Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 420
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[斎藤 忠]のイエス・キリストの正体 100の謎: << イエスの正体を、100の謎・疑問に整理して切り口とし、古代~現代の通説・異説・最新学説を交えて徹底究明 / 新約聖書福音書を含む2000年に渡る関連諸説&情報を網羅的に紹介 >> 聖書探求シリーズ
Kindle App Ad

イエス・キリストの正体 100の謎: << イエスの正体を、100の謎・疑問に整理して切り口とし、古代~現代の通説・異説・最新学説を交えて徹底究明 / 新約聖書福音書を含む2000年に渡る関連諸説&情報を網羅的に紹介 >> 聖書探求シリーズ Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 420

紙の本の長さ: 238ページ

商品の説明

内容紹介

◆ 聖書探求シリーズ 3

 2000年に渡り厚いベールに覆われたイエスの真実の姿・正体を追い求めて、100の謎・疑問に整理して切り口とし、古代~現代の通説・異説・最新学説、関連情報を網羅的に紹介して、皆さんの多角的な分析、解明に資するよう努めるものです。

【概要】
1)一個の人間イエスが、どのような経過を辿って、救世主、神の子、神ヤハウェそのもの、果てには宇宙の支配者へと上り詰めるまでに、唱えられたさまざまな諸説から始まって…

2)教会全盛の世にさまざまな異説が唱えられましたが、正統教義も含め、主要な物すべてを拾って紹介。イエスを難じる諸説は誰もが初耳で、刮目することことでしょう。あるいは歴史の片隅に秘された驚くべき古代から伝えられた伝承に至るまで。

3)避けて通れないのが、妻ではと囁かれるマグダラのマリアと裏切り者ユダの問題。近年発見された3世紀のコプト語写本「ユダの福音書」など、話題のものも漏れなく。

4)240ページあり、画像こみでデータ量は870KB弱と軽量。

【特徴】
①.イエス、及びキリスト教についての基礎が学べる、学生さんなどに打ってつけの簡略版入門教科書。
 通学・通勤や空き時間に通読できる読みやすさ。

②.キリスト教の成立を、相対立する諸派、あるいは教会内での相対立する論陣を端的に紹介し、
 それぞれがそれ自身にとっての合理性でどう自身の教義を唱えたのか、そしてどう論争され、異端とされて、収束していったのかについても、クリスチャン学者ではない論点で、かつそれと異なる率直さで論及。
 たとえば、忌避されがちな問題、マリア信仰がキリスト信仰の中にどう入り込み、どう歪めていったのかについてなど。

③.近代に入ってイエスはずたずたに解体され、ついには存在などしていなかった、福音書は想像の産物、神話にすぎぬ、と罵られるに至ったが、その真相を同様の論点、率直さで論及。
 イエス存在説の復活についても。

④.信仰と相入れないかに見える合理的、科学的探求による諸説についても。イエスの革命家説から犬儒派哲学者説、最大の精神科医説までを網羅的に。イエスの死因やその容貌に至るまでも論及。

⑤.信者の耳に痛い情報も漏らさず。しかし多くは憶測やこじつけによることにも論及。
 たとえば、その墓まで発見されていることから信者の方々を悩ます「イエスの実父はローマ兵士パンテラ」説など。同様に、古代から中世にかけてユダヤ教徒が伝えた耳の痛い情報についても。

⑥.カトリックと犬猿の仲とされるフリーメイソンのなんたるかについて、そして何が両者を隔てるのか、についても根本の論から言及。

(Amazon内にて「聖書探求」で検索すると、聖書探求シリーズの諸作品が表示)

------------------
【章タイトルと小見出し項目リスト】抜粋

プロローグ
 №1 現代の標準的な欧米人の抱くイエス像とは?

第1章 イエスの復活と彼を巡る親族・弟子・女たちの謎
 №3.復活の奇蹟を巡るさまざまな奇伝は、何を意味するのか?
 №4.本当に、弟子たちがイエスの幻を見たことから復活神話は生まれ得たのか?
 №6.本当に、イエスはナザレ村生まれの農業者兼大工だったのか?
 №9.本当は、陽気で大酒飲み、食い意地の張った男だったのか?
 №10.イエスは独身だったのか? それとも妻帯者だったのか?
 №11.マグダラのマリアはイエスの妻だったのか?
 №15.なぜ、イスカリオテのユダは師イエスを裏切ったのか?

第2章 現代の物証に大きく揺らぐイエスの謎
 №17.本当に、トリノの「聖骸布」に残る血液型AB、身長181㎝の磔刑者はイエスなのか?
 №18.なぜ、「聖骸布」のネガ像を基に長髪で髭を生やすイエスの肖像画が生まれたのか?
 №20.なぜ、現代の医学者が推測するように急性滲出性肋膜炎が直接の死因となったのか?
 №21.本当に、広い顔、薄茶色の瞳、短い巻き毛、髭、浅黒い顔を持つ黒人系だったのか?
 №24.本当に、タルピオット出土の骨箱銘文が言うように妻マリアと息子ユダがいたのか?

第3章 古代・キリスト教揺籃期におけるイエスの謎
 №25.どのように3つの共観福音書はイエスを描いているのか?
 №27.最古の文献を多数書いた聖パウロは、どのようにイエスを思い描いていたのか?
 №31.イエスの受難は罪を贖うため民に捨てられる定めの悲劇だったとは、なんなのか?
 №33.本当に、預言者ダニエルが予言した雲に乗ってやってくる「人の子」はイエスなのか?
 №35.なぜ、福音書のプロットは預言者エレミア伝承と酷似しているのか?
 №36.本当に、治癒や奇蹟を行なう当時の行者伝承はイエスの奇蹟伝承の原形なのか?

第4章 キリスト教の発展期におけるイエスの謎
 №38.ローマ人が史書に記した帝国の治安を乱す輩クレストゥスとは、どんな人物像なのか?
 №39.なぜ、イエスはソクラテス、ピタゴラスに並ぶ3大賢人の一人と見なされたのか?
 №42.なぜ、古代最大の異端グノーシス派は超観念的なイエス像を説いたのか?
 №45.外典「トマス福音書」が列記する100余の教えの文言は、本物なのか?
 №47.ユダヤ教徒が伝えるイエスは魔術師だったとは、なんなのか?

第5章 中世・キリスト教全盛期におけるイエスの謎
 №49.そもそも正統教会は、どのようにイエスを定義づけていたのか?
  ■後に壮絶な神学論争を招いた「使徒信条」の曖昧さ
 №50.正統教義が確立するまでに、どのようなイエス像が説かれ、論争されたのか?
  ■信仰と理知との妥協的融和の産物が現行のイエス像
  ■どうあっても唯一神教を冒すイエス像
 №51.なぜ、「神の母マリア」信仰を擁護するためイエスのイメージは曖昧にされたのか?
 №53.3世紀に勃興したマニ教の説く〝光の子の解放者イエス〟とは、なんなのか?
 №56.プラトンはイエス以前のキリスト教徒で、十字架刑を予言したとは、なんなのか?
 №58.なぜ、正統教会によってイエスは宇宙の帝王、創造主にまで高められたのか?
 №59.なぜ、イエスはホームレス的放浪生活を送る修道士だったと低められたのか?
 №61.絵画に登場するイエス
  d.「宇宙の支配者イエス」
 №62.古代末期に登場した新たなイエスのイメージ
  f.苦しみに引き裂かれる十字架上のイエス
  g.神を抱くマリア信仰の表徴、聖母子像

第6章 近世~近代・揺れるキリスト教の時代におけるイエスの謎
 №63.なぜ、宗教改革家ルターはイエスを姦淫を犯した並みの男と説いたのか?
 №65.なぜ、啓蒙思想家ヴォルテールは、神聖を剥奪した卑小なイエスを説いたのか?
 №66.奇蹟や復活は錯覚か幻だったとする近代理性主義者の合理的解釈とは、なんなのか?
 №67.なぜ、近代理性主義はイエスから奇蹟神話を除去し、存在まで抹殺したのか?
 №69.なぜ、ロマン派の詩的・芸術的感性はイエスの息を吹き返させ得たのか?
 №72.なぜ、哲学者ニーチェはイエスは〝自由な精神の持ち主だった〟と唱えたのか?
 №73.文豪ドストエフスキーが作中で描いた大審問官とイエスの対決とは、なんなのか?
 №74.なぜ、文豪トルストイはイエスを〝無暴力主義的解放者だった〟と唱えたのか?

第7章 20世紀・キリスト教衰退の時代におけるイエスの謎
 №76.シュバイツァーが説いた神に降臨を強いるために自らを犠牲にしたとは、なんなのか?
 №82.なぜ、小説家カミュはイエスは「憂愁の無神論者」だったと説いたのか?
 №83.なぜ、哲学者ヤスパースはイエスの公生活は古代最大の実存主義劇だったと説いたのか?
 №85.イエスはリビドーの浄化を教えた最大の精神科医だったとは、どういう意味なのか?
 №86.本当に、エッセネ派や「死海写本」の研究者が説く〝義の教師〟だったのか?
 №88.代表的な武力革命家説が説くように、イエスは独立革命闘争のリーダーだったのか?
 №90.日本の武力革命家説が説く如く担ぎあげられ乗ってしまったメシアだったのか?
 №91.本当に、福音書の伝承は仏典のブッダ伝承を基にしたイミテーション?

第8章 現代・キリスト教の存在意義が問われる時代におけるイエスの謎
 №92.なぜ、ヒッピー文化の論者は地下解放運動の凶悪なるリーダーだったと唱えたのか?
 №95.なぜ、イエスは物乞いにしてさまよう犬儒派哲学者であらねばならなかったのか?
 №96.復元された犬儒派の賢者イエスの教えとは、どのような内容なのか?
 №97.なぜ、小説家遠藤周作は「何もできない無力な永遠の同伴者」だったと唱えたのか?
 №98.20世紀絵画の中で表現されるイエス

※ 本作は、『古今の資料が証すイエス・キリストの謎と正体 ミニ百科』の簡略ベーシック姉妹版です

【著者略歴】1957年、埼玉県熊谷市生まれ。早稲田大学卒。著書は『封印されたマリアのキリスト教』『解読された聖書とイエスの謎』ほか多数

【聖書探求シリーズ『古今の資料が証すイエス・キリストの謎と正体ミニ百科』『最新の学術成果だけが証すアーク(聖櫃)とモーセの真実』も好評発売中】
  ◇ Amazon内にて「聖書探求」で検索を


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 868 KB
  • 紙の本の長さ: 238 ページ
  • 出版社: 鳩山堂 (2017/5/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B071JCJNGQ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 51,056位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年9月11日
形式: Kindle版
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
click to open popover