通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 ken 5589
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に多少線キズ、多少汚れがあると思います、中身は特に書き込みなども無く問題はありませんでした。中古本ということで、多少の見落としはご了承ください、ビニールで防水対策をし、アマゾンにて発送いたします 送料は無料です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE) 大型本 – 2009/2/18

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 939

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)
  • +
  • アジャイルサムライ−達人開発者への道−
  • +
  • アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~
総額: ¥10,152
ポイントの合計: 264pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アジャイル開発は人のなせる技。アジャイル開発を極めるためには、その時々で無数の可能性を評価して最善の方策を選択することを学ぶ必要があります。本書は、あなたがアジャイル開発の「道」を極める手助けとなります。

本書では、アジャイル開発の実践方法の1つであるXPを中心に解説します。XPの概要と導入について解説し、XPによるアジャイル開発をチームに導入することを目指します。さらにXPのプラクティスについて詳述。なぜうまくいくのか、うまくいかないのか、繰り返し実践することでXPが身につき、XPの指針を深く理解できることでしょう。最後に、さらなるアジャイルの理解へのアドバイスを示すことで、実践を超えたところにある価値と原則を深く理解することを目指します。

アジャイル開発のすべてをまとめた本書は、プログラマはもちろん、テスター、プロジェクトマネージャ、アーキテクト、ビジネスアナリスト、インタラクションデザイナ、顧客などアジャイルに関心のあるすべての人におくる一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

アジャイル開発は人のなせる技である。アジャイル開発を極めるためには、その時々で無数の可能性を評価して最善の方策を選択することを学ぶ必要がある。本書は、あなたがアジャイル開発の「道」を極める手助けをしたい。本書では、アジャイル開発の実践方法の1つであるXPを中心に解説する。XPの概要と導入について解説し、XPによるアジャイル開発をチームに導入することを目指す。さらにXPのプラクティスについて詳述する。なぜうまくいくのか、うまくいかないのか、繰り返し実践することでXPが身につき、XPの指針を深く理解できるだろう。最後に、さらなるアジャイルの理解へのアドバイスを示すことで、実践を超えたところにある価値と原則を深く理解することを目指す。アジャイル開発のすべてをまとめた本書は、プログラマはもちろん、テスター、プロジェクトマネージャ、アーキテクト、ビジネスアナリスト、インタラクションデザイナ、顧客などアジャイルに関心のあるすべての人におくる一冊である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 464ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2009/2/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873113954
  • ISBN-13: 978-4873113951
  • 発売日: 2009/2/18
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 199,814位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
アジャイルなやり方に興味がある人、すべてに、おすすめの一冊です。

アジャイル開発を実践する31の方法を
・考えること
・協力すること
・リリースすること
・計画すること
・開発すること
の5つのカテゴリ別に説明しています。

「何人くらいだと、こう」「長くても15分」「こう言われたら」など、具体的な説明が豊富なので、とても参考になります。

アジャイルやXPというと、プログラミングが強調されがちです。この本は「リリース」や「計画」も具体的に説明している点がすばらしい。

どの方法も「陥りやすい点の注意」と「実施に障害がある場合の代替案」が示されています。実際に、現場で起きがちな状況への良いアドバイスですね。

読んでみて印象に残ったのは、
・とにかくコミュニケーションすること
・みんなで同じ言葉を使うこと( ユビキタス言語 )
の2点です。
アジャイルのやり方とは、この2点に集約されるのかな、というのが私の個人的な感想です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
アジャイル開発に関する非常に詳細な説明が載っている本です。
読むのには多少時間がかかりますが、そのぶん巷のアジャイル解説本よりも実際に何をすべきか、何をすべきでないかを深く理解することができます。
逆に「とりあえずアジャイル開発ってどんなものか知っておきたい」という程度の方にはボリュームがありすぎて向いていないかもしれません。

アジャイル開発の思想や目的はシンプルなので比較的簡単に理解しやすいものですが、実際に適用しようと思うと「あれ?こういうときにはどうするの?」とか「自分の組織はこういうことをやるのには向いてないんだけど」といった問題に遭遇しがちなのではないでしょうか?
この本ではそういう世間でよくありがちな疑問やトラブルとその解決策が数多く紹介されているので、これからアジャイル開発を導入してみたいという方にはうってつけだと思います。

私もこれまでアジャイル関連の本を読みながら「言いたいことはわかるけど、実際にやってみるのは大変じゃない?」と思うことがよくありました。
この本は思想だけでなく、さらに一歩踏み込んで実践を重視して解説してくれているので非常に実用的な一冊になっています。

残念ながら私はまだ本格的なアジャイル開発を実践したことはありませんが、早くこの本の内容を参考にして実践してみたいと思いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
本書を最初に手に取ったときの感想は「XPもずいぶんデカくなったもんだな!」。自分の中のXPのイメージと言えば、シンプルな12のプラクティスだけをMAXにして、登場人物はプログラマとオンサイト顧客のみという軽量の極みだ。初期のXPが持っていた刺激的な謳い文句に誘われて、試しに導入してみた人は少なくなかったと思うけど、おそらくほとんどは失敗しただろう。

そうして失敗した事例の噂を見聞きして、「やっぱアジャイルだめじゃん」と結論付けた人も多かったと思う。隠れた本質について知ることなく失敗のレッテルを貼ってしまった人たちが。本書には、その誤解を解くだけの情報がたっぷりつまっている。

なにより、プラクティスが増えて、登場人物も専門職を含めてバリエーションを増している。実際の現場で、たった12のプラクティスと2種類の登場人物だけでコトが進むわけがないので、すごく現実に歩み寄ったという印象。導入初期にはとても生産性が落ちることをちゃんと白状し、困ったときに相談できるメンターを用意するようにというアドバイスもある。奇麗ごとばかりを並べていないのはいいことだ。

さらに、「計画」についてかなりの紙数を割いている。XPといえばペアプログラミングやTDDばかりが取りざたされがちで、目にする機会も多い。しかし本当にXPをやってる人たちによれば
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告