¥ 4,980 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: 星乃堂
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【amazon配送】正規販売品☆リーフレット、アンケートはがき、チラシ付き◎目立ったキズや汚れ等なく、中古品として大変良好な状態です◎経年による僅かな劣化(小傷・多少の色あせ等)はご了承ください◎除菌クリーニング後、クリスタルパックで包装し、アマゾン配送センターより迅速に発送いたします☆応募券・シール・カードなどの封入物、記載のない特典等につきましては原則付属いたしません☆希少価値の高い商品の場合、プレミアム価格となっている場合がございます☆検品には万全を期しておりますが、万が一問題がございましたら、Amazonカスタマーサービスまでご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アンジェラの灰 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 4,980
OFF: ¥ 96 (2%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、星乃堂 が販売、発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:3¥ 4,980より 中古品の出品:15¥ 1,699より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: エミリー・ワトソン, ロバート・カーライル, マイケル・リッジ
  • 監督: アラン・パーカー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2001/04/27
  • 時間: 145 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HXWN
  • JAN: 4988126200251
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 128,813位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ニューヨークから祖国に戻ったアイルランド移民の一家の運命を、長男フランクの視点で見つめるヒューマンな感動作。信仰心は篤いが、酒好きで仕事もままならない父、生まれた子どもを次々と亡くし苦悩する母。そんななか、フランクら兄弟は精一杯、明るく生きていく。やがて、彼はひとり、アメリカへ行こうと決意するが…。
   毎日の食べ物にも事欠き、とことん貧しい生活は悲惨だが、アラン・パーカー監督はユーモラスなエピソードも交え、軽快な音楽を使って展開。長尺で、ともすれば陰鬱になりかねない物語も、だれることなく進んでいく。フランク役を年齢に合わせて3人の子役が演じ分けるが、3人とも驚くほどに自然な演技を披露。彼の視点となって人生の切なさや、ささやかな喜びを共感できるのだ。ふだんは意地の悪い叔母が洋服を買ってくれる話など、さり気ないが効果的な感動シーンが随所に織りこまれている。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

1920年代のアイルランドを舞台に、極貧にもくじけずに日々を生きる少年の姿を描いた、フランク・マコートの自伝的小説をアラン・パーカーが見事に映画化した作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

第二次世界大戦前後のアイルランド(リムリック)の貧乏な家族の物語と聞くと、暗いストーリーの様ですが、そうではありません。暗い現実の中に笑いを交えた、そしてちょっと泣ける映画です。(フランクがおばに服を買ってもらうシーンでもらい泣き・・・)

アイリッシュ作家自伝の映画化といえば「マイ・レフト・フット」が有りますが、こちらも同じ時代の物語です。「マイ・レフト・フット」が作家自身の苦悩がストーリーの中心であったのに対して、こちらは主に両親の苦悩が重要なキーとなります。カーライル演じる父親は、北のなまりのせいかで仕事もなかなか見つからず、失業手当てで生活しています。(実際現在もこの状況は変わっていません。北なまりがあると南の人は警戒します。)苦労するのは母ワトソン。相変わらず逞しい庶民の女を演じます。アイルランド近代史で欠かせない「飢饉」「アメリカ移民」「IRA」「宗教対立」「出稼ぎ」など網羅されていますが、このあたりに関しては、知識のない方が見ても理解できるストーリーだと思います。(ただ、カソリック特有の儀式と物の考え方は、知識がないと少々難しいかも)

アイルランドで、ギネスビール以外に世界に誇れる物とは、文学、演劇、そして音楽だと思います。90年代にアイルランド政府は、映画産業への減税措置をとっていた時期があり、沢山の映画が撮影され、いいスタ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 朱里九 VINE メンバー 投稿日 2007/5/1
大学時代、専攻の予備知識として南北のアイルランドの歴史的背景は避けて通れなかったから、本作品を見て、学生時代に机上で習ったことがそのままビジュアルに表現されている気がして、好印象をうけました。

時代背景的には米ニューヨークで出会って結婚した両親が世界恐慌のショックで仕事はないわ、末娘を亡くすわ、食べられないわ、ってことで、親も親戚もいる祖国アルルランドに帰ってくるのだけど、そこに待っていたのは、もっとひどい貧困だった。。。そして、アメリカにいたときには、何の問題もなかった、母は南アイルランド人で父は北アイルランド出身だという、そんなことが、ずっと尾をひいてゆく。

しかも、誰もが口をそろえて言う雨の南アイルランドで、トイレという名の肥だめはしばしば雨水に混じって家のなかに流れ込み、洗濯物が乾く暇はなく子供たちは年齢の小さい順に肺をおかされて死んでゆく、けど、カトリックのアイルランドの家庭にあっては、次々子供が生まれてゆく。なのに親父は北アイルランドの訛りのせいで職にありつけない。それどころかたまの給金といわず失業手当と言わず子供のお見舞いお祝い金と言わず、飲んで歌っておごって家にはこれでもかっていうくらい、持ち帰らない。

こんなストーリーの映画を私をして最後まで観させしめたのは、いたるところに散りばめられたユーモアと、
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
極貧なのにパブに通う酔っ払いの父親、大きい事をいってもいつも口だけの情けない男をR・カーライルが演じてますが、
これが素かと思うほど自然で、とても上手いです。
でもそれを上回るE・ワトソンの素晴らしさ!彼女の演技には毎回感動しますが、
今回もいかんなく力を発揮して、彼女意外に誰がこの役をやれるのか?と思う位ピッタリ。
画面は暗く重たいイメージだけど、子供の視点で話を進めることにより中和され、ユーモラスなシーンも織り込められているので、社会の問題を取り上げた、というより底辺で生きる人達のたくましさを描いているといったところでしょう。
こういう作品を見ると「映画好きでよかったなあ」と思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 世界恐慌の影響で、仕事がない状態のアメリカ、アイルランドが舞台の物語。この作品の中で語られる世界は、とにかく「みすぼらしい」の一言に尽きる。複雑な民族問題(IRAの名前が何度も出てくる。いまだ現代ですら決着していないイギリスとアイルランドの歴史的な悲劇といえよう)や、悪い人ではないのだが、気位が高いために、やっと仕事にありついても、すぐにやめるか、酒におぼれるかの父。とにかくみすぼらしさばかりが目に付く。

 確かにこの時代は「暗黒時代」ともいうべきだったろうが、主人公達はくだらないことでさえ、兄弟や友達と騒いだり、母を支えたりと、決して悲惨な状況に負けずに、必死に生きている。今の世の中は、仕事がないといえども、この時代に比べたら、まだまだましだろう。どんなに貧しくても、希望を失わなければ、必ずや光は差し込むものだ。そんなことを考えてしまう。

 民族問題や大不況など、暗い話題ばかりだらけの作品だが、その中にどれだけの光を見出せるかによって、この作品から受け取るメッセージも異なってくると思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す