アンフェア the movie [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,890
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Media Hunting
カートに入れる
¥ 1,890
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: SimpleLifeItem
カートに入れる
¥ 1,890
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Guts!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アンフェア the movie [DVD]

5つ星のうち 2.9 59件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 1,890 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,186 (63%)
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、激安CD DVDアウトレット専門店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でアンフェア the movieを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アンフェア the movie [DVD]
  • +
  • アンフェア the answer DVDスタンダード・エディション
  • +
  • アンフェア the end DVD スタンダード・エディション
総額: ¥7,892
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 篠原涼子
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2007/09/19
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 59件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000RZAG6G
  • JAN: 4988632501873
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 29,952位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

大ヒットTVドラマの映画化。
the movieにして最高傑作!! 雪平夏見、最後の事件!
好感度 No.1女優・篠原涼子主演、共演にTVスペシャル版から引き続き出演する江口洋介、阿部サダヲ、寺島 進のほか、椎名桔平、成宮寛貴、加藤ローサ、大杉 漣といった強力な布陣が参加。スケールアップした「アンフェア」の世界を彩っている!


復讐の連鎖に終止符を打つため、雪平の最後の闘いが今、始まる。

雪平(篠原涼子)の娘が入院している病院がテロリストに占拠された!
SAT隊にも屈しない頑強なテロリストたち。彼らの要求は「警察庁が機密費を不正流用してプールし
た裏金80億円を2時間以内に用意せよ!」というものだった。最大の人質は、来院中だった警察庁長
官。裏金の存在を明らかにしたくない警察とテロリストのリーダー後藤(椎名桔平)の緻密に仕組ま
れた頭脳戦の攻防。テロリストの真の目的を探る公安部の斉木(江口洋介)。そして、事件に巻き込
まれた我が子を救い出そうとする雪平。
命を賭けた最後の闘いが始まった…。

[特殊内容/特典]
【特典映像】(※予定)
●メイキング
●予告集

ほか、豪華特典映像を制作予定!!

[スタッフキャスト]
【キャスト】
篠原涼子
椎名桔平
成宮寛貴
阿部サダヲ
濱田マリ
加藤ローサ
加藤雅也
大杉漣
寺島進
江口洋介


【スタッフ】
原作 『推理小説』秦建日子(河出書房新社)
脚本 佐藤嗣麻子
音楽 住友紀人
監督 小林義則
主題歌 「I'm Here」
劇中歌 「Reason Why」 伊藤由奈(ソニー・ミュージックレコーズ)
製作 谷 泰三 亀山千広 鳥谷能成
企画 籏 啓祝 清水賢治 市川 南
エグゼクティブプロデューサー 臼井裕詞
プロデューサー 吉條英希 稲田秀樹
ラインプロデューサー 小林正知
技術プロデューサー 佐々木宣明
美術プロデューサー 津留啓亮
撮影 大石弘宜
美術 柳川和央
映像 吉川博文
照明 花岡正光
録音 芦原邦雄
編集 穂垣順之助
スクリプター 天池芳美
装飾 高島寿生
ヴィジュアルエフェクト 泉谷修
助監督 舟橋哲男 根本和政
制作担当 梶原富治
製作 関西テレビ放送 フジテレビジョン 東宝
制作プロダクション 共同テレビジョン
配給 東宝

[収録時間]
120 分

(C)2007 関西テレビ放送 フジテレビジョン 東宝

Amazonレビュー

   2007年3月に公開された、篠原涼子主演の傑作ミステリー。共演は、椎名桔平、成宮寛貴、江口洋介ほか。大好評を博したテレビドラマを映画化したもので、本編では女刑事・雪平夏見の孤高の戦いが描かれている。殺伐とした警視庁で一匹狼のごとく難事件に挑んでゆく雪平は、けだるいイメージの中に颯爽としたシャープさを併せもつ篠原のハマリ役。“正義だけではない”暗部を抱える警察組織や、それぞれの思惑で立ち回る関係者など、複雑に交錯した事情や駆け引きの裏を読み解きながら物語を追うと、より一層楽しめる。人間ドラマとしての側面もあり、奥行きが感じられる作品。――暴漢が乱入した警察病院。激しい銃撃戦の末、人質は解放されたが、ただ一人雪平の娘だけが取り残された。単身、娘の救出に向かう彼女を待つものは?(みき~る)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
人気ドラマの劇場版であるが、脚本が最悪で、見るに耐えない。
ストーリーの骨格もでたらめ、詳細も、なにひとついい点がない。

まず、最悪なのは、アンフェアなのはだれか?というこのドラマの重要な点がモロばれなのだ。
つまりテロリストとつながっている内通者が、最初からわかってしまうのだ。
まさかそんな単純ではないだろうと思ったのだが、やっぱりそうだった。
これですでにこの映画は台無しだ。

また隔離病棟が、自動ドア1枚で仕切られているなんでありえないし、菌をあやまって落としてしまうストーリー上の意味を見出せない。

特殊部隊が、中を調査せずに、無謀に突入して全滅することなどありえない。

また丸腰の刑事が、篭城可能のハイテクビルに、地下や下水道からなぜ、たやすく侵入できるのか、まったく理解できない。

完結編といいつつ、続編の匂いを残す姑息なラストには腹だたしい思いも出てくる。

すべての点で映画の要素の最低基準すら満たしていない映画だ。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
正直言ってどたばた劇過ぎて何も中身がないような気がしてならない。ピストルで撃ちすぎ、撃たれすぎという感じがする。裏切り、裏切られるというどたばた劇ですね。この映画は何を伝えたかったのかなという感じがしてならない。結局何も残らない映画になりましたね。この演出が自然なのか不自然なのか。不自然すぎるような気がしてならない。何かリアリティに欠けるよね。次々と重要人物を殺してしまっているのも、却って興冷めしてしまう。結局結論はなんだったんだという感じがしてならない。とにかく後味の悪い妙な映画でした。続編をにおわす終わり方だったんだろうが、続編を見に行こうという風にはなれないな。せっかく映画にしたんだからもう少し頑張って欲しかったかな。ドラマから映画化した失敗作かなと思われても仕方がない。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
すべてがちゃちくて(俳優陣を除く)驚きました・・・
やっぱり皆さん同じところでツッコミますね。。靴音カツカツさせて進入しないだろ!
まぁ、TVのスペシャル版で既にガッカリしていたので、映画も「やっぱり・・」という感じはありました。
・・・ですが、スペシャル版よりヒドイ!だんだん質が下がってますね。
継ぎ足し継ぎ足しの脚本とはこんなにヒドイもんなのかぁ!と逆に感心さえしてしまいます。
そして続編があるとしたら、真犯人はもうあの人「に仕立てあげるしかない」だろうと、見え見えの展開。
今回の映画のストーリーは必要なかったのでは??映画の内容が無くても真犯人に繋げられたハズ。この映画は商業的要素が強かったんでしょうね。。
大抵の方が予想されていると思うんですが、真の裏切り者かとゆーか、この人も結局裏切るんじゃん?という私の予想は映画の最初と最後で確信へと変わりました。
結局自分も含め、みんなアンフェアなんだよって言いたいんでしょうかね。。
つか、ダラダラ続けず、連ドラで完結していれば完成度は高かったのに。。
非常に残念な作品だと思います。
最後に、連ドラからず〜〜〜っと気になっていたんですが、、
篠原涼子の走り方が刑事っぽくマシになっていることを期待します。。(演技指導もなんだかなぁ。。)
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
防護服がテーブルのカドくらいで、あんなにカンタンに破れるとは思えない。
そこで一気に興ざめしてしまい、あとはタラタラ見ていた。
他の方も書いている通り、普通に見ても「あれはおかしいだろう」と
指摘したくなる点が多い。

静かにすり足で移動すべきところを、カツカツ響くヒールをはいて走り回り、
まったく見つからないのは無理がある。
そもそも細菌兵器を製造している重要施設にしては、
人も機械もセキュリティが甘い。
警察の偉い人が入ってるなら、さらに厳重なはず。
シャッターをしめても、地下からラクに侵入。
元SATの復讐劇の前に、どこかの細菌テロたちが狙いをつけそうなものだ。

様々な人が裏切り、いとも簡単に撃たれて逝く。
結局、真犯人は未解決のまま。
黒幕の存在をラストでちらつかせ、さらに続きを予感させるやり口も、
「まだまだ引っ張るぞ〜」とう小ざかしさを感じるだけ。

続編があるとすれば、また“裏切り者シリーズ”になるのだろうか。
ほとんどの人たちが亡くなり、もう主要な人は限られているから、
ドラマ版の瑛太のような、スペシャル版の安本刑事のような、
「そうだったのか!」という驚き
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー