この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アンブロークン 不屈の男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

5つ星のうち 3.2 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 2,276より 中古品の出品:4¥ 1,835より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルブルーレイ】 - ブルーレイ2枚 3090円などのセール情報や、初ブルーレイ化作品・新作など、NBCユニバーサルのブルーレイ情報はこちら

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・オコンネル, MIYAVI, ドーナル・グリーソン, ギャレット・ヘドランド, フィン・ウィットロック
  • 監督: アンジェリーナ・ジョリー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 発売日 2016/08/24
  • 時間: 137 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01H18S42O
  • JAN: 4988102431693
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 58,094位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

この精神(こころ)は、絶対に折れない。

アンジェリーナ・ジョリー監督が描く、
戦場を生き抜いた一人のオリンピック選手の感動の実話!


(1)第87回 アカデミー賞撮影賞、録音賞、音響編集賞ノミネート

ジャック・オコンネルは、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞ブレイクスルー演技賞、
シカゴ映画批評家協会賞有望俳優賞など新人賞を多数受賞。
その他、AFIアワード ムービー・オブ・ザ・イヤー、全米映画俳優組合賞スタント・アンサンブル賞など数多くの賞を受賞した。


(2) アンジェリーナ・ジョリー監督作品。
コーエン兄弟(脚本)×ロジャー・ディーンス(撮影)ら超一流スタッフが結集。

「ルイの生涯を知り、どうしても映画化したいと思った」…並々ならぬ情熱で挑んだアンジェリーナ・ジョリー。
そして、超一流スタッフが彼女の元に集まった。
ジョエル&イーサン・コーエンが脚本を担当し、撮影は、コーエン兄弟作品の常連でもあり
『ショーシャンクの空に』『007 スカイフォール』などを代表作に持つ
ロジャー・ディーキンス、音楽は、『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞作曲賞を受賞したアレクサンドル・デスプラが担当した。


(3)ミュージシャンMIYAVIのハリウッドデビュー作。
主演ジャック・オコンネル、ドーナル・グリーソンら注目の新鋭キャスト。

ジャック・オコンネルは、本作で注目され、ジョディ・フォスター監督作『マネーモンスター』に抜擢、
GQメン・オブ・ザ・イヤー2015にも選ばれた。
ルイと共に47日間の漂流を生き延びたフィル役に、『アバウト・タイム~』のドーナル・グリーソン。
その他、ギャレット・ヘドランド、フィン・ウィットロックら若手注目株が揃った。
そして渡辺を演じたのがミュージシャンのMIYAVI。本作が映画初出演の彼は、
アンジェリーナ・ジョリーの熱烈なオファーに見事応える迫真の演技を見せた。


(4)オリンピック・アスリート、ルイ・ザンペリーニの人生を映画化
実話の映画で味わう深い感動と戦争映画の新たな話題作

ルイ・ザンペリーニは、19歳で出場したベルリン・オリンピックで8位となり、
4年後の東京オリンピックで金メダルを取る夢を持ちながら陸軍入隊で出場を断念、
彼が初めて訪れることになった東京は、戦争捕虜収容所だった。
しかし、終戦を経て、1998年長野オリンピックの聖火ランナーとして再び日本へ。
日本人の声援を受けながら、「日本で走る」という夢を叶えたのである。

【ストーリー】
イタリア系移民として苛められた少年時代に、陸上競技の才能を兄に見出されたルイ・ザンペリーニ。
19歳で1936年ベルリン・オリンピックに出場し、5000mで8位となり4年後の東京オリンピックで金メダルを取る夢を持つ。
しかしその後米軍爆撃手として第二次世界大戦に従軍。
B-24で飛行中南太平洋に不時着し、日本軍にとらわれ収容所へ。
待ち受けていたのは、精神的肉体的に秀でたルイに執着する渡辺伍長との出会いだった。
戦争という極限状態の中、「苦しみは一瞬、栄光は一生続く」という兄からの言葉と共に選手時代の自分へと思いを馳せる。
彼は強い精神力で、生きるために耐え続ける…。

