通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) 文庫 – 1977/3/1

5つ星のうち 4.3 161件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 344

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
  • +
  • 星を継ぐもの (創元SF文庫)
  • +
  • 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 231pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞ノミネート作品決定
全国の446書店、書店員564人の投票により上位10作品がノミネート作品として決定しました>> 作品一覧はこちら

商品の説明

商品説明

   長く続いた戦争のため、放射能灰に汚染され廃墟と化した地球。生き残ったものの中には異星に安住の地を求めるものも多い。そのため異星での植民計画が重要視されるが、過酷で危険を伴う労働は、もっぱらアンドロイドを用いて行われている。また、多くの生物が絶滅し稀少なため、生物を所有することが一種のステータスとなっている。そんななか、火星で植民奴隷として使われていた8人のアンドロイドが逃亡し、地球に逃げ込むという事件が発生。人工の電気羊しか飼えず、本物の動物を手に入れたいと願っているリックは、多額の懸賞金のため「アンドロイド狩り」の仕事を引き受けるのだが…。

   映画『ブレードランナー』の原作として知られている、フィリップ・K・ディック1968年発表の傑作長編。著者は1982年、53歳で亡くなった。皮肉にもこの年に公開されたこの映画作品により、彼は一躍スターダムにのしあがることとなった。

   ディックの作品には、SF小説でありながら、登場人物の人間関係、恋愛、家族のきずななどが見事に盛り込まれている。この物語も単なる賞金かせぎとアンドロイド8人のバトルで終わってはいない。人間とアンドロイドの違いを通して、人間とは何かを考えさせられる作品だ。(石井和人)


登録情報

  • 文庫: 319ページ
  • 出版社: 早川書房 (1977/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150102295
  • ISBN-13: 978-4150102296
  • 発売日: 1977/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 161件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,477位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
カルト的人気を誇る名作映画『ブレードランナー』の原作として名高いこの作品ですが、「本物と偽物の差は何か」「本物であることには果たして意味があるのか」というディック流の主題は映画よりずっと濃厚です。
数々の映像化がなされたディック作品の中で唯一、ディック存命時に制作開始された作品でもあります。
(残念ながら劇場公開は存命中には間に合いませんでした。)

環境汚染により野生動物は絶滅、人類も汚染の無い宇宙への移住が進んでおり、地球は過疎化しつつある未来。
本物の生きた動物をペットとして飼うのがステータス(しかも馬や牛など飼育が難しそうなものほどステータス)であり、そんな懐の余裕がない大多数の人々は、ちょっと見ただけでは本物と区別がつかない精巧な動物型ロボ(電気羊、電気犬、電気猫...etc)をペットとして飼うことでお茶を濁しています。
また、遺伝子操作された生身の生体組織と電子頭脳とを組み合わせた精巧なアンドロイドが不足する労働力の足しとして用いられているのですが、あまりに精巧になりすぎたアンドロイドが自由を求めて逃亡するという事件が相次いでいます。
アンドロイドか人間かを判別するのは、簡単な心理テストと、かなり仰々しい生体組織の検査があるのですが、心理テストでは精神疾患の人間がたまにミスでアンドロイドと判別されるく
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shiraz 投稿日 2004/9/20
形式: 文庫
この本の解説などを読むと、「人間とは何か?」というのがこの小説のテーマだと言います。
でもよく読んでみると、むしろ「生命とは何か?」といった方がしっくりきます。
ディックは明らかに「他者との共感」が、人間とアンドロイドの違いであることを示していますが、他者とはここの登場人物たちを見る限り、動物や(なんとアンドロイドまで)含めた「生命」であるようです。「生命の大切さ」などというお説教じみた内容ではなく、生命が死に絶えた世界の中での、「生命への狂おしいまでの愛」が切実と伝わってくる本です。
例えば、あるアンドロイドがクモの足を面白がって切ってしまいます。そのことに激しく衝撃を受ける登場人物がいます。
しかし現実の我々はなんとこのアンドロイドに近いことでしょうか。
繰り返される動物実験や虐待、犯罪やテロが毎日起こる今の世の中で、「他者との共感」とはまるで白々しいギャグじゃありませんか。
それをディックも分っていたのか、作中「他者との共感」を現実化させるSF的道具であるマーサー教が、アンドロイドたちによってインチキだと暴露されます。
人間が持っている「他者との共感」能力など嘘である、と証明することによって、「他者との共感」ができないアンドロイドは人間の価値を否定するのです。その意味でアンドロイドが勝利します。
...続きを読む ›
1 コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
25年も前に見た映画があまりにもインパクトがあり、なかなか原作に手が出なかったが、やっとの思いで完読。
なるほど~~、これがあぁなったのか、と感激。
原作の創造性とSF感は、映画がなかったらどこまでイメージできただろうかと、自分の空想力に自信をなくす。
やはり、リドリースコットの映像世界はあまりにも驚異的だ。
映画より面白いか?と問われれば否だが、この原作がなければ映画はできるはずもなく、改めて凄さを感じる。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
内容は知らないけれどタイトルは知っているという方も多いんじゃないでしょうか。なにを隠そう、私もその一人でした。
個人的に当たりはずれがとても大きいSF小説、しかも古典作品。さぞ読みにくく難解なんだろうなぁ~と思いつつ、とりあえず有名作は一通り目を通しておきたかったので長らく積んでいた本作をようやく手に取りました。そして意外にもあっさり読了。
翻訳を通しての海外小説、一昔前の古典作品、SFに馴染みがなければ理解できない専門用語の羅列、などなど覚悟していた私にとっては嬉しい誤算でした。誰が読んでも理解できるとまでは言いませんが、数あるSF小説の中では読みやすい部類に入ると思います。
多くの生命が絶え、昆虫含むほとんどの生物が絶滅種・絶滅危惧種に指定された近未来でのお話。隠れて侵入してきたアンドロイドを見分け、狩ることを生業としている主人公がメインとなってストーリーは進行していきますが、人間そっくりのアンドロイドと人間、その差はどこにある?というテーマが重くも悲しい。己の記憶操作すら可能なアンドロイド。誰がアンドロイドで誰が人間かわからない、目の前の人物が?それともまさか自分自身が?という緊迫感溢れる中盤は映画ですが「未知の遊星X」を思い出しました。しかし「未知の遊星X」のエイリアンと違うのは本作のアンドロイドは人間に対してなにか害をもたらしたわけではないと
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー