ア・マルティテュード・オブ・エンゼルズ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ア・マルティテュード・オブ・エンゼルズ

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,860
価格: ¥ 4,005 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 855 (18%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 4,005より 中古品の出品:3¥ 4,140より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ア・マルティテュード・オブ・エンゼルズ
  • +
  • SOLO PERFORMANCE, NEW
  • +
  • Creation
総額: ¥7,727
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2016/11/16)
  • ディスク枚数: 4
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック
  • 収録時間: 297 分
  • ASIN: B01I5BU9ME
  • JAN: 4988031171615
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 85,700位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. パートI
  2. パートII
  3. ダニー・ボーイ

ディスク:2

  1. パートI
  2. パートII
  3. アンコール

ディスク:3

  1. パートI
  2. パートII

ディスク:4

  1. パートI
  2. パートII
  3. アンコール
  4. 虹の彼方に

商品の説明

メディア掲載レビューほか

過去に一切リリースなし!貴重な伝説となるライヴをついにリリース。慢性疲労症候群での休養前最後のソロ・パフォーマンスを収録した作品!1996年、日本そしてアメリカでの“スタンダーズ”トリオの公演を終え、10月にイタリアで行ったソロ・パフォーマンスを収録した作品。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

1996年10月、Keith Jarrett (1945年~)は、イタリア各地でソロ・ピアノによるコンサートを敢行しました。CD4枚組という圧倒的なボリュームで我々のもとに届けられた「A Multitude Of Angels」は、そのツアーの音源が収められた、歴史的と言っていい作品。
Keithは、1971年11月10日にオスロのスタジオで、最初のソロ「Facing You」を録音して以来、多くのソロ作品をECMからリリースしてきました。
レコード3枚組のボックス・セット「Solo Concerts Bremen/Lausanne」(1973年3月20日、7月12日録音)は、多くの音楽ファンを驚かせましたが、続いて発表されたレコード2枚組の「The Koln Concert」(1975年1月24日録音)は大ヒットを記録。1曲目冒頭の天にも昇るような崇高なフレーズが、いまだに耳から離れない方も多いと思います。
そして、1976年11月5日~18日に日本各地で行ったライブを、何とレコードにして10枚組のボックス・セットにまとめた「Sun Bear Concerts」を1978年にリリース。
以降、今日まで、ソロ・ピアノは、スタンダーズ・トリオと並ぶKeithならではの表現形式となっています。
さて、この当時のKeithは、1995年
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
2016年はサンベア・コンサート録音40周年...ということで、なんとはなくデラックス・エディションに期待していたのですが、代わりに、初登場となるイタリア4公演が届けられました。
当初は5枚組と伝えれていた本作。
実は、初日、21日のナポリ公演が海賊版で出ていたので、それとのバッティング?を避けたためか、と邪推していましたが、音源を改めて調べたら、ナポリ公演は20分台のインプロ3曲にアンコールが4曲で95分のヴォリューム。もしノーカットで収録するとしたら6枚組が必要だった訳で、つまりは、その日のキース自身による録音は存在しないかなんらかのトラブルがあり満足した状態で残っていなかったという事でしょう。あるいは、単純に演奏に満足できなかったのか...
いずれにしろ、解説者による「サンベアのようにアンコールのみで1枚作るのを避けた」という推理の方が的を得ているのでせう。
言われるまでピンと来ませんでしたが、いわゆるブンブン病(ミツバチ病?)でしたっけ、あれから復帰後は、確かに、ソロ・コンサートでの曲の長さが短くなっていますね、健著に。
改めて海賊盤音源をチェックしてみましたが、2008年の横浜公演で例外的に40分近い演奏を残しているのを除けば、長くても20分程度が最長ですね。
人生と同じで、長けりゃいいってもんでもないし、ある意
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
キースの新譜、昨日アマゾンから届きました。まだ病気になる前のソロコンサート、4枚組。Modena,Ferrara,Torino,Genova での昔のスタイルのソロコンサート、30〜40分の演奏を2曲とアンコールのスダンダードの構成。
「The Melody At Night, with you」での復帰前の音源です。
体力の問題で、短めな演奏のソロコンサートが最近の定番でしたが、力強い演奏です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告