ポイント: 28pt  (2%)  詳細はこちら
無料配送: 9月25日 土曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日9月 24日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
アートがわかると世の中が見えてくる がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
無料配送: 9月25日 土曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
9 時間 57 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバーに中程度の損傷.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

アートがわかると世の中が見えてくる 単行本(ソフトカバー) – 2021/1/28

5つ星のうち4.2 34個の評価

価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2021/1/28
¥1,540
¥1,540 ¥995

よく一緒に購入されている商品

  • アートがわかると世の中が見えてくる
  • +
  • 東京藝大で教わる西洋美術の見かた (基礎から身につく「大人の教養」)
  • +
  • ただいま収蔵品整理中!: 学芸員さんの細かすぎる日常
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

著者について

滋賀県甲賀市出身。京都女子大学家政学部生活造形学科准教授。専門は工芸文化史・文化情報学。ロンドン大学SOAS大学院博士課程修了(PhD in History of Art)。2008年より立命館大学で海外の美術館・博物館に所蔵されている日本工芸品のデジタル化に従事。2015年から現職。日本の文化芸術に関わる講演、執筆、展覧会監修など幅広く活躍している

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ IBCパブリッシング (2021/1/28)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2021/1/28
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 207ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4794606494
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4794606495
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 34個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
34 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年2月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年5月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年6月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2021年7月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年4月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年3月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年3月21日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち3.0 「I LOVE CHINA」な一冊
ユーザー名: Reonpapa、日付: 2021年3月21日
大中華小日本思想的独自の視点で主張されたような感じがしました。筆者は工芸の専門家であるが、歴史等の専門家ではないため、独自の世界が展開され、飽きない内容であった。
 まず筆者が「日本がロシア戦争以前まで世界に相手にされず、知られない小国」旨の主張は、魏志倭人伝や東方見聞録、宣教師達が本国に送った日本の情報等の歴史的事実から、内容に無理があった。
 次に元寇の記載では、日本が勝利したことは喜ばしいはずなのに、よほど悔しかったのか、負け惜しみの主張が多く、元がモンゴル帝国の一部の国に変わってしまった。当時の中国や朝鮮は何をしていたのだろうか?当時の文献は双方に多く残されており、すぐに調べればわかるはずだが…
 また、今回の目玉である「日本の多くの文化は約150年前に福沢諭吉による中国の劣化コピー」等の主張も、間違いではないと思うが、日本がダメな国であることを必死に主張しているように感じた。筆者は現在の中国がちっぽけな日本に憧れ、日本の文化や技術を模倣し、移住していることについてどのように感じているのだろうか。
 最後に目次に記載されている日本は「We loved China」との主張は、当時チャイナは存在していないのでありえない。民族も文化も異なる「明 Ming」「清 Qing」なら理解できる。(もしくは筆者が「I love China」なら容易に理解できる。)
 ちっぽけな日本の文化ではなく、中華人民共和国の文化大革命や朝鮮のアートについての次回作を期待したい。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年5月5日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告