中古品:
¥ 1,090
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 TK☆PRICE
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★送料無料★amazonから年中無休・厳重梱包で迅速に配送されます。中古品の為、ケースに若干スレが有ります。ディスクには目立ったキズはありませんが見逃す程度の薄いキズがある場合があります。国内正規品です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アンネの日記 [DVD]

5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 1,090より

この商品には新しいモデルがあります:

アンネの日記 [DVD]
¥ 1,394
(3)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ミリー・パーキンス, ジョセフ・シールドクラウト, シェリー・ウィンタース, リチャード・ベイマー, グスティ・ユーベル
  • 監督: ジョージ・スティーブンス
  • 形式: Black & White, Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2010/08/04
  • 時間: 180 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003QUCYHS
  • EAN: 4988142803825
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 105,308位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

“色々いやなことがあるけど、
やっぱり人の心は善だと信じます”

<キャスト&スタッフ>
アンネ…ミリー・パーキンス(二木てるみ)
オットー・フランク…ジョセフ・シールドクラウト(鈴木瑞穂)
ファン・ダーン夫人…シェリー・ウィンタース(中西妙子)
ペーター…リチャード・ベイマー(亀谷雅彦)
エディス…グスティ・ユーベル(寺島信子)
ファン・ダーン氏…ルウ・ジェコビ(富田耕生)
マルゴット…ダイアン・ベイカー(信沢三恵子)

製作・監督:ジョージ・スティーブンス
原作:アンネ・フランクの「少女の日記」
脚本:フランセス・グッドリッチ/アルバート・ハケット
撮影:ウィリアム・C・メラー

●字幕翻訳:金丸美南子(追加部分:大西公子) ●吹替翻訳:山田小枝子

<ストーリー>
ナチスが徹底的にユダヤ人を迫害する中で、狭い屋根裏部屋にひっそり隠れ住みながら、なお人間の良心を信じ、少女の思春期の様々な思いをみずみずしい感性で書き綴った一人の少女アンネ・フランク。
15歳で短い生涯を閉じた彼女の日記を元に、「ジャイアンツ」の名匠ジョージ・スティーブンスが、彼女の喜びや悲しみをそのまま描き出し、世界中の人々が涙を流した感動名作。
アンネを演じるのは、1万人の候補者の中から選ばれた瞳が美しい長女ミリー・パーキンス。多感な少女の恋の憧れ、大人への疑問、そして同居人ペーターとの間に芽生えた淡い初恋など、アンネの心の軌跡をゆたかな感性と素直な演技でたどってゆく。最後のペーターと別れの口付けを交わすシーンは決して忘れられない悲しい場面である。

<ポイント>
●世界的なベストセラーで、現在でも読み継がれているアンネ・フランクの短い一生を綴った同名原作の映画化。
●1959年度アカデミー賞3部門受賞(助演女優賞、撮影賞、美術監督・装置賞)。
●日本語吹替音声約94分収録。
※現存するテレビ放送当時のものを収録しております。一部吹替の音源がない部分は字幕スーパーとなっております。

内容(「Oricon」データベースより)

アンネ・フランクの感動の実話を映画化したもので、ナチスによりユダヤ人が虐殺されていく中、屋根裏部屋に閉じ篭り日記を書くアンネの心情を綴る。ミリー・パーキンスほか出演。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

投稿者 麗しのタカリナ トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/7/14
形式: DVD
これまで様々な国で映画化をされていますが、こちらもそんな作品のひとつ、1959年公開作品、会社の上階、屋根裏部屋にかくまわれたユダヤ人家族の日々を描いています、窓からかろうじて見える大木に巣を作る鳥を見て「私はお前達が羨ましい、だって自由に飛べる翼があるのだもの」というシーンなどは原作そのままでファンとしては嬉しい限りでした、ラストは本当に切なくて、少女から大人の女性へと変貌を遂げる大事な時期、、、そうした時に亡くなられた彼女のご冥福を今更ながら願わずにはいられません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/12/24
形式: VHS
誰でも知る「アンネの日記」の映画化。
残念に思うのは、主演のMillie Perkinsが今ひとつ
硬く、演技が生き生きとしていないことです。
この印象は終始つきまい、結果として映画が今ひとつ
「生きなかった」と思います。
当初アンネ役にはAudry Hepburnが検討されていたけれど、
Hepburn自身が、ナチスによって苦しんだ体験が
あったため、実現しなかったとか。Hepburnにぜひ演じて
欲しかった・・・
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiroyan 投稿日 2013/5/10
形式: DVD
まず、この映画はモノクロです。
主人公アンネ役のミリー・パーキンズは非常に魅力的です。

ただ悲壮感とか緊迫感とかイマイチで、綺麗な無難な映画に作られてます。
そう言う意味で残念な出来です。
この映画を見るなら「アンネ・フランク」の方が断然良いです。

古い作品なので時代の背景で残虐な部分がカットされているのは仕方無いかと思いますが、
ちょっと退屈な映画でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
だと思いました。
とにかく、一人でも多くの人に観て欲しいです。
アンネ役の女優もまた、魅力的でした。
ペーターの母親役の女優も良かったです。
私が一番印象に残っているのは、最後、警官にアンネ達が捕らえられる前に、アンネとペーターが抱き合うシーンです。
観ていてとても複雑な気持ちになりました。
宗教や人種による差別は、大昔から今日まで行われています。
何故、宗教や人種が違うだけで酷い扱いをされなければならないのでしょうか?

人間とは不完全なものなので、仕方がないことなのでしょうか
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 がい トップ1000レビュアー 投稿日 2012/4/10
形式: DVD
昔、イスラエルから来た留学生の娘にこう言われました。

「あなたたち日本人は、対戦中、ドイツと同盟を結んでいたのに、
 どうして平気な顔で「アンネの日記」が好きだなんて言えるの?」
と・・・。

二の句が次げませんでした。

まったくその通りです。
僕らはユダヤ人を迫害する側だった。

「原爆」と「沖縄」で、
なんとなく、錯覚してるんですよね。
自分たちは「迫害された側」だと・・・。

みなさん、そのこともう一度考えてから、
「差別」とか「不戦」とか「大東亜共和圏」
について語りましょう。

簡単に言います。

アンネを殺したのは、間接的に、
僕らの先祖です。

わかって下さい・・・。
1 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック