この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アーサー王物語〈1〉 単行本 – 2004/11

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 10,000
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

魔剣エクスカリバー、円卓の騎士、魔術師マーリン、騎士ラーンスロットの冒険、トリストラムとイソルテの悲恋、聖杯探求…。あらゆる英雄譚、恋愛譚、奇蹟譚の伝承が詰まったファンタジーの宝庫―「アーサー王伝説」。本シリーズは、1485年刊行の原典・キャクストン版を、全訳し紹介する、本邦初の完訳版。「1」は、原書全21巻のうち1巻から6巻までを収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

井村/君江
栃木県に生まれる。東京大学大学院人文科比較文学文化専門課程博士課程修了。青山学院女子短期大学講師、早稲田大学講師、宇都宮大学講師、鶴見大学教授、明星大学教授などを歴任。イギリス・フォークロア学会終身会員/国際アーサー王学会会員/フェアリー協会会長/福島県金山町妖精美術館名誉館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 401ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480831975
  • ISBN-13: 978-4480831972
  • 発売日: 2004/11
  • 梱包サイズ: 21.4 x 14.6 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 635,091位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 ロード・オブ・ザ・リングやハリー・ポッターの上映によってファンタジ
ーブームが起こり、アーサー王の本においても小さなブームが起きました。
 そのおかげで続々とアーサー本が発売されましたが、最近は下火になった
ように感じます。
 この本はアーサー王の話にマッチするビアズリーによる挿絵と、
503章にも及ぶトマス・マロリーがまとめたアーサー王の話。様々な人物が
編んだ物語(散文)を、一貫したストーリーにまとめたものです。
日本語で通して全部読めるのは、このシリーズのみとなっています。
 日本語で読みやすく、資料としても貴重なものだと思います。 
最終巻である5巻まで揃えると、1865ページもの膨大な量を読むことに
なりますが、はまると読み終えるのがもったいなく感じるのですから
不思議なものです。剣と鞘を装備すると、ほとんど不死身に近い能力を得る
ことができる有名な「エクスカリバー」はアーサー王の持ち物。もちろん本書
に登場します。

■アーサー王自身に関する話の概要・・・イングランド全土を治めた大王ウーゼルが美しいと評判の女性イグレインを招くため、
その夫と共に呼び寄せる。マーリンの助けを得て、貞淑なイグレインと床を共にし夫を
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
買って大正解 ! 兎に角 挿絵が素晴らしい。星一つ減らしたのは2〜5巻が見つからない(._.)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
海外にいたとき、この本を買って大切に持ってましたが、引越しの事情でどこかに紛失し、以来気に懸っていました。
 日本でビアズレー板「アーサー王の死」が観れるとは思ってもみませんでした。
それなりの文献は在りましたが版権が切れているにも関らず(ビアズレーの絵が退廃的なのか毒を持っているせいなのか正直他の絵師では勤まりません)、詰まらない絵師を採用する日本の出版会社にはがっかりしてました。
 ビアズレーの退廃的美を堪能するする一つの手助けでもあり、マロリーを知る機会でもあり、古典を知る機会でもあり、なんとなればジョン・ブアマンの「エクスカリバー」のイメージの源を知るチャンスでもあると思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書はアーサー王物語(アーサーの死)に関する最もポピュラーな書と言えるキャクストン版の全訳です。意外にもキャクストン版はこれまではかろうじて手に入るもので筑摩書房の「中世文学全集**」位なもので、こちらはバリン・ル・サヴァージュの巻やトリストラム卿、聖杯探索の部分の巻などが省略されており完全版とは言い難いものでした。当然の成りゆきとして「アーサーの死」を通しで読むには他の書物-ブルフィンチ、ラニア、アイク、牽いてはサトクリフなど-を継ぎはぎの様にむさぼり読むより他無かったのです。それゆえこの「アーサー王物語」には不動の価値が有ります。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告