アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,680
通常配送無料 詳細
発売元: リセールストア ゼロイチ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [DVD]

5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,212
価格: ¥ 3,145 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,067 (25%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,145より 中古品の出品:6¥ 2,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [DVD]
  • +
  • LUCY/ルーシー [DVD]
総額: ¥4,072
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: スカーレット・ヨハンソン, ポール・ブラニガン
  • 監督: ジョナサン・グレイザー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2015/01/06
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00NLW6HLA
  • JAN: 4907953061453
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 73,124位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

宇宙で最も美しく、最も危険な捕食者[=エイリアン]
最もセクシーな女優No.1スカーレット・ヨハンソンが初のフルヌードに挑戦し、男を捕食していくエイリアンを演じた全世界注目のSFスリラー!

【解説】LUCY/ルーシー』『her/世界でひとつの彼女』(声の出演) など話題作への出演が続き、最もセクシーな女性に選ばれたことの
ある人気女優、スカーレット・ヨハンソンが主演、しかも初のフルヌードに挑戦したことでも、早くから注目されてきた意欲作!!
米国公開時、大作『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』と同日4月4日公開だったにもかかわらず、週末館アベレージ
(4月4日~4月6日)で、全米No.1になったことでも話題になった(BoxOffice Mojo調べ)。
共演には、『天使の分け前』(ケン・ローチ監督)に演技経験もないまま初主演し、その演技が注目されたポール・ブラニガンが、そして監督は、
ジャミロクワイ「Virtual Insanity」(日清カップヌードルのCMでも有名)、レディオヘッド「karma police」などの名作ミュージックビデオを
数多く手がけてきた映像作家のジョナサン・グレイザーが務める。二コール・キッドマン主演の『記憶の棘』(2006年日本公開)では、
監督・脚本を担っており、ベネチア国際映画祭コンペに、『記憶の棘』以来、本作で2度目の出品を果たしている。

【ストーリー】
真夜中の街で妖艶な美女が、道行く男たちに声をかけては闇に消えていく。一枚ずつ服を脱ぎながら誘う美女。男たちは彼女の正体に
気づかないまま、飲み込まれ、そして姿も形も無く、衣服だけが残される。謎の美女の正体は、地球外生命体だった。慈悲のかけらも無く
男を捕食し続けていた彼女だが、ある事がきっかけで人間的な感情を持ち始めるのだった。それは、さらなる恐るべき惨劇の始まりでもあった…。

【キャスト】スカーレット・ヨハンソン(吹替: 深見梨加)『LUCY/ルーシー』 『her/世界でひとつの彼女』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『アベンジャーズ』、ポール・ブラニガン

【スタッフ】監督・脚本:ジョナサン・グレイザー、原作:ミッシェル・フェイバー、製作:ジェームズ・ウィルソン/ニック・ウェクスラー
撮影:ダニエル・ランディン、音楽:ミカ・レヴィ

【初回限定特典】アウタースリーブケース
【特典映像】(約23分)
○インタビュー(スカ―レット・ヨハンソン/ジョナサン・グレイザー監督)
○メイキング
○劇場版予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『LUCY/ルーシー』のスカーレット・ヨハンソンが初のフルヌードに挑戦したSFスリラー。男たちを捕食する、妖艶な美女の姿をした地球外生命体。彼女はあることをきっかけに人間的な感情を持ち始めるが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.6

トップカスタマーレビュー

最近、話題の映画・・・特にハリウッド系の大作ホラーとかアクション映画って、どれもこれも似たような演出/編集テクニックで作られていて、「新しい作品を観た」っていう感じがしないんで、もう観ないようにしているのだが、本作はなぜかちょっと気になってたんだよね。スカーレット・ヨハンソンが主演なんだけど、本作はイギリス・アメリカ・スイス合作のホラーSF。で、観始めた瞬間に感じたのだが、ヨーロッパ映画の独特のセンスで作られていて、いい。ハリウッド女優を使っているけど、ハリウッド臭くない。
お話は、女(S.ヨハンソン)に擬態した人喰いエイリアンが次々と人を襲っていくというよくあるもの。「アンダー・ザ・スキン」というタイトルは、人間の皮の下には恐ろしい別の生き物が潜んでいるっていう意味。もうさんざん話題になっていてご存知だと思うが、ヨハンソン嬢が脱ぎ脱ぎの全裸体当たり演技をご披露。『スペース・バンパイア』のマチルダ・メイ以来の快挙。宇宙から来た女は羞恥心がないからいいね(笑)。でもちょっとむっちりと肉付きがよい感じなのは「おや?」と思ったけど(笑)。

で、この映画、設定自体は特に新しくないけど、見せ方がユニークでいい。普通こういう映画って、人間側の目線で作られているのだが、本作は捕食者であるエイリアンの目線で作られているのだ。具体的に言うと、獲物になる人間(男)を求め
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大まかなあらすじは把握しておりました。ですので、個人的には「ス○ーシー○種の○源」みたいなのをスカーレットがやる!、という理解でした。
が、実際に鑑賞してみて、その予想は裏切られました。

作品全体の特徴として、無機質に、ただ淡々とお話は進みます。各シーンは芸術的な雰囲気を醸し出し、特に捕食?シーンは斬新でああいった表現は新鮮に感じました。

好意的に見ればそういった評価もできますが、贔屓なしにみれば敷居が高く感じる映画です。作品の見どころは・・・ヌード、えーっと話の内容として見どころは?うーん・・・

結論として、主演女優の美貌を時間いっぱい堪能したい、という方は是非鑑賞されることをお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
作品の批評を事前に多少仕入れて無かったら、彼女(スカーレットヨハンソン)が地球外生命体エイリアンだと
分かったでしようか?
のっけから大きなバンの荷台に男が女を担いで乗せています。
次に裸のスカーレットヨハンソンが死体の女・・・スカーレットヨハンソンらしき・・の衣服を脱がしてゆきます。
これって地球人にエイリアンが入れ替わったことを暗示しているのでしようか?

ケバい化粧でフルメイクのスカヨハは車を運転しながら、若い男に声をかけてゆきます。
どこからきたの?どこへ行くの?車に乗らない?
ナンパです。そして男たちがひとり、またひとり、と消えてゆく。
と云う説明文で、そう理解しました。
種の捕食?この副題は多分、日本の映画会社が付けたのでしょう。
スカヨハは殺さないし、食べないし、その辺りは真っ暗闇で見え無いもの。

ナンパする時は、英語ペラペラ(エイリアンがデスよ。)饒舌なのに、途中から、
沈黙と車の疾走。凍り付いた雪原、森林、冬の海岸線。
綺麗すぎるスカヨハの横顔。唇。吐息。
とても魅力的な音響の効果も有り、かなり引き込まれます・・・が
エイリアンである必要性があったのでしょうか?
話題になっているスカヨ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もちスカーレットのヌード目当てで見たんですが、あまりにもたいくつすぎました。
肝心のヌードもあんまり見映えよく撮られてませんし。お宝映像には程遠い・・・

自分、わかりやすいハリウッド映画ばかり見てきたせいか、ちょっとでもわかりにくい映画に拒絶反応をしめしてしまっているのかもしれません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 happybear0823 VINE メンバー 投稿日 2015/1/25
冬のスコットランドが舞台のSFスリラー。
スカーレット・ヨハンソンが初めての妖艶な演技を披露。
いったい何が起きようとしているのか、何が起きたのか、それでどうなったのか。
点と点の事象のつながりから、ふわっとひとごころがあらわれてくるしゅんかん。
それが切り返しなのか。
つねに緊迫感を感じますが、かなり前衛的なつくりです。
スカヨハが主演でなければ、見る機会はなかったと思います。
初めから終わりまで、不可思議なワールドが続きます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告