数量:1
アレキサンダー プレミアム・エディション [DVD... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アレキサンダー プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 39件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 3,926より 中古品の出品:14¥ 249より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • アレキサンダー プレミアム・エディション [DVD]
  • +
  • トロイ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]
  • +
  • グラディエーター [DVD]
総額: ¥6,468
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: コリン・ファレル, アンジェリーナ・ジョリー, ヴァル・キルマー, アンソニー・ホプキンス
  • 監督: オリバー・ストーン
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2005/07/29
  • 時間: 173 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 39件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007D3NIG
  • EAN: 4988105044838
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 64,999位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【特典映像】
[DISC1]
・キャスト/スタッフ プロフィール 
・Trailer(30秒)

[DISC2]
約120分に及ぶ特典映像を収録!!
・Fight Against Time(76分)
・撮影風景(約14分)
・キャスト/スタッフ インタビュー(約20分)
コリン・ファレル/アンジェリーナ・ジョリー/アンソニー・ホプキンス/オリバー・ストーンほか多数
・東方遠征の軌跡(約5~10分)
・スチールギャラリー
 プロダクションデザイン
 コスチュームデザイン
 撮影風景
・予告篇集(約6分)

Amazonレビュー

   紀元前356年、マケドニア(現在のギリシャ)の王の息子として生まれ、20歳で王に即位。32歳で急死するまで東方へ侵攻し続けたアレキサンダーの生涯を、オリバー・ストーン監督が、破格のスケールで再現していく。両親の確執や父の暗殺などで心に屈折感を抱えながらも、征服欲に燃えるアレキサンダーは、過酷な戦いや臣下の裏切り、自らの体力の限界も乗り越えながら、ついにインドまでたどり着く。
   本作でもっとも驚かされるのは、アレキサンダーの愛を正面から見つめたこと。親友ヘファイスティオンとの関係など、男同士の友情を超えた濃密な愛が丁寧に、かなりこってりと描かれている。主演コリン・ファレルは、まだあどけなさの残る10代から、亡くなる30代までの変化を表情や肉体の動きで表現し、俳優としての素質を見せる。アクション場面では、前半の砂漠でのダイナミックな戦いと、後半、ジャングルでの象や馬が入り乱れるバトルが圧巻で、バビロンの都を鮮やかな色彩で再現した映像にも息をのむ。問題点は、大王の侵攻の意図が曖昧なことと、達成感が観る者に伝わってこないこと。侵攻の合間での作戦会議がやたらと長く、映画の流れを止めてしまっている。(斉藤博昭)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Shino 投稿日 2005/4/11
形式: DVD Amazonで購入
この映画の評価は両極端だ。最高か最低で普通はあまり無さそう。そして最高と思う人は現時点では少ないはずだ。DVD発売を機に少しでもこの映画を好きな人が増えることを願う。
この映画は詰め込み過ぎ、難解であるという点は否めないが(3時間で大王の生涯を描くのは難しい)、少しでも歴史的な素養があれば「おぉ」と思う点が多く散りばめられている。1回見ても楽しめるが予備知識の有無で鑑賞の深みは変わってしまう。ヨーロッパで支持され、日米では支持されなかったのは歴史的な素養の有無が大きかったはず。関連書を数冊読み映画館で何度か見た私も見落としは多く、DVDで早く見直したいと思う点もある。
コリン・ファレル演じるアレキサンダーは人間的であり過ぎた(彼の演技は素晴らしかった)。悩み、挫折し、苦しければ泣くし、弱音も吐けば部下を感情的に殺しもした。英雄像とはかけ離れてリアルである。そしてバッシングの一因ともなったバイセクシャルとして描かれた点。これは史実である。これらを無視せず敢えて描いたのは、監督が史実に忠実であろうとしたからだと思う。そこがグラディエイターやトロイなどとは大きく異なる点であり、一般受けしなかった点でもあろう。
難解ではあるが、この映画は繰り返し見るごとに新たな発見がある。娯楽作品ではない味わい深い映画を見たい人には、是非見て欲しい。
1 コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/19
形式: DVD
同性愛について、実は、フィリッポスを暗殺したパウサニアスもフィリッポス3世の想い人だったりします。キスしながらフィリッポスの腹を突き刺すシーンがありましたが、これはそのためです。
 フィリッポス暗殺については、監督なりの解釈があって、それが、後々のアレクサンダーの行動に影響を及ぼしたという話の流れのなか、なるほどこういう解釈もあったかと素直に思ってしまいました。
 特に、アレクサンダーの偉業=母オリュンピアからの逃げという解釈は前から、自分も考えていたことで、その仮説が見事、映画として体現させたのはすごいと思いました。監督のアレクサンダーへの愛着をかんじますね。普通、そこまで、考えが行き着きません。
 戦闘シーンで着目することは、非常にディテールにこだわっていること。アレクサンダーが牛を殺しているところ。あれは、戦況を占うための儀式。マケドニア側の投石布部隊。ペルシャ側の戦車部隊、らくだ部隊などがウガメラの戦いで登場して来ましたが、あれは、当時からちゃんと実用されていたものです。
 物語の構成としてわかりづらい、微妙な部分があるかもしれませんが、アレクサンダー王の歴史自体、謎やさまざまな解釈があるため、史実に忠実にストーリーに組み込むこと自体、困難で、返ってここまでまとめたこと自体すごいと感じました。
おそらく、歴史研究者やある程度
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「大王・大帝」と称される人物役にはコリン・ファレルは気品不足ではないか?と、当初二の足を踏んだ。
神の子であると信じ、母の邪な魂を引き継いでいない事を心に願い常に高潔たらんとした事。その道が途方も無い戦いへの道であり、何かから逃れる道でもあった事。冒頭一時間でコリンへの懸念は完全に吹き飛んだ。苦悩し走る・・そう、冒頭の暴れ馬を乗りこなすシーンと彼の人生は被る。行き着く先が血まみれの谷と分かっていても走り続ける、英雄であるが故に走り続けねばならないと抱え込み疲弊する精神、これだけ「人」としての姿を見事に演じられるとは・・。アンジーの老け役も及第点である。
確かに彼は夢想家だっただろう、でもこれだけの苦悩と葛藤を抱え只管未開の地に走りつづけた美しい馬、その魂の帰り着いた先はどこであったか・・余韻溢れる幕切れである。
もう一点、男同士の関係が普通であった紀元前当時、ヘファイスティオンとの友愛には何度も胸が詰まった。私見だが、「共に死すは男同士の特権」「共に生きるは男と女の特権」そう思っていたが、この作品を見て「生も死も共にするは男と男の特権」と感じた。少々の嫉妬も感じる。二人が自分達をアキレスとパトロクロスに例える点やギリシャ神話の神々の逸話を引き合いに出すのもとても興味深く、心憎い演出。
競技場・空中庭園・特に戦場の素晴らしさ。流石オリバー・スト
...続きを読む ›
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
一度観てすぐにプレミアム盤へ乗り換えました。手っ取り早く知るのに有難く、ドッシリとした史劇感が見応えあり。何かと話題の監督だし、何度観てもアレクサンドロスの眉が黒いのが気になりますが、偶像ではない「人間アレクサンドロス」を見事に描き出しています。英雄像が薄れたとも言われますが、そもそも完璧な英雄なんて面白味もなく存在しない。長所も短所もある等身大の人間にまで貶めた(?)所を評価したい。

海外で批判を受けたのは先の部分や監督個人への偏見が根底にありそうで、特に本国での不評には9.11以降の時勢も絡んでいるようですが、史実を弄ったにしても僅かのようだし一人一人の演技に無駄もなく、あの武骨な監督にしては同性愛描写も美しく描けています(主にジャレッド・レトの美貌のお陰でしょうが)。
また監督なりのアレキサンダー観(複雑に入り組んだマザコンとファザコン、東方への目的など)もきちんと表現され、コリン・ファレルの外見的な野暮ったさ(≠演出上の汚れ感?)を押し退ける迫真の演技には随所でゾクゾクしました。製作中止になったので比較出来ませんが、同時期企画バズ・ラーマン版アレキサンダーよりこちらが格段に良かった筈です。

古(いにしえ)の時代を創造した豪華セットや豪華キャストに加え、Mr.バイオレンスらしい大胆で醜悪な集団戦闘シーンや、猪突猛進的なアレ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック