ア・ブローイング・セッション 1 がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ア・ブローイング・セッション+1 Original recording remastered

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,749
価格: ¥ 1,591 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 158 (9%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,384より 中古品の出品:15¥ 199より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ジョニー・グリフィン ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2007/8/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 49 分
  • ASIN: B000PGTEC4
  • EAN: 4988006854116
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 190,097位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ジャズってのは、お洒落で大人しい音楽だと思ってる方に、一発ガツンとかます。そんな作品だ。むろんこれよりハードなジャズもアヴァンギャルドなジャズもいくらでもある。しかし、これほど「分かりやすいテンションの高さ」と「黒々としたノリ」を兼ね備えた作品も少なかろう。ヨーロッパ系やフリージャズの作品のほうがやかましいが、ノリに欠ける。本作に参加しているコルトレーンの後年の完成されたシーツ・オブ・サウンドも、作品によっては息苦しくなるときもある。しかし、本作、とにかく分かりやすくてテンションが高いということでは、ちょっと匹敵する作品を思いつかない。まあ、「The Eminent Jay Jay Johnson」と本作くらいか。実のところ、最初に聴いた時は、ちょっと元気が無かったのか、「疲れる!」と思ったほどなのだが、そこが好き嫌い分かれるだろうが、最大の魅力だ。とにかく豊かな音量でグリフィンが吹きまくり、コルトレーン、モーガン、モブレーも負けじと頑張る頑張る。正直なとこ、あまりにも吹きすぎて、曲がどうとか、どの曲がとかいう印象がなくなるほどなのだが、それをカバーするのが実は、リズム隊、ハード・バップを代表するような、ケリー、チェンバース、ブレイキーの面々の細かいリズムの変化の付け方と小技、合いの手の入れ方。実のところ、近年の頭でっかちというか深遠で理知的で大人しい音質のジャズも悪くはないが、そのあと本作を聴くと、問答無用にスカッとするのは間違いなし。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
リトルジャイアンツの異名を持つジョニー・グリフィンがマイルスのテナーマンとして活躍したジョン・コルトレーンとハンク・モブレーという名手と競演した迫力盤。リズムセクションもウイントン・ケリー、ポール・チェンバースというこれまたマイルスバンドに欠かせない面々。さらにアート・ブレイキーがドラムスとくればこれはオールスターメンバーである。しかも新人として飛ぶ鳥を落とす勢いのリー・モーガンのトランペットが絡む。57年の演奏だが、この時期としてはコルトレーンが化けかかった頃で、同じくモンクとの共演によってコルトレーン同様進化を遂げたグリインが競り合っている。フィンガーワークと自在なアドリブに勝るグリフィンがやや優勢勝ちというところか。モブレーは中量級なので音量でやや劣る印象。いずれにしても異なったタイプのテナーを聴く事が出来る点で貴重なセッションである。今宵の君は、ボール・ベアリングと激しいブロー合戦が続くが、オール・ザ・シングス・ユー・アーではグリフィンの歌心が十分聞かれる。コルトレーンはシーツ・オブ・サウンズで応戦しているが、まだ完成途上で、カインド・オブ・ブルーやジャイアントステップスの演奏には及ばない。ベルベット・トーンのモブレーもかなり善戦している。 
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
世上名盤の声が 高い一枚であるが、駄盤と考える。

まず、企画が失敗している。

タイプの異なる三人のテナーを聞かせるというのなら、選曲他、もっと演出のしようが有った筈である。

聞いてみれば分かるが、コルトレーン、モブレーは本来の魅力を発揮した演奏ではない。

このセッションに、コルトレーンとモブレーが加わる意義が感じられないのである。

あえて言えば、リー・モーガンとグリフィンの二管フロントにするべきだろう。

グリフィンの演奏が悪くないだけに惜しまれる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ばりばりブリブリ吹きまくるグリフィン、後にシーツ・オブ・サウンドを完成させることになるコルトレーン、ミドル級チャンピオンと評されたモブレーと、3人のテナーマンが揃ったセッション。
まぁ、グリフィンが他の2人を自分の土俵に引っ張り上げちゃった感じで、それだけに、グリフィンに分があってズルいけど(笑)、まさに「競い合うタイプのセッション」がカッコいい。

ミドル級モブレーは、超ヘビー級の2人に挟まれて苦戦気味。とは言え、やっぱりマイルスコンボと言う化け物ヘビー級に入って同じ失敗してるワケだから、ノコノコ顔出すモブレーも悪い(笑)。でも、モブレーとしちゃ悪くないプレイだと思う。

3人もテナーマンが居るから忘れられがちだが、リー・モーガンも絶好調。3人に負けず劣らず気合い入ってるゼ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ファイブスポット VINE メンバー 投稿日 2004/2/21
形式: CD
いわゆる名盤です。ジャズ評論家も高く評価します。でも、そんなことはどうでもいいのです。ジョニー・グリフィン、もちろん黒人です。そしてかなり、「濃い」プレイです。では、メンバーを見て見ましょう。リー・モーガン(トランペット)、ハンク・モブレー、ジョン・コルトレーン、そしてジョニー・グリフィン(テナー・サックス)、ウイントン・ケリー(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)、アート・ブレイキー(ドラム)こんなメンバー、もう二度と集められないでしょう。3曲目の「オール・ザ・シングス・ユー・アー」聴いてください。生きていてよかった。ジャズを聴いてよかった。(松本敏之)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック