通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アンゴルモア 元寇合戦記 (6) (カドカワコミッ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は通常の中古本並です。(コンディションランク・ガイドライン相応の状態です。ご注文の前にガイドラインのご確認をお願いいたします。)店頭併売品のため、万一の売り切れの際には返金キャンセル処理にて代えさせていただきます。ご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アンゴルモア 元寇合戦記 (6) (カドカワコミックス・エース) コミックス – 2016/8/23

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 246
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アンゴルモア 元寇合戦記 (6) (カドカワコミックス・エース)
  • +
  • ヴィンランド・サガ(18) (アフタヌーンKC)
総額: ¥1,263
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

防人の末えいである刀伊祓(といばらい)たちと合流し、古代の山城「金田城」に集結した対馬軍。先人が築いた堅牢な城壁を利用し蒙古を撃退せんとする朽井だったが、意外な人物の裏切りが発生!戦況急展開!


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2016/8/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041044073
  • ISBN-13: 978-4041044070
  • 発売日: 2016/8/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 氷狼 投稿日 2016/9/1
形式: コミック Amazonで購入
対馬の為に急ぎ兵を整える少弐景資。
援軍が現れるか心配になる姫を迅三郎が励まし。
そして、その影では裏切りが進行する。
己のしていることに悩みながらも、一度始めたら後戻りはできぬと己に言い聞かせながら。
その気配を判官が察したようにも...

中盤より金田城の攻防が開始される。
各人の思惑が交錯し、最後まで何が起こるか分からない所が本巻の見所。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内通者の裏切りの心理描写がいい。極悪な訳でなく、成り行きでというか、最大のメリットがあるからという状況がうまく描かれている。援軍への微かな希望とか、ゆっくりだが停滞しない展開など、非常に上手。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
いわゆる萌画になり切らずどこかしら水墨画のような荒々しさを残した独特のタッチが
完成しつつあります。元寇の対馬における戦いというこれまでほとんど描かれたことのない
史実が実に堂々と、しかしディティールはきっちりと、語られていきます。
俯瞰的な記述でなく、敵味方の思惑や裏切り者の心理描写まで丁寧に描きこまれているところが素晴らしい。
江戸時代でも戦国時代でも平安時代末期でもない時代の、見たことのない武士像が確立しているのには驚かされます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告