中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アンダカの怪造学(1) ネームレス・フェニックス (角川スニーカー文庫) 文庫 – 2005/5/29

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

限りなく遠い隣の異世界アンダカから怪生物を召喚する《怪造学》が一般的となった時代。怪造生物と共存できる世界を夢見る少女、空井伊依と愛すべき怪造生物たちが織りなすミラクル・モンスター・ストーリー、開幕!

内容(「BOOK」データベースより)

はてしなく遠い隣の異世界―アンダカ。これはアンダカに棲息する生物をこちらの世界に召還する“怪造”が一般的となったそんな時代のお話…。怪造生物と共存できる世界を夢見る少女・空井伊依は希望を胸に古頃怪造高等学校に入学した。だが、入学早々、恩師が召喚した怪造生物のせいで、とんでもない大事件へと巻き込まれ…!?第8回角川学園小説大賞・優秀賞を受賞したミラクル・モンスター・レジェンド、ここに堂々の開幕。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 339ページ
  • 出版社: 角川書店 (2005/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404481001X
  • ISBN-13: 978-4044810016
  • 発売日: 2005/5/29
  • 梱包サイズ: 15 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,466,339位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

投稿者 ts 投稿日 2010/5/17
形式: 文庫
とある信条と才能を持つ主人公が、とある苦しみを抱えた存在と出会うお話です。
主人公の信条と才能がその存在の苦しみを解決することを期待したのですが、
実際には主人公の才能はその信条とは異なる方向へと発揮され、悲劇的な結果になります。
主人公は落ち込みますが、ある人物に励まされ、明るく叫びます。「それがあたしの怪造学」

…。
全体的にチグハグで御都合主義な展開であるという印象を受けました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『アンダカの怪造学』は、『アンダカ』という異世界の生物を『カナイ』(主人公たちの世界)に呼び寄せる、
『怪造』という学問に疑問を抱き、それを変えていこうとする少女の物語です。
この作品のほとんどのキャラクターが、独特的で魅力的です。
布団から出ないルームメイト片津理夢(かたつ・りむ)。
『怪造』に失敗し、呪いのアイテムとして娘の伊依にまとわりつく父、
空井滅作(すかいい・めっさく)。
何を話すにしても「くるさだんちゅら」としか言わない
伊依の友達の怪造生物<雪童(クール・キューティ)>の桃子。
他にも独特のキャラクターが揃い踏みです。読んでいて飽きさせません。
文章も独特的で、語彙も豊富と、とても新人(しかも18歳)とは思えない力強さを持っています。
しかし短所もあります。
上記したとおり、氏は文章が独特で語彙が豊富なのですが、
その文章は『戯言シリーズ』でおなじみの西尾維新氏を髣髴させるもので、
まだその引力下から抜け出せていない感があります。
あと、残念なことといったらどこかで見たことがある『ライトノベル』の展開であることでしょうか。
『カナイ』に呼び寄せられた“ある生物”を伊依が元の世界に戻そうとするのですが、
“ある
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日日日氏の小説は、まず言ってどれもテンポが良いです♪
この"アンダカの怪造学"も例外ではなく、結構よく聞くストーリーをテンポの良い展開や文章でグイグイ引っ張ってくれます
また、ジャンプの三大原則を踏まえたように
主人公と怪造生物との"友情"があり、怪造生物との共存を叶える為の"努力"を重ね、禁断の怪造生物との激しい戦闘の末の"勝利"と続く
やはり常套な構成ですが、それだけに安定した面白さがあったと思います

尚、あとがきでも触れられてますが、この"アンダカの怪造学"が発売された頃に同時発売された同作者による"狂乱家族日記"というシリーズがあります
アンダカ〜も悪くなかったですが、個人的には、狂乱〜のほうがオススメですかね……(苦笑
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
驚きました。この作品をあの「ちーちゃんは悠久の向こう」や「私の優しくない先輩」と同じ作家が書いたということに。
ホラー、恋愛ときて学園ファンタジーです。作風も文体もがらっと変えてきました。
現界(カナイ)と虚界(アンダカ)のふたつにわかれている世界。
アンダカには怪造生物(モンスター)と呼ばれる生物が棲んでいます。
そのアンダカのモンスターをカナイに召喚するのが怪造。
主人公・空井伊依はモンスターを怪造するものの見習、怪造学者見習(モンティスト・エッグ)。
彼女はモンスターを友達と言い、モンスターたちと共存できる世界を夢見ています。
そんな夢を胸に古頃怪造高等学校に入学した伊依は早々に事件に巻き込まれ……。
というような話です。正統派の学園ファンタジーです。
想像が無限に広がるアンダカへの希望、モンティストの天才たちの思考。
伊依の行動と、まわりの活き活きとしたキャラクターたちとモンスター。
起、承の部分はそんなところで楽しみ、物語は一転します。
シリアスな展開。あぁ、と思いました。私はすごく伊依に感情移入していました。
伊依とともに悲しみ、進み、苦しみ、悲しみ、吹っ切る。
悲しい展開、だけどラストは清々しく、とても嬉しかったです。
良質の学園ファンタジー。続刊への伏線もたくさんあり、先がとても楽しみです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日日日の五つあるデビュー作の一つ。

王道を全速力で爆走している感じ。ぐいぐい引き込まれ、気が付いたら物語の世界にのめり込んでいる。日日日の作品の中では最も文が過密で構成力も高い。特に四巻目から始まる第二部は一皮剥けた印象。

華々しい成功だけではなく、挫折や失敗を積み重ねて成長する主人公の姿がいい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告