【キャスト】
ルイ・ザンペリーニ:ジャック・オコンネル(『マネーモンスター』『名もなき塀の中の王』『ベルファスト71』)
渡辺:MIYAVI
フィル:ドーナル・グリーソン(『エクス・マキナ』『レヴェナント:蘇りし者』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』)


フィッツジェラルド:ギャレット・ヘドランド(『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』『オン・ザ・ロード』『トロイ』)
マック:フィン・ウィットロック(『マネー・ショート 華麗なる大逆転』「アメリカン・ホラー・ストーリー」)
カップ:ジェイ・コートニー(『ターミネーター:新起動/ジェニシス』『ダイバージェント』『ダイ・ハード/ラスト・デイ』「スパルタカス」)

【スタッフ】
監督・プロデューサー:アンジェリーナ・ジョリー(『最愛の大地』)
原作:ローラ・ヒレンブランド(『シービスケット』)
脚本:ジョエル&イーサン・コーエン(『ヘイル,シーザー!』『ノーカントリー』)、
リチャード・ラグラヴェネーズ(『P.S. アイラヴユー』『フィッシャー・キング』)、
ウィリアム・ニコルソン(『レ・ミゼラブル』)
撮影:ロジャー・ディーキンス(『007 スカイフォール』『ショーシャンクの空に』)
音楽:アレクサンドル・デスプラ(『リリーのすべて』『グランド・ブダペスト・ホテル』『アルゴ』)

【特典】
■未公開シーン
■作品の裏側
(1)映画化までの50年
(2)語り手の奮闘 監督アンジェリーナ・ジョリー
(3)最も過酷な世代
■ルイ・ザンペリーニの素顔
■関係者向けコンサート/ゲスト:MIYAVI
■捕虜収容所での「シンデレラ」上演
■“ゆるし"までの道

■製作:2014年 アメリカ
■Disc枚数:2
■画面サイズ:16:9 スコープ・サイズ
■収録時間:137分

(C) 2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

アンジェリーナ・ジョリー監督、コーエン兄弟脚本で戦場を生き抜いたあるオリンピック選手の人生を描いた感動の実話。ベルリンオリンピックに出場した陸上選手・ルイは、第2次大戦中に日本軍に捕らわれる。彼はそこで渡辺伍長と出会い…。

商品の説明をすべて表示する

メーカーより

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
映画館まで足伸ばし観て、マスコミ関係者が言うほど「反日」ではない、変にヒステリックになり過ぎている様にも思える。「永遠の0」の時はどの局も興行成績良いにも関わらず「話題」にしないし、「風立ちぬ」の時も、原作者のある一面取り上げ「大騒ぎ」したり、俺はもう最近、ニュースもワイドナショーも見ないようにしている。日本のマスコミは「第二次世界大戦」をどう認識しているのか疑いたくなる。ともかく「戦争」をテーマにしたものは「駄目」、8月の一時的なら「良し」おかしいよ!マスコミの人も私も少なくとも、あの戦争があって生まれて現在があると思えば、自分のルーツになることに気随て欲しい・・・・学校や文部省の責任が大きい様に思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
まず、普通につまらない作品です。不屈の男がきいて呆れます。
それも彼の才能に嫉妬する日本軍人なんかいないのに
捕虜収容所=地獄という浅さにはトホホです。
ま、アンジーは案の定、このデタラメ作品でケチョンパに批判され
苦しい言い訳をして謝罪してる有様。
日本軍をネタに感動秘話に仕上げようとしてますが、まるで感動はない。
ルイという人物に感路を受けて、彼のストーリーを美化しただけのアホ作品。
まず米国、英国兵に拷問などという事実はないし、現に実在した所長は罰せられなかった。
当時、捕虜たちがダラダラして平手うちを食らわせたりした程度が事実で
そのくせ、米兵や英国兵が日本兵の負傷兵や投降兵に火をつけて虐殺した事実は
都合悪くて隠蔽し、自国兵は正義で日本兵は悪党という白人の低脳さ全開。
日本を悪く描くことでしか喜べない低脳在日朝鮮人しか喜んでないのがその証拠で
この作品も本国では大コケして まるで評価されなかった哀れな失敗作。
それも戦メリの坂本のパクリ丸出しの日本人伍長のMIYAVIは失笑モノ。
たかが20代の若造が所長とかあり得ない(笑)
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Soup #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2016/8/20
形式: Blu-ray
陸上選手ルイス・ザンペリーニの半生を描いた作品ですが、捕虜になっても心折れずに頑張ったというだけの内容です。
日本軍の捕虜になったことは本当でしょうが、激しい虐待があったことには疑問符があります。
なぜなら本作の原作である彼の著書には「日本人は古来から人肉を食する習慣がある。」などと書かれているからです。
彼の証言である本作を「真実」というのはどうかと思います。
本作に登場する虐待する日本兵である渡邊睦裕は、戦後はB,C級戦犯として裁かれることもなく2003年まで裕福な暮らしをして他界しています。本人の生前のインタビューなどはネットを探せば動画が観られますが、当時の日本兵も上官から平手打ちをもらうことがあるので、捕虜にも当然のように行った…ということが拡大解釈されているように感じます。(白人は黄色人種に捕虜にされることを屈辱として猿の惑星を作りましたしね。)
冒頭でB-24爆撃機の編隊が護衛戦闘機なしにスターウォーズのミレニアムファルコン並にゼロ戦(多分21式)を打ち落としまくるといったシーンで始まります。
爆撃機は護衛戦闘機なしでは標的のようなものです。(宮崎駿のナウシカですね。)
ところがゼロ戦が撃ち落とされまくります。
爆撃機で出撃した主人公が海に墜落して、洋上を漂流したあげく生き残った2人が日本
...続きを読む ›
4 コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
国内で公開禁止になりかけていた本作だがよほどの反日描写があるのだろうと思い劇場に行ったが正直中韓が作る反日映画に比べたら全然まともだった
ルイと渡邊伍長は両方とも実在の人物であり戦後になって両方とも本を出したりもしている。

ただこの作品の最も残念なところは漂流シーンが長すぎる点だろうか。
日本軍に囚われの身となってからがこの映画の本番だと思うがそれまでがあまりに長すぎる。
それなりに面白い作品。原作のような人肉描写は一切ナシ
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
アンジェリーナ・ジョリーは、”UNBROKEN”という映画を製作及び監督し、歴史を歪曲し、事実をねつ造した。”UNBROKEN”は、第二次世界大戦当時の日本兵を冷酷無慈悲の悪魔のように描かれている。”UNBROKEN”の内容は、全て、でっち上げの内容です。仮に、映画の一部分に、事実の部分があったとしても、それは、ほんの小さい一部分に過ぎません。第二次世界大戦当時の日本兵が、米国兵士及び英国兵士に対して拷問を行った事実は存在しません。数年前に、”UNBROKEN”は、日本国内の映画館で上映を拒否されました。何故なら、映画の内容が明らかに嘘で、日本人の品位をドン底に陥れる内容だったからです。しかし、とても、小さい映画館2館だけが、短期間だけ上映しました。日本政府は、非常に怒っています。日本政府は、アンジェリーナ・ジョリーの日本国内の入国を禁止することを真剣に考えています。”UNBROKEN”について、日本政府は、まだ、公式には何もアクションを起こしていませんが、非公式には”UNBROKEN”を厳しく非難しています。アンジェリーナ・ジョリーは、生粋の反日派でハリウッドでも有名です。そして、今、日本国内で、アンジェリーナ・ジョリーを嫌う人が激増しています。もし、アンジェリーナ・ジョリーが日本に来たら、日本の愛国主義者達が、アンジェリーナ・ジョリーの入国を阻止する為の行動を起こす可能性があり...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー