通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アンの愛情―赤毛のアン・シリーズ〈3〉 (新潮文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

アンの愛情―赤毛のアン・シリーズ〈3〉 (新潮文庫) 文庫 – 2008/2/26

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724
¥ 724 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アンの愛情―赤毛のアン・シリーズ〈3〉 (新潮文庫)
  • +
  • アンの青春―赤毛のアン・シリーズ〈2〉 (新潮文庫)
  • +
  • アンの友達―赤毛のアン・シリーズ〈4〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,041
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

レドモンド大学に進学したアンは、キングスポートの〈パティの家〉で仲良しの3人と共同生活を始めた。勉学に励みながら、訪問日には崇拝者たちを惹きつけ、文学を志す。そしてとうとうボーリングブロークの自分の生家を尋ねあてた。マーク・トウェインをして、「“不思議の国のアリス"以来の魅力ある人物」と言わしめ、絶賛されたアンは、ついに真実の愛情に目覚める――。

内容(「BOOK」データベースより)

レドモンド大学に進学したアンは、キングスポートの“パティの家”で仲良しの3人と共同生活を始めた。勉学に励みながら、訪問日には崇拝者たちを惹きつけ、文学を志す。そしてとうとうボーリングブロークの自分の生家を尋ねあてた。マーク・トウェインをして、「“不思議の国のアリス”以来の魅力ある人物」と言わしめ、絶賛されたアンは、ついに真実の愛情に目覚める―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 470ページ
  • 出版社: 新潮社; 新装版 (2008/2/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102113436
  • ISBN-13: 978-4102113431
  • 発売日: 2008/2/26
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,382位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 赤毛のアンシリーズ全10冊の中で、一冊目についで二番目に好きな作品です。今作は、アンの大学時代を舞台にギルバートとの恋愛模様がどうなるのかが描かれております。また、アンの大学での友人であるフィルが登場して、今作のもう一人の主人公として魅力的に描かれております。
 アンシリーズは、主人公であるアンが魅力的な人物であるのはもちろん、育ての親であるマリラや、親友なども含めて皆みずみずしく描かれており惹き込まれてしまいます。
 一作目を読んだことがある人は多いと思いますが、二作目、三作目でも魅力的なアンに出会えるので、読んだことのない人は、ぜひ読んでみてもらいたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
新しくレドモンドカレッジでの出会いも、加わりアンの周りは素敵な愛すべき登場人物が現れます。この間までマシューとマリラの小さな女の子だったアンが愛を語るようになるとは!!
10年ぶり以上に読み直しましたが、名作はその時々で違った感動を与えてくれると実感しています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レドモンド大学での日々を描いたアンが勉学に友情にそして愛に
前向きにそして真摯に、それでいて愉快に過ごす一冊です。

「パティの家」という一軒家ですごす仲良し4人組はその友情を深めていきます。
なにより、新しく出会った友人のその癖や欠点も含め認め合い、勉学も競い合って
いるとことが女性同士の友情としてはとてもうらやましいものです。
はじめての友人の死や年上のカップルの姿などを見つつ、女性としてアンは
成長していきます。

そしてクライマックスはなんといってもギルバートでしょう。
気になって気になって仕方がない、でもその友情と信頼が
深すぎるあまり愛ではないと思いこみ、遠回りします。
ギルバートが腸チフスで重体になったその時にはじめてアンは
気づくのです。

周囲のアヴォンリーの住人は相変わらず愛情深く、おせっかいで
変わらない姿を見せています。

赤毛のアンは1冊では終わらない。
彼女の人生は続いているのです。

いくつになって読んでもすばらしい。
まさに「少女趣味」。
でもそれってすごーくよくない?
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
個人的に赤毛のアンシリーズで1,2位を争うくらい好きな作品。
大学に入学したアンが、仲良しの3人と楽しく共同生活を送りながら
旧友の死、数々の求婚などを経験しながら真実の愛情に目覚めていく。

この作品のもう一人の主人公ともいえるアンの大学の友人フィルがとっても魅力的。
華やかで賢いのに、どこか子供っぽさを残す彼女の存在がこの物語を一層ひきたてている。
そしてフィルが真実の愛情に目覚めていく姿も見ものだ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Kumin 投稿日 2013/8/28
形式: 文庫 Amazonで購入
「アンのゆりかご」を読んで懐かしくなって
読み直しましたが、お孫さん(?)による改訳が
気になったので星4つです。
アンがダイアナのことを「ダイちゃん」(原文はダイだったような?)
デイビーがアンのことを「姉ちゃん」(原文はアン?)と呼ぶなど、
できれば変えないで頂きたかった。
昔の訳を探して購入することにしました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告