¥ 799
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229)) 文庫 – 1977/3/1

5つ星のうち 4.2 167件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 198

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
  • +
  • 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • 夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
総額: ¥2,527
ポイントの合計: 77pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

商品説明

   長く続いた戦争のため、放射能灰に汚染され廃墟と化した地球。生き残ったものの中には異星に安住の地を求めるものも多い。そのため異星での植民計画が重要視されるが、過酷で危険を伴う労働は、もっぱらアンドロイドを用いて行われている。また、多くの生物が絶滅し稀少なため、生物を所有することが一種のステータスとなっている。そんななか、火星で植民奴隷として使われていた8人のアンドロイドが逃亡し、地球に逃げ込むという事件が発生。人工の電気羊しか飼えず、本物の動物を手に入れたいと願っているリックは、多額の懸賞金のため「アンドロイド狩り」の仕事を引き受けるのだが…。

   映画『ブレードランナー』の原作として知られている、フィリップ・K・ディック1968年発表の傑作長編。著者は1982年、53歳で亡くなった。皮肉にもこの年に公開されたこの映画作品により、彼は一躍スターダムにのしあがることとなった。

   ディックの作品には、SF小説でありながら、登場人物の人間関係、恋愛、家族のきずななどが見事に盛り込まれている。この物語も単なる賞金かせぎとアンドロイド8人のバトルで終わってはいない。人間とアンドロイドの違いを通して、人間とは何かを考えさせられる作品だ。(石井和人)


登録情報

  • 文庫: 319ページ
  • 出版社: 早川書房 (1977/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150102295
  • ISBN-13: 978-4150102296
  • 発売日: 1977/3/1
  • 梱包サイズ: 15.6 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 167件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,177位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
最初はいろんな種類のアンドロイドをあの手この手で処理して最後のボスを処理してハッピーエンドと思っていたのですが全然違いました!笑

もちろんアンドロイドを倒すのですが、心理的、倫理的な点で考えさせられたり、アンドロイドと人間の共存だったりと難しかったです笑

でも読み応えはありますし、面白かったです‼︎
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
SFの古典。映画も良いが、原作も良い。読みやすく、そんなに長くないのが良い。ブレードランナー好きなら必読。映画とはやや違う印象があるのも良いです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
いい作品だと思います
序盤の方はアンドロイドのことをあれと呼んでいたのですが徐々に彼や彼女と変わっていくなど主人公の心の変化が細かく感じられる作品です
独特な世界観を理解するのには戸惑うかたがいるかもしれませんがすぐなれると思います
読む価値は十二分あります
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
難解なのかと思いきや、すぐに物語の世界に引き込まれた。
独創的な世界観、シニカルでドライな視点。生物の存在意義、生命の意味を問う深いテーマ。
こう書くとひどく難解そうでしょう?
ところが読みやすく、かつとても魅力的で、ぐいぐい引き込まれてしまった。
タイトルの持つ力(こんなタイトルよく思いついたなぁ)に何も負けていない、
タイトルの持つ卓越性そのままの世界を存分に味わえる一冊です。
さっそく注文したユービックも面白いといいな。読むのが楽しみ!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読んでいくうちに、人間とアンドロイドの違いは何だろう?と考えるようになっていった。自分がアンドロイドだったらとか。でも、ディックさんにとっては人間やアンドロイドという呼び名はただの記号でしかなく、訳をした方のあとがき読んでてなるほどなぁと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ブレードランナーを観た後に読みました。
人間とは何か?という問いかけの観点が生命としての
定義と、人の思考、嗜好(価値観)の観点から細かく
描かれています。
映画の出来も素晴らしかったため、どうしても映画
のシーンを思い浮かべてしまい、情景をミックスして
しまいがちですが、それでもなお考えながら、そして
恐怖と驚きを感じながら読むことができます。
SFだからと距離を置いてしまう人にもオススメです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
タイトルはこう訳した方が内容と合う気がする。
ただ中の訳はすばらしく、テーマも重厚で、どんどん読み進めたくなる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
主人公は、火星に移住した人間を殺して地球に逃げてきたアンドロイドを処分することを仕事にしている警官ないしは賞金稼ぎで、6人ものアンドロイドを相手にした大変難儀な1日が物語になっています。
久しぶりのSFということもあったのか、物語に入り込むのに少し手間取りましたが、中盤以降は快調に読み進めました。
人間と最新のアンドロイド(その名もネクサス6!!)を外見で区別するのは不可能で、生き物に対する感情の大きさと抱く早さの微妙な差を、専用の計器を使って計測する以外に無いとあり、これが小説の主題の一つになっています。人間は、他の生命体を見たりそれに関する話を聞くと、例えば”かわいい”とか”かわいそう”という感情がまず立ち上がりますが、それをアンドロイドが完璧に真似できるプログラムは少なくともまだ無いということなのですね。その感情こそが人間を人間たらしめているのだと著者は言いたいのでしょう。確かに、人間がそれなしでは生きられない社会を永く維持し続けるには、他人や生命体に対する”思いやり”が必須だろうと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
25年も前に見た映画があまりにもインパクトがあり、なかなか原作に手が出なかったが、やっとの思いで完読。
なるほど~~、これがあぁなったのか、と感激。
原作の創造性とSF感は、映画がなかったらどこまでイメージできただろうかと、自分の空想力に自信をなくす。
やはり、リドリースコットの映像世界はあまりにも驚異的だ。
映画より面白いか?と問われれば否だが、この原作がなければ映画はできるはずもなく、改めて凄さを感じる。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルが中二病界隈で有名な本書。私も、タイトルはよく聞くけれど実際はどんな本なのだろう、どれ手に取ってみようかという気持ちで読み始めたら、なんと映画『ブレードランナー』の原作だった。
中学生くらいの時に学校で観せられた思い出。その時の感想は、よくわからん映画だなあというものだった。確か教師が「最後アンドロイドが人間を助けたのはなんでか考えてみよう」とか言っていた。その時はよくわからなかった。原作たる本書を読んだ今ではもっとわからなくなった。だって原作にはそんなシーン、ないんだもの。
というか、原作の「アンドロイド」観と映画の「アンドロイド」観はまるで違うもののような気がする。原作のアンドロイドだったら絶対最後に人間助けないよ。なんかメリットない限りは。映画のアンドロイドはよくSFで描かれる被害者+敵対者アンドロイドって感じでチープ。この改変は原作レイプといっていいんじゃあ……。でもなんでか映画の評価高いらしいし、観たのは何年も前だから私が誤解している可能性もあるけれど。

さてさて小説の内容について。展開があっさりはやく進みすぎてついていけなかった部分もあった。特にレイチェルのくだり。騙し合いてたと思ったら愛し合ってやっぱり騙し合いする、あたりがあっさり書かれすぎて「え? 結局どれがほんと??」と混乱した。展開自体には文句はないのだけれど。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー