通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う (英国パラソ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★中古になりますので多少のキズ、折れ、ヨゴレ、ヤケ、傷み等がありますが、いずれも重度のものではありません。状態の悪いものにつきましては、コメントを記載しております。また、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う (英国パラソル奇譚) 文庫 – 2011/6/30

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う (英国パラソル奇譚)
  • +
  • アレクシア女史、欧羅巴(ヨーロッパ)で騎士団と遭う (英国パラソル奇譚)
  • +
  • アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂(うれ)う (英国パラソル奇譚)
総額: ¥2,658
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

異界族の存在を受け入れた19世紀のロンドン。この地で突然人狼や吸血鬼が牙を失って死すべき人間となり、幽霊たちが消滅する現象がおきた。原因は科学兵器か疫病か、あるいは反異界族の陰謀か。疑われたアレクシア・マコン伯爵夫人は謎を解くため、海軍帰還兵で賑わう霧の都から、未開の地スコットランドへと飛ぶ――ヴィクトリア朝の格式とスチームパンクのガジェットに囲まれて、個性豊かな面々が織りなす懐古冒険奇譚

内容(「BOOK」データベースより)

異界族の存在を受け入れた19世紀のロンドン。この地で突然人狼や吸血鬼が牙を失って死すべき人間となり、幽霊たちが消滅する現象がおきた。原因は科学兵器か疫病か、あるいは反異界族の陰謀か。疑われたアレクシア・マコン伯爵夫人は謎を解くため、海軍帰還兵で賑わう霧の都から、未開の地スコットランドへと飛ぶ―ヴィクトリア朝の格式とスチームパンクのガジェットに囲まれて、個性豊かな面々が織りなす懐古冒険奇譚。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 早川書房 (2011/6/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150205345
  • ISBN-13: 978-4150205348
  • 発売日: 2011/6/30
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 11 x 16 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 361,584位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 渡月夜 VINE メンバー 投稿日 2011/6/26
形式: 文庫
英国パラソル奇譚シリーズの第二作です。

1800年代のヴィクトリア女王の治世下、人狼や吸血鬼がはびこる架空の英国が物語の舞台です。前作にて、ウールジー伯爵にして人狼団のボスであるコナル=マコン卿と結婚したことにより、晴れてマコン夫人となった<魂なき者>アレクシア。華やかな社交界の有名人となったアレクシアは陰の議会の<議長>として忙しい日々を送りながら、夫との仲睦まじい結婚生活を過ごしていたようです。ですが、幸せな日々は長くは続かないもの。突如出現した「異界族能力消失現象」の調査をするために旅立った夫を追って、スコットランドへと赴きます。

スコットランドへの旅は決して楽なものではありません。幾度も無く訪れる命の危機、手がかりすらつかめない消失現象の原因、秘密に満ちた新キャラクター"マダム・ルフォー"の目的、コナルがスコットランドを離れた理由、様々な謎をちりばめながら読者を飽きさせることなくクライマックスへと向かいます。そして最後の最後で驚愕の展開に目を見張ることとなるでしょう。

新しい武器(驚きの?機能を搭載したパラソル)を手にして、なおさら怖いものが無い様子のアレクシア。その行動力や知性、徹底した現実主義に周囲が振り回される様が相変わらず痛快な作品です。そして冒険活劇の合間に、アレクシアの友人アイヴィとウールジ
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「英国パラソル奇譚」第二作目です。
前作と続けて読んだのでさくさくと話に入っていけました。
登場人物の個性が際立っているので姿を想像しながら読むのも楽しかったです。
吸血鬼や狼人間は好きなジャンルであり、さらに主人公のアレクシアも大好きなイタリア人の血をひいているということでより楽しく読めました。

ただ一点、前作でアレクシアとマコン卿の出会いについて軽く触れられていた気がしたのですが、あまりにも漠然としていたのが不思議でした。この2冊より前の話があるのでしょうか?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
英国パラソル奇譚シリーズ第2弾。
不可解な事件というか現象から、アレクシアの活躍が展開されるが、前作に比べ断然スチームパンク色が増し、内容も読みやすくなっている。よりミステリー感も出ている。以前のような盛り沢山感はないが、間違いなくこちらの方が良い。
ストーリー展開は、ほぼ表題通り。出発前→飛行船内→人狼城で、最後は旅立ちとなる。そう、今巻は傷心の旅立ちで終わる。つまり次巻も買ってね的Endだ。
続きモノよろしく環境説明は簡素。アレクシアの家族構成(実家の)もよく分からない。わりには前回ほとんど触れられなかった亡き父が絡んでくる。登場人物は引き継ぎ登場し、新キャラは多くない(ただしメイン級)。
展開は結構激しいが、読みにくくはない。何だかな、と思うところもあるが、問題ないレベル。レベルアップが実感できる出来といっていいと思う。しかし、相変わらずアレクシアの容姿が良いのか悪いのか分からない書きようだ。表紙イラストは可愛らしいのだが、若すぎないか?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ずっと気になっていた1作目を本屋で購入。
読み始めてすぐに、2〜4作目全部をぽちっとしてしまいました。

さてシリーズ第2弾。
結婚しても、アレクシア女史の行動力は衰えを知りません。
新たなキャラクターも登場し、物語の世界もぐっと広がっています。

翻訳モノが苦手な方も読みやすい文章だと思います。
ドキドキワクワクしたい方にお勧めしたいお話です。

ラストには衝撃が走りましたよ。
もちろん手元にあるので、引き続き3作目を読み始めましたとも!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
人の脳天をパラソルでぶん殴るのが得意な女性を主人公にしたスチームパンク・シリーズの第二弾。
今回は007ばりの仕込みパラソルを手にしての活躍。異界族が人間になってしまう奇怪な現象の謎を探るべく、新婚間も無いヒロインは、スコットランドへ出撃・・・が、人に気を使わない、空気読めない、状況判断力皆無のお邪魔虫の妹と親友がついて来て・・・何故かドタバタを展開しながら事件を解決に導くも・・・夫婦の危機に。
それにしても、人狼族に繁殖力が無い・・・案外、次巻でそれが只の迷信だった・・・なんてオチだったりして。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック