娯楽のサブカルチャーとして定着し始めた時期で、その魅力の一端を担ったのが電子的な効果音だった。日本独自のルーツというべきこうした音を露払いとして挿入することで、このアルバムの統一感は秀逸なものとなっている。さらにCD化にあたって最後まで連続する2次的要因も相加して、完成度を増した感がある。

テクノだ、デジタルだと言う前にごくごく当たり前のことだが、まず収録曲の良さがこの作品の生命を支えている重要な要素だ。トータルバランスはもちろん、キャッチーな4曲が出色。これ見よがしの嫌みな東洋趣味ではなく、これらをセンス良く旋律に組み込んだtrack2,6,7、明らかにティンパンアレーの流れを汲む都会的センスが光る"Cosmic Surfin'"。当時はハイテクに聴こえたパターン化された電子音もあくまでも「効果音」として活きているのであって、"Tong Poo"でのワイルドに跳ねるベース音、"La Femme Chinoise"における音を変えてテーマを繰り返し「揺らぎ」ながら盛り上がっ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
まさかロックやパンクばっかりきいてきた僕がテクノにはまるなんて・・・・。
夢にも思いませんでした!
が!現実なのです!
僕の音楽観を一気に覆してしまったこの人たち。
古いとか新しいなんて関係なくかっこいいものはかっこいいんだと、
気づかせてくれたこの人たち。
これを聞かなかったらまだまだ狭い範囲でしか音楽をきけなかっただろうなぁ。
ありがとうございます!
この場を借りて感謝の意を表します!
このアルバムの中で素晴らしい曲はいくつかありますが、
もちろんtong poo、中国女、cosmic surfinなどなど・・・
しかし僕が一番やられたのはmad pierrotでした!!
この一気に畳み掛けてくるアジアンチックな旋律はなんだ~~!!
もう興奮するしかありません。
しかも細野氏作曲とは・・・
ますますファンになってしまいます!
まだYMOを聞いたことがない皆様!!
是非聞いてみてください、なにかが変化しはじめますよ!
それほどの力を秘めているんです、このアルバム、この方々は!
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ヒットしたライディーンやテクノポリスは入ってませんが、アルバムとしては傑作だと思います。
このアルバムは国内版と海外版があり、国内版の方がオリジナルで、海外版はReMIX的な物らしいのですが、聴き比べると海外版の方がいくらかフュージョンっぽいものの、とにかく美しいメロディが前面に出て良いと思います。
特に9曲目のマッドピエロの疾走感が最高!!
ライディーン等と比べてあまり語られることの少ない曲ですが、
なぜベスト盤に収録されないのか分からない位名曲だと思います。
聴いた事が無い人はそれを聴けばあらためてYMOの奥深さを感じるでしょう。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
マイルドYMO
要所要所のボーカルが、とても心地よいアルバムです。
日本版にリミックスをかけ海外版として、リリースされたものです。
「SIMOON」のボコーダーを使った、何とものんびりとしたボーカル。
「TONG POO」の吉田美奈子の”ふにゃー”としたボーカル。
どちらも、とても和む(癒し系に)仕上がっています。
YMOを、まだ聞いたことのない方。入門編ですよ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最近聞き始めたYMO。オリジナル、Liveアルバム等廃盤したものも何とか揃え、一通り聴いてみました。
そもそもYMOと言う名は(東洋の魔術または音楽)を意味しているそうで、その点では一番コンセプトに沿ったものなのではないでしょうか?

特に当時高橋、坂本氏がハマっていた(細野氏はそこまでハマってたワケではないらしい(笑)。)ゴダール三部作の中国女、東風、Mad Pierrotはどこか懐かしく、それでいて廃れる事の無い名曲と言えるでしょう。

テクノだけど東洋を感じさせる不思議なサウンド。

是非一度聴いて、東洋の魔術にかかってしまいましょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す