この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (1977年) (ハヤカワ文庫―SF) 文庫 – 古書, 1977/3

5つ星のうち 4.3 166件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 178
文庫, 古書, 1977/3
¥ 698
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   長く続いた戦争のため、放射能灰に汚染され廃墟と化した地球。生き残ったものの中には異星に安住の地を求めるものも多い。そのため異星での植民計画が重要視されるが、過酷で危険を伴う労働は、もっぱらアンドロイドを用いて行われている。また、多くの生物が絶滅し稀少なため、生物を所有することが一種のステータスとなっている。そんななか、火星で植民奴隷として使われていた8人のアンドロイドが逃亡し、地球に逃げ込むという事件が発生。人工の電気羊しか飼えず、本物の動物を手に入れたいと願っているリックは、多額の懸賞金のため「アンドロイド狩り」の仕事を引き受けるのだが…。

   映画『ブレードランナー』の原作として知られている、フィリップ・K・ディック1968年発表の傑作長編。著者は1982年、53歳で亡くなった。皮肉にもこの年に公開されたこの映画作品により、彼は一躍スターダムにのしあがることとなった。

   ディックの作品には、SF小説でありながら、登場人物の人間関係、恋愛、家族のきずななどが見事に盛り込まれている。この物語も単なる賞金かせぎとアンドロイド8人のバトルで終わってはいない。人間とアンドロイドの違いを通して、人間とは何かを考えさせられる作品だ。(石井和人) --このテキストは、文庫版に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 294ページ
  • 出版社: 早川書房 (1977/03)
  • ASIN: B000J8U4EA
  • 発売日: 1977/03
  • 商品パッケージの寸法: 15.3 x 10.9 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 166件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,024,367位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
最初はいろんな種類のアンドロイドをあの手この手で処理して最後のボスを処理してハッピーエンドと思っていたのですが全然違いました!笑

もちろんアンドロイドを倒すのですが、心理的、倫理的な点で考えさせられたり、アンドロイドと人間の共存だったりと難しかったです笑

でも読み応えはありますし、面白かったです‼︎
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
かの有名な映画を数回鑑賞済み。小説の存在はかなり昔から知っていたが中々手を付けていなかった。読んでみたら映画よりもやはり細かく情景描写しているので分かりやすい。ロイ戦のシーンが若干あっけないな、という印象があったが全体的に好きな作品。何故もっと早くに読まなかったのか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
難解なのかと思いきや、すぐに物語の世界に引き込まれた。
独創的な世界観、シニカルでドライな視点。生物の存在意義、生命の意味を問う深いテーマ。
こう書くとひどく難解そうでしょう?
ところが読みやすく、かつとても魅力的で、ぐいぐい引き込まれてしまった。
タイトルの持つ力(こんなタイトルよく思いついたなぁ)に何も負けていない、
タイトルの持つ卓越性そのままの世界を存分に味わえる一冊です。
さっそく注文したユービックも面白いといいな。読むのが楽しみ!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読んでいくうちに、人間とアンドロイドの違いは何だろう?と考えるようになっていった。自分がアンドロイドだったらとか。でも、ディックさんにとっては人間やアンドロイドという呼び名はただの記号でしかなく、訳をした方のあとがき読んでてなるほどなぁと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
SF小説として映画ブレード ランナー より先に読んでおけば世界観がイメージしやすかったと思うけど、どうも映画の世界に引っ張られて読むと取っ付きにくい気がしました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ブレードランナーを観た後に読みました。
人間とは何か?という問いかけの観点が生命としての
定義と、人の思考、嗜好(価値観)の観点から細かく
描かれています。
映画の出来も素晴らしかったため、どうしても映画
のシーンを思い浮かべてしまい、情景をミックスして
しまいがちですが、それでもなお考えながら、そして
恐怖と驚きを感じながら読むことができます。
SFだからと距離を置いてしまう人にもオススメです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
タイトルはこう訳した方が内容と合う気がする。
ただ中の訳はすばらしく、テーマも重厚で、どんどん読み進めたくなる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
カルト的人気を誇る名作映画『ブレードランナー』の原作として名高いこの作品ですが、「本物と偽物の差は何か」「本物であることには果たして意味があるのか」というディック流の主題は映画よりずっと濃厚です。
数々の映像化がなされたディック作品の中で唯一、ディック存命時に制作開始された作品でもあります。
(残念ながら劇場公開は存命中には間に合いませんでした。)

環境汚染により野生動物は絶滅、人類も汚染の無い宇宙への移住が進んでおり、地球は過疎化しつつある未来。
本物の生きた動物をペットとして飼うのがステータス(しかも馬や牛など飼育が難しそうなものほどステータス)であり、そんな懐の余裕がない大多数の人々は、ちょっと見ただけでは本物と区別がつかない精巧な動物型ロボ(電気羊、電気犬、電気猫...etc)をペットとして飼うことでお茶を濁しています。
また、遺伝子操作された生身の生体組織と電子頭脳とを組み合わせた精巧なアンドロイドが不足する労働力の足しとして用いられているのですが、あまりに精巧になりすぎたアンドロイドが自由を求めて逃亡するという事件が相次いでいます。
アンドロイドか人間かを判別するのは、簡単な心理テストと、かなり仰々しい生体組織の検査があるのですが、心理テストでは精神疾患の人間がたまにミスでアンドロイドと判別されるく
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公は、火星に移住した人間を殺して地球に逃げてきたアンドロイドを処分することを仕事にしている警官ないしは賞金稼ぎで、6人ものアンドロイドを相手にした大変難儀な1日が物語になっています。
久しぶりのSFということもあったのか、物語に入り込むのに少し手間取りましたが、中盤以降は快調に読み進めました。
人間と最新のアンドロイド(その名もネクサス6!!)を外見で区別するのは不可能で、生き物に対する感情の大きさと抱く早さの微妙な差を、専用の計器を使って計測する以外に無いとあり、これが小説の主題の一つになっています。人間は、他の生命体を見たりそれに関する話を聞くと、例えば”かわいい”とか”かわいそう”という感情がまず立ち上がりますが、それをアンドロイドが完璧に真似できるプログラムは少なくともまだ無いということなのですね。その感情こそが人間を人間たらしめているのだと著者は言いたいのでしょう。確かに、人間がそれなしでは生きられない社会を永く維持し続けるには、他人や生命体に対する”思いやり”が必須だろうと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す