通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アンダーカレント アフタヌーンKCDX がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 神戸ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ヤケ、擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アンダーカレント アフタヌーンKCDX コミックス – 2005/11/22

5つ星のうち 4.6 48件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1,018
¥ 1,018 ¥ 53
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アンダーカレント  アフタヌーンKCDX
  • +
  • 珈琲時間 (アフタヌーンKC)
総額: ¥1,625
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

ほんとうはすべて知っていた。心の底流(undercurrent)が導く結末を。夫が失踪し、家業の銭湯も手につかず、途方に暮れる女。やがて銭湯を再開した女を、目立たず語らずひっそりと支える男。穏やかな日々の底で悲劇と喜劇が交差し、出会って離れる人間の、充実感と喪失感が深く流れる。 映画一本よりなお深い、至福の漫画体験を約束します。 「今、最も読まれるべき漫画はこれだ!すでに四季賞受賞作で確信していたその物語性と演出力に驚く。豊田徹也は心の底流に潜む、なにかの正体を求めるように静かに語る。」――(谷口ジロー)

ほんとうはすべて知っていた。心の底流(undercurrent)が導く結末を。夫が失踪し、家業の銭湯も手につかず、途方に暮れる女。やがて銭湯を再開した女を、目立たず語らずひっそりと支える男。穏やかな日々の底で悲劇と喜劇が交差し、出会って離れる人間の、充実感と喪失感が深く流れる。 映画一本よりなお深い、至福の漫画体験を約束します。


登録情報

  • コミック: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2005/11/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063720926
  • ISBN-13: 978-4063720921
  • 発売日: 2005/11/22
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 15.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
 アマゾンてすごいなと思ったのは、「逢沢りく」を購入した私にこの本をお勧めしてくれたことです。
 普通に書店で見つけることはできなかった。感謝です。
 久しぶりにずっしり読み応えのある作品でした。
 印象に残ったのは、「人をわかるってどういうことですか。」という台詞。

 ラストに向かい、それぞれの秘密が解き明かされていく中で、
癒えない傷の深さに涙するとともに、
登場人物皆の優しさ、温かさに救われる気持ちがします。 
 夫の最後のセリフは本心なのだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
映画のカット割りを彷彿させるコマ割りに
漫画表現の奥深さが感じられ、さりげない優しさに満ちています。
悄然と座る女の前に紅茶を差し出す。
池に小石を投じて、水に吸い込まれそうな女を我に立ち返らせる。
女の額に当てた布で涙をそっと拭う。
再会した男にマフラーを巻いてやる。等々……。
既存の映画(カバーはBill Evansの同名タイトル盤)などの影響を感じさせますが、
忘れがたい場面がいくつも用意された傑作です。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yuishi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/5/1
形式: コミック
失踪した夫を探す若妻かなえ。家業の銭湯を再開するにあたって、紹介されてバックひとつでやってきて働くことになった堀。夫捜索に関わる探偵山崎・・・。

夫はなぜ失踪したのか、淡々とした日常の中でいくつかの出来事、かなえが見る夢が暗示するものは・・・。

時々漫画的な手法も見られるが、カット割り、アングルが映画的。人物描写における距離感もうまく、時々見せるユーモアも好ましい。もっと読みたいなとおもわせつつ、ふつりとした終わり方も余韻が残ってよかった。

読後、いい作品だったなぁと感じさせてくれる稀有な作品。

ただ残念なのはこの作者がこれだけの実力がありながら、非常に寡作なこと。
おそらくこれだけの作品を作るにあたっては時間や尋常ではないエネルギーがかかるとおもわれるが、やはりもっと作品を見てみたい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
素晴らしい作品です。読めば読むほど発見があり、物語に引き込まれました。

銭湯を経営するカナエと、彼女を取り巻く個性的な人々の織り成す日常。

その日常は決して平坦なものではなく、落下や淀みもあるのですが、静かに静かに流れてゆきます。

作中の「人を分かるってどういうことですか」という一言に考えさせられました。

画力もユーモアも十分にある、とても豊かな作品です。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 脇役二番手 投稿日 2005/12/12
形式: コミック
一気に読んでしまいましたが、一気に読みたくなかった・・・そんな矛盾さえ心地よく読後に染み渡り、そしてまた読み返す・・・。

読み返す度に発見があり、その構成力・演出・独特の間に脱帽・・・否、心震えます。

物語も、くどくない悲哀感と喜劇が混ざり合い、読む毎にどこか充足されていく自分がそこにはいます。

久しぶりに「良い」と素直に思えた作品に出会えました。

豊田氏に感謝。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
表紙の深い青と、自信たっぷりな帯に興味を引かれて購入しました。

期待以上に素晴らしい作品でした。

「アハハハハ」と屈託なく笑える場面があるかと思えば

突然、唐突に号泣させられるコマもありました。

何度も何度も読み返したくなる素敵なシーン(アングル、風景、表情など)がいっぱいです。それはきっと、作者がとてもとても丁寧に描いてくれているからでしょう。近年の漫画には珍しいです。

上村一夫さんの画力、センスに匹敵すると思います。

表紙の青、この作品のイメージそのものです。

最後に・・・堀さん萌え〜
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ネットでたまたま見かけて購入しました。そしたらおおはまり!何度も読み返す一冊となりました。
そこはかとなく大人の色気を感じるストーリーと絵がとっても好みでした。(最初は主人公の性別わかりにくいのに、後半はなんか色っぽいのよね。不思議!)

他のレビュアーさんが語ってないことを言うとすると、煙草の描写でしょうか。前半「きつい」煙草を吸う描写が多かった副主人公に、後半その描写がなくなってるんですよね。
「きつい」煙草でないと埋まらなかった彼の空白を埋める何かが生まれてきたとすると、なんだか萌えるなあと思ったのでした。
とりあえず勧めたい一冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー