アンネの日記(サントラ) がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アンネの日記(サントラ) Soundtrack

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、古本屋ぶんぶく茶釜が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (1995/8/9)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B00005GOEQ
  • EAN: 4988006709102
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 191,323位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. アムステルダムの夜明け
  2. アンネの誕生日
  3. 教室
  4. 不幸の手紙
  5. さよならモルチェ
  6. キャンドルの灯
  7. 新しい生活
  8. 愛の輝き
  9. おしゃべりワルツ
  10. ハヌカーのお祝い
  11. スプリング・フリーダム
  12. 強制収容所
  13. イフ
  14. ファースト・キス
  15. ノルマンディ上陸の日
  16. 希望の日記
  17. 静かな別れ
  18. 失われた青春への鎮魂歌
  19. ホワイ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

サントラというよりマイケル・ナイマンの一個の作品といった方が似合いそうなみごとな1枚だ。もちろんあまりにも有名な『アンネの日記』の雰囲気を十分に醸し出していることは当然。繊細なピアノの調べから重厚な宗教音楽までを網羅した選曲も秀逸だ。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 忘れはしません。これが私が生まれて初めて買った、独立したひとつの映画としてのサントラです。この時は映画音楽作曲家の名前はひとりも知りませんでした。
 アニメのサントラとしては傑作だと思います。ピアノが主旋律を奏でるものがほとんどですが、そのメロディーのすがすがしさ、若さ、哀しさは逸品です。ナイマンの90年代の楽曲は、基本的にすべて似通っているので私は好きではないのですが、このサントラは別です。
 15歳。志半ばにして死を遂げた悲劇の主人公アンネ・フランク。ナイマンが描くアンネのメロディーを是非聴いてください。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
マイケル・ナイマンは英国の作曲家。短いモチーフをパターン化して繰り返す音楽であるミニマルミュージックの作曲家で、映画音楽や舞台音楽なども手がける。日本にもたびたび来日し、日本の映画の作曲も行う等、日本ともゆかりがある人物。パルムドール賞を受賞した映画「ピアノレッスン」の音楽を手がけていたことで一躍、名声を高める。ゴールデングローブ賞の最優秀映画音楽賞にもノミネートされたこも何度かある。

このサントラでは、ピアノ曲が大半を占める。映画も観たが、戦争下の沈んだ雰囲気と、ナイマンの洗練されたピアノが見事にマッチしている。ナイマンの音楽は、ミニマリズムを基調としながらも、ふと耳に残る曲が多い。サントラとして作曲されているが、ピアノソロで演奏するにも素晴らしい曲が揃っており、CDのみの購入もお勧めする。CDには、「If」と「Why」という歌曲も収録されているが、歌い手は英国人のヒラリー・サマーズ(Hilary Summers)。彼女の深い歌声と、映画を全体を包むもの哀しい雰囲気、そして啓蒙性と文学性を帯びた歌詞とのマッチングが素晴らしい。ナイマンの音楽によって、同映画はさらに洗練された高尚なものへと高められている。

ぜひ、聴いてみることをオススメする。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
アニメ映画「アンネの日記」のCDです。
たった15歳で命を奪われた少女アンネの悲しみ・喜びがそのまま音楽で描き出されています。
ピアノの練習曲のような音楽も含まれていて興味深いです。
「イフ」「ホワイ」は独唱で、映像ナシでも感動します。これらを聞くと、音楽の力って、
すごい・・・と実感しました。今は中古しか販売しておりません。是非購入をオススメします

帯より・・・
 「戦争という名のもとに、夢も友情も初めての恋も家族の絆も、
  すべてを奪われた一人の少女、アンネ・フランク。
  それでも、一日一日を精一杯生きたアンネの青春。
  言葉よりも雄弁なナイマンのピアノの調べ―あまりにも美しく、あまりにも哀しい。」
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
相変わらずマイケルナイマンらしい曲ばかりですが、「The Piano」が好きだった方は、これもきっと気に入ると思います。 If、Candle fire、Goodbye Moortie, Whyなど、サントラを離れて有名になっている曲もあります。 アニメーションも見てみましたが、このサントラあっての作品といった感じでした。 ナイマンの手がけたサントラの中でもたぶんベストに入るのではと思っています。 先にあげた4曲はValentina Lisitsa の「Chasing Pianos」というCDでも取り上げられており、ここでは歌曲である「If」などはピアノソロで聞けます。 今現在、新品価格で5120円というとんでもない値段がついていますが、もしかしたらそのうちてに入りにくくなることも考えられるので、今のうちに買っておく価値があると思っています。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gamma666 投稿日 2011/6/6
「ピアノ・レッスン」のサントラの後に聴いたので
「はいはい、いつものナイマン節ね」って感じ。
制作時期が近いから仕方ないのでしょうが、 新しい何かとの出会いはなかったですね。ちょっと残念。

「IF」がよかったので星4つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック