購入オプション

Kindle 価格: ¥726

(税込)

獲得ポイント:
7ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

シェアする
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

[花沢健吾]のアンダーニンジャ(8) (ヤングマガジンコミックス)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

アンダーニンジャ(8) (ヤングマガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち4.6 143個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥726
コミック (紙) ¥726 ¥695
この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。
シリーズをまとめ買い (8巻) シリーズの詳細を見る
小計: ¥ 5,808
獲得ポイント: 378 pt (7%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます。支払方法及び返品等についてはこちら

Kindle Unlimited 読み放題対象の青年マンガ

無料マンガ ランキング インディーズ


登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B0B7HTNR4N
  • 出版社 ‏ : ‎ 講談社 (2022/8/5)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2022/8/5
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 116529 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効になっていません。
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 143個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
143 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト100レビュアー
2022年8月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年8月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年8月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年8月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2022年8月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2022年8月4日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 表紙の九郎十郎のハイタッチはそういう意味か!?ちばあきおの「キャプテン」的な?
ユーザー名: 自由男、日付: 2022年8月5日
個人的評価としてこの8巻は、シリーズ初の5つ星ですよもう。それくらいインパクト大。
台詞が一切消える今回最大のヤマ場、時をビタっと止めたの如く精緻でダイナミズム溢れる描写の連続には息を飲む、圧倒的描写力。そしてストーリーも、「え?え!?えぇ!!!マジで??」と、急転直下のジェットコースター的展開にいよいよ目も追いつかなくなる。

敬虔な花沢教徒としては、「もしかしてセンセイ、また広げるだけ広げた挙句、置き去り殺法デスか!?(オイ無礼だな!)」なんて思いながら恐る恐るページを手繰るも、センセイ最後まで逃げなかった。まだまだ物語は終わらないゼ。

前巻、巻末で唐突に雲隠兄弟一覧を出したのは、もしかしてここへの布石?8巻カバーの九郎&十郎のハイタッチはそういうこと?ちばあきおの「キャプテン」的な?
いやぁ俺はまだ信じて無いからね(何を?)。だって一族最高傑作で主人公だよ?でもなぁそうなっちゃったしなぁ。いよいよ雲隠劇場開幕を匂わせる壮大な展開にすらなってきた。

とにかく今回は色々な意味でショックな8巻だけど、間違いなく過去最高の出来(個人的感想)。これに最低評価を下す人の意見とその理由も含め是非聞いてみたいところ。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年8月6日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年8月4日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
問題を報告

この商品には、不適切な内容が含まれていますか?
この商品は、著作権を侵害していると思いますか?
この商品には、品質または書式設定の問題が含まれていますか?