通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アンバサダー・マーケティング がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ハニー書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯つき。中古品ではございますが、良好なコンディションです。丁寧な梱包を心がけ発送致します。商品の状態に変化、傷みが確認できた場合には、発送前に購入の意思を再度確認する場合がございますがご了承ください。その際は注文をキャンセルとさせていただくことがございます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

アンバサダー・マーケティング 単行本 – 2013/10/3

5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 137

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アンバサダー・マーケティング
  • +
  • グランズウェル~ソーシャルテクノロジーによる企業戦略 (Harvard Business School Press)
  • +
  • ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと
総額: ¥6,156
ポイントの合計: 186pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■売りたいなら、「アンバサダー」を見つけ出せ!
・「アンバサダー・マーケティング」という最新のマーケティング手法が注目を集めている。
ソーシャルネットワークで製品やサービスを紹介してくれるファンを「アドボケーツ」
「アンバサダー」と呼び、商品やブランドの応援団にしようと考える企業が米国で増えているのだ。
本書は、アンバサダーとはどういう存在なのか、アンバサダーを探し出し、彼らと
どう関係を築くべきなのかを紹介。アンバサダー・マーケティングを実践するスターバックス、
GMなどの有名企業から、街のレストランまで成功事例を紹介している。

■アンバサダー・マーケティングを実践するための具体的な方法もわかる
「アンバサダーを見つける方法」―「究極の質問」で、アンバサダーかそうでないかを見分けられる。
「アンバサダーを活性化する方法」―アンバサダーに呼びかけて商品やサービスをおススメしてもらう。
「アンバサダー・プログラムの成果を追跡・最適化する方法」―アンバサダーのおススメのシェアの回数、
クリック率、売り上げなどのデータを収集・分析して効果的に運営する。

■登場するアンバサダー・マーケティングの事例と効果
・ノートンは3カ月でAmazon.comの商品レビューが倍増し、
アンバサダー活動を活性化したところ、四半期でAmazon.comの評価と売上が2倍に!

・メキシコ料理チェーンルビオズ・フレッシュ・メキシカングリルでは、
アンバサダーが7万5000枚の無料券を友人に配布して大繁盛

・GMCは2万5000人のアンバサダーが3000件以上の好意的な
体験談を寄せ、さらにはソーシャル・メディアでシェア。シェア1回につき、
1.2回のインバウンド・クリックが発生し、レスポンス率は120%を達成

・IP電話機器を扱うウーマは、2万人のアンバサダーの応援で、
顧客獲得コストが54%下がり、売上コンバージョン率は33%と驚異的な数字を実現

■解説では日本の事例も紹介!
アンバサダー・マーケティングは、すでに日本でも始まっている。
ネスカフェ・アンバサダーやPFU、無印良品、日本ケンタッキー・フライド・チキンの取り組みを紹介。

内容(「BOOK」データベースより)

もう広告は効かない。売りたいなら、アンバサダーを探し出せ!スターバックス、フォーシーズンズ、フォード、ヴァージン―業績を伸ばしている企業はすでに始めているソーシャルネット時代の新手法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 350ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2013/10/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822249778
  • ISBN-13: 978-4822249779
  • 発売日: 2013/10/3
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,187位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
とても重要なテーマを扱っているのに残念なのは、翻訳が恣意的に削除され、変えられている点です。原著では、「『ブランドアンバサダー』は本著で私が提唱する『アドボケイト』の定義にあわない」と明確に釘をさされていますが、この部分だけスッポリと翻訳で削除されています(以下原著抜粋)。
The terms “Brand Advocates” and “Brand Ambassadors” are often used interchangeably. But since companies often pay or give special incentives to Brand Ambassadors to tout their brands and products, this doesn’t meet my definition of a Brand Advocate.

これからは『アンバサダーマーケティング』ではなく、『アドボケイトマーケティング』の時代だよ、という論調だと思うのですが、日本人は『アドボケイト』なんて英語わからないよ、とか、『アンバサダーのほうが売れる』とかいう理由で翻訳をねじ曲げるような暴力的な事情があったとすれば、あまりに無神経というか、売れればいいという事情優先の出版ですね。訳、監修、解説と色々な方が関わっているようですが、全員がじっくりと原著を読まれ、熟考の上の出版だったのだとすれば、不思議だとしか言いようがありません。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
他の方もレビューされているように、とても厚みのある本なのに、内容が薄いです。
何度も何度も、「これがアンバサダーマーケティングというものなのです!」という、
概念の説明をされるだけですが、このアンバサダーマーケティング自体、
なんとなく日本でも浸透、認知されているほかのマーケティングと近しい部分があるので、
正直「もうわかったよ、その説明はいいよ。」という感じになってしまいます。

具体的ノウハウがもうちょっと無いと、「アンバサダーマーケティングが
良さそうなのは分かったよ。で、どうするの?」となってしまいます。

ただ、単にライフタイムバリューを上げるのではなく、
顧客、ファンを「戦力に変える」という取り組みは今後を考えて一読の価値ありです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本に書かれていることの大半は、「インフルエンサー」「準拠集団」「顧客ロイヤルティ」「トライアルマーケティング」など、
これまで使われてきた理論や戦術で説明できます。

もちろん、それはこの本が主張していることに価値がないと言っているわけではありません。イノベーションとはすでにあるものの
組み合わせによって、新しい価値を作り出すことなのですから、その意味でこのアンバサダーマーケティングはイノベーティブなアイ
ディアなのかもしれません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
従来の広告会社だと
手間ひまかかって面倒で先送りされていた感のあるCRM領域が、
ますますセクシーになる期待感があります。
アンバサダーを中心とした
継続的な生態系(エコシステム)を作り上げることが
これからの企業と生活者のコミュニケーションの屋台骨になる。
中長期のROIの最適化を目指す。

アンバサダー、アドバケータを日本語に訳すと価値共創者的なイメージ。

価値共創者を核にした生態系づくりに軸足をおくこと。
そのための事例は潤沢に紹介されています。

自社の関与先に応用できるようにデコンストラクション、
アナロジー展開すればとても良い知見が得られます。

併せて『ネット・プロモーター経営』『ビッグデータ時代の新マーケティング思考』などと
同時並行して読むと、その本質が浮かび上がってきます。

同時併読をお奨めです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック