通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アンマーとぼくら がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アンマーとぼくら 単行本 – 2016/7/20

5つ星のうち 3.7 32件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/7/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,619 ¥ 127

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アンマーとぼくら
  • +
  • 倒れるときは前のめり
  • +
  • 明日の子供たち
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。かりゆし58の名曲「アンマ―」に着想を得た、書き下ろし感動長編。

著者について

有川 浩
高知県生まれ。2004年10月、第10回電撃小説大賞<大賞>を『塩の街』で受賞しデビュー。同作と『空の中』『海の底』を含めた「自衛隊三部作」、アニメ化・映画化された「図書館戦争」シリーズをはじめ、『阪急電車』『植物図鑑』『三匹のおっさん』『ヒア・カムズ・ザサン』『空飛ぶ広報室』『旅猫リポート』『県庁おもてなし課』『明日の子供たち』『だれもが知ってる小さな国』など著作多数。


登録情報

  • 単行本: 306ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062201542
  • ISBN-13: 978-4062201544
  • 発売日: 2016/7/20
  • 梱包サイズ: 19.5 x 13.7 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,267位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
少しだけ読もうか・・いや、止まらなかった。
ノンストップで最後まで引き込まれました。
感動しました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
主人公の子供時代の話で、義母と父との思い出が挿入されつつ「いま」の義母とのやり取りが続くのですが、
よくある話を少し違う視点から描いただけで、うーーん、いまいち。
と言いつつも泣かせるのが有川浩
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ゆったりまったりした話だった。
ふと思いだして、また読もうとは思わない。
主人公の父親は、小説の人物だからなんとなく愛嬌が感じられるけど、
リアルに自分の父親だったら、結婚に抵抗を覚えるような人間。
主人公が息子だったから成り立った話という感じ。
娘だったら、私だったら、とっとと見限る。
読みながら、脳内で父親を罵倒してた。
有川さんの作品でないなら、星三つ。やはり再読しない。
有川さんのだから、肩すかしだった。
主人公が記憶が曖昧らしい描写も、理由がわかれば
たいした問題じゃないし。
父やおかあさんとのエピソードがおもしろかったから、
一気に読めたけど、
そこが有川さんのうまさかなと思うけど、
また読みたいとは思えないほど、残るものがなかった。
ハートウォーミングな話は旅猫で充分です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
父親にイライラして、父親が亡くなった時、胸のすくおもいがしました。自業自得だと。その位、ひどい父親だと感じました。父親ではなく、ただ、子供を作っただけの自由人。。
そこで、どうしても、後から、こんな物を残していたとか、本当に愛していたとか、出てきても腑に落ちないし、あまりにも、身勝手すぎて。あと、現実が変わったのか、単に寝ぼけてるだけで、元々からそうだったのか、など、構成がわかりにくいと感じました。
有川作品は、大多数に理解されなくてもいいから、と、これでもかと主張してくるその勢いに圧倒される事が多かったのですが、なんだか、パズルのピースが散らばってるだけで、上手くはまってないように感じました。高知が舞台の時には、方言や県民性をこれでもかとぶち込んでくるのに、沖縄は、土地を紹介してるだけで、アンマーについては、、ただの義母。良い人。のような感じで…。

かりゆしのアンマーの歌詞の方がよほど…。文字数でいったら少ないでしょうが、、。具体的に伝わるものがあったと思います。子育てというのは、本当に、子供の一言、親の一言で、お互いに振り回されたり救われたりの連続で、、。
そのぶつかり合いを、諦めて、避けて、きた主人公は、、最後にも、ただ、感傷的であって、、
私は共感できず、泣く事もなく、途中からはただただ文面を追っていて、何だか苦痛でした。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
有川浩さんの文体は軽い。小説を読みなれている人にとっては軽すぎます。
けど、「図書館戦争シリーズ」や自衛隊を描いた作品たちは、
その重たい舞台設定と軽い文章・甘い恋愛描写が妙にマッチして、なんともいえない科学反応を起こしていました。
それが有川浩さんの魅力です。
しかし、今作は「読者を泣かせてやりましょう感」が気になります。
中学生が読書感想文を書くには最適な本かもしれないけど、それなりの読書体験のある大人はこれで泣けるほど単純じゃありません。

「血のつながりがなくても家族は家族」ってのがテーマなんだろうけど、
私にはどうも父親のいい年して子供すぎるとこと軽薄さが気になってしまって・・・(^_^;)
気持ちがまっすぐないい女ほどこういう幼稚な男を「いつまでも少年のような人」なんてとらえてコロッといっちゃうんですよねー。
あーあ。

私がもともと沖縄という地にそれほど魅力を感じてないからそう感じるのかもしれないけど、
沖縄の観光地の名称がやたらと出てきて、観光本っぽく思えるのも気にかかります。
有川浩さんの作品ということで、期待が大きかっただけに残念度も高かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
有川浩さんの本には感情が揺さぶられることが多いのですが
この本はいまいち自分には合わなかったです
沖縄の描写は良かったのですが
家族の話がなんだかんだすんなり行き過ぎている感じが共感できなかったです
珍しく次回に期待したいなと思った1冊です
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す