この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アート・テイタム~ベン・ウェブスター・クァルテット+3 Limited Edition

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 667より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の アート・テイタム ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2005/9/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 57 分
  • ASIN: B000AMZ0YO
  • JAN: 4988002491766
  • その他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 571,074位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 風と共に去りぬ
  2. オール・ザ・シングス・ユー・アー
  3. ジョーンズ嬢に会ったかい?
  4. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
  5. ナイト・アンド・デイ
  6. マイ・アイデアル
  7. ホエア・オア・ホエン
  8. 風と共に去りぬ (別テイク1) (CDボーナス・トラック)
  9. 風と共に去りぬ (別テイク2) (CDボーナス・トラック)
  10. ジョーンズ嬢に会ったかい? (別テイク) (CDボーナス・トラック)

商品の説明

メディア掲載レビューほか

期間限定プライスでお届けする、ビクターJAZZ名盤シリーズ`BEST VALUE 1500`。本作は、アート・テイタムの1956年録音盤。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ヒデボン VINE メンバー 投稿日 2008/7/30
形式: CD
 今でも時々ドキドキしながら聞き惚れる名盤中の名盤。
ベンのテナーに、絡みつくような粘りつくようなアートのピアノがしつこすぎると思いきや、パッと離れるいやらしさがたまらない。

 このCDにはCD版登場以来のオリジナルから紙ジャケやらハイブリッコ版やらいろんなヴァージョンがあって巷の音楽世間は右往左往、"あっちこっち丁稚"しているようだが、どれをとってもそこそこの好録音盤になっているのは、オリジナル・マスターがそれなりに好状態だからだろう。

 この世界で最初に「紙ジャケCD」なるものを発売した日本ビクターも松下傘下から外れ、ほっと一息、今後どうなることやらこっちのほうも右往左往、効果てきめんなこのCDでももう一度聴いて新規巻き直しの大芝居でも打ち上げますか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Mid-century pop”MCP” トップ500レビュアー 投稿日 2013/3/30
形式: CD
♪もしも君が、ほんとにこのレビューを読みたいんならだな―いや失敬! ついさっきまで、『ライ麦畑』を読み返してたんで、しゃべり口調が移っちゃったらしいや。

♪なかでペンシーを辞めたホールデンが、ニューヨーク滞在中に、グリニッチ・ヴィレッジの「アーニーの店」っ
てナイト・クラブに出掛けるくだりがあってさ。そのアーニーは彼によれば、”ピアノを弾く、大きな太った黒人”で、”すごく気どって”るんだけどその”ピアノはほんもの”―”実際、やぼだと言いたいくらいうまい”らしくてね。

♪なんでぼくがこんな話をしたかというとだな、たぶんサリンジャーの頭の中には、少なからずテイタムの顔やなんかが浮かんでたんじゃないかと思うからなんだ。

♪もちろんアーニーは架空の人物で、テイタムがモデルじゃないことくらいはわかってる。だけど、”高音を弾くときに、自慢たらしく漣みたいな馬鹿な音を入れたり”とか、まるでテイタムの至芸を斜(ハス)から見てるみたいな、そんな描写を読むと、そう思わずにはいられないんだな。それでもホールデンは、彼の演奏を聞くのは好きだけど―って言ってはいるけどさ。

♪サリンジャーはしかし、このアルバムを聴いたことがあったのかな?たしかにテイタムは、ここでも”弾きすぎ”だけど、華やかな気品こそあれ、ホール
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
米国のピアニスト、アート・テイタムとサックス奏者ベン・ウェブスターの共演盤です。これが遺作とは思えないくらい、よどみの無いテクニックで豪華絢爛なプレイを繰り広げるテイタムと、息漏れ音をさせながら只々メロディーを歌い上げるウェブスターのコントラストが、極上のリラックス・タイムを与えてくれます。また、大スタンダードばかりを集めた選曲も最高です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
JAZZ喫茶にでも 居るような 何時間でもいたい気分になる

そんな「聞いていて飽きの来ないCD」です。

ピアノ好きな方は是非!!!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告