¥ 864
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門 (幻冬舎新書) 新書 – 2013/7/28

5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 137

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門 (幻冬舎新書)
  • +
  • マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで (幻冬舎新書)
総額: ¥1,642
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

各国が規制強化!
しかし、もはや裏金・闇資金が、世界経済の中心にある。

世界各国の税収が極端に減少している。税金は表の経済にしか、かけられないからだ。タックスヘイブン(租税回避地)やシャドーバンキング(影の銀行)を使った、いわゆる脱税や資産隠し、麻薬や売春や賭博によって生まれ蓄えられた金をアングラマネーと呼ぶ。世界の年間総生産70兆ドルの約25%がタックスヘイブンに流れ、シャドーバンキングの規模は約67兆ドルにまで拡大。もはや中央銀行やIMFも制御できない闇資金の環流が世界経済を揺さぶっている。その歴史と仕組み、各国最新事情を詳細に解説した画期的な書。

・世界の3大脱税国はアメリカ、ブラジル、イタリア
・アップルが開発し、世界のグローバル企業が軒並み利用する合法的脱税スキームとは!?
・脱税の規制を強化をするアメリカ自体が、巨大な脱税とマネロンのメッカ
・世界で最も複雑なロンドン「シティ」とイギリス領ケイマン諸島の仕組み
・国際的な規制強化で追い詰められた銀行国家スイス
・バチカンとマフィアが中心!? イタリアはGDPの35%がアングラ経済
・取り締まり強化でヴァーチャル化するアングラマネー ほか

内容(「BOOK」データベースより)

世界各国の税収が極端に減少している。税金は表の経済にしか、かけられないからだ。タックスヘイブン(租税回避地)やシャドーバンキング(影の銀行)を使った、いわゆる脱税や資産隠し、麻薬や売春や賭博によって生まれ蓄えられた金をアングラマネーと呼ぶ。世界の年間総生産70兆ドルの約25%がタックスヘイブンに流れ、シャドーバンキングの規模は約67兆ドルにまで拡大。もはや中央銀行やIMFも制御できない闇資金の還流が世界経済を揺さぶっている。その歴史と仕組み、各国最新事情を詳細に解説した画期的な書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 258ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/7/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344983130
  • ISBN-13: 978-4344983137
  • 発売日: 2013/7/28
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,550位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
こういう本は中々お目にかかれない。
そもそも調べてみようと言う人も中々いない。アングラ経済を計算に入れてGDPを押し上げようと言う国まで出てきているくらい、規模としては膨大なのに誰もその中身には中々触れない。そんなある意味ニッチ、しかしとても大事なポイントに焦点を絞った良書です。

著者の藤井氏は様々な優良な経済評論をされている方ですが、右寄り評論や活動でも割りと有名な方です。私個人はどちらかというと左寄りな小沢・鳩山さんが好きなのですが、藤井さんはけちょんけちょんにけなされるので少しションボリ。ですが藤井氏の活動は素直に興味深いし日本人にとって意義があると感じています。興味のある方はYoutubeなどで検索されてみてください。そちらもあわせてオススメです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
めちゃめちゃ勉強になったし、
おもろかった。

アングラマネーや、
マネロンを通じて、
税金についてや、
納税の意義を考えさせられたのは、
あまりにも皮肉。

結局何処かの国で生活する以上、
納税は国民の義務なわけだけど、
その納税が反映されるべき、
公共サービスの充実がほとんど感じられない。
それなら国家に税金なんか納めずに、
自分たちで稼いだ利益は、
課税される前に逃してまおう!
そう考える人間の心理も、
わからなくはない。

国家を運営する官僚や、
役人を潤すための税制度が本音であれば、
いつまで経ってもマネロンは消えない…
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
実に面白く読ませて頂きました。
今より約15年程前、タックスヘイブンに資産を預けて”permanent traveler"に成るのが夢でした(笑)。 その後も映画やドラマでケイマン諸島、ジャージー島、ガーンジー島の名が出る度に心の何処かで疼いてましたが、現在タックスヘイブンについての事情がこんな事になっていたとは驚きです。
しかし人間の欲望には限りがないですね。非合法化をかいくぐる新手もまた考えられているのでしょう。
シティやバチカンにまつわる話はそんじょそこらの小説を超えています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 2013年の本。著者は、国際政治学者・未来学者を名乗る方である。
 曰く・・・
 911以降、アメリカは国際テロリストの資金源となっているアングラマネーの取り締まりを強化する。国際的コンセンサスを得た規制強化は奏効し、2006年ごろからオフショアのタックスヘイブンからアメリカ金融市場へ流入していた資金が急速に枯渇する。これがアメリカの住宅バブル崩壊の引き金を引き、更にリーマン・ショックにつながった。もともと、金融ブームの原動力となっていた住宅バブルを支えていたのは、海外のタックスヘイブンから流入してくる怪しいマネーだった。すべてが違法資金というわけではないが、節税資金も含めた全体的には黒に近い灰色資金。
 世界経済の年間総生産は約70兆ドルだが、その4分の1はタックスヘイブンに吸収される。タックスヘイブンに存在する預金の総額は32兆ドルといわれる。世界のシャドーバンキングの規模は約67兆ドルといわれる。中央銀行やIMFなどがコントロールできない闇の資金の流れが世界経済を揺さぶる。それゆえに、各国はその規制強化に必死になる。
 タックスヘイブンとは、税率が非常に低く、企業活動への規制も緩く、外国政府に対して企業や銀行の情報提供を拒否し(不透明)、非居住者の資金を大量に流入させているところ、と定義できる。タックスヘイブンの根幹は守秘法域であるこ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
藤井先生の著書を何時も興味深く読ませて頂いている。
今回の情報は、現状の世界金融の流れの一部を捉える為には大変有意義な知識である。
この本を読んでいた感じた事が幾つあるが、一番感じた事は国家を背景としない企業が公共の利益に奉じる事が出来るのだろうかと言う事だ。
先ず、無国籍企業は営業活動をし利益を上げている国家や地域に税金を払っていない。何を隠そうこのアマゾンも日本での利益に対しての税金を払っていない。そしてアメリカに於いても納税していないのだ。
こんな事は、ヤクザの世界では絶対に通用しない。日本やアメリカは法治国家であるが、『法律に触れなければ何でも遣って良い』との考えはキリスト教倫理や日本の常識を基に考えると許される事なのだろうか?
この無国籍企業の納税に関する考えは非常に不倫理的な事である。

次に、バチカン銀行の資金洗浄の事を考えるとローマカトリックは何時まで世界の権威を保つ事が出来るのだろうか?
非常に強大な宗教組織を維持拡大する為に、不倫理極まりない行いが裏の世界で行われ闇から闇へ葬りさられている。世の中には表と裏があるのは常識だが、其処までしてイエス・キリストは自分の教えを広げようとしていたのだろうか?
いや、今バチカンで行われている行為はイエス・キリストの教えに基づいた宗教なの
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー