アルメニアン・ダンス[全曲] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯・応募券・シール・カード・プロダクトコード等の封入物は付属しない場合があります。中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。Amazon.co.jp配送センター保管品のため商品コンディションについての問い合わせは回答できません。予めご了承くださいませ。管理ラベルは簡単に取れます(商品のクリーニング済み)注文や配送に関する問い合わせはAmazonカスタマーサポートにてお受けします。お急ぎ便、コンビニ決済、代引き支払い、ギフト券などもご利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

アルメニアン・ダンス[全曲]

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,592
価格: ¥ 2,112 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 480 (19%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 2,112より 中古品の出品:2¥ 1,616より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 佐渡裕,シエナ・ウインド・オーケストラ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • アルメニアン・ダンス[全曲]
  • +
  • ブラスの祭典2
  • +
  • ブラスの祭典(3)
総額: ¥5,563
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: シエナ・ウインド・オーケストラ
  • 指揮: 佐渡裕
  • 作曲: リード, ゴーブ
  • CD (2009/1/28)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: エイベックス・クラシックス
  • 収録時間: 45 分
  • ASIN: B001JI47OW
  • JAN: 4988064253975
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 137,047位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. アルメニアン・ダンス 第1楽章 [Part 1]
  2. アルメニアン・ダンス 第2楽章 [Part 2-I] How Arek (The Peasant’s Plea)
  3. アルメニアン・ダンス 第3楽章 [Part 2-II] Khoomar (Wedding Dance)
  4. アルメニアン・ダンス 第4楽章 [Part 2-III] Lorva Horovel (Songs from Lori)
  5. メトロポリス

商品の説明

メディア掲載レビュー

佐渡&シエナの記念すべき最初のコンサート「ブラスの祭典ライヴ2004」で演奏された楽曲「アルメニアン・ダンス」の全曲盤のCD化。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/5/27
形式: CD
アルフレッド・リードの『アルメニアン・ダンス』の第1楽章や第4楽章をコンクールの自由曲として聴くことはありますが、全曲をまとまって聞くことはほとんど無いので、このアルバムの価値はその意味でも大きいと捉えました。

佐渡裕の熱い指揮者魂がストレートに感じられます。シエナ・ウインド・オーケストラも、指揮者の意図をくみ取り、これ以上ないという限界まで吹きならし、壮大な曲を一気呵成に演奏していました。圧倒的な迫力でリスナーを釘づけにする演奏はそうないでしょう。

元の素材のアルメニア民謡のメロディや旋律に負うところもあるのでしょうが、偉大な作曲家アルフレッド・リードにとっても代表作なのは間違いありません。リーフレットの解説を記した富樫鉄火氏は、1997年のシエナの演奏を聴いた作曲家リードが「終演後、興奮覚めやらぬ様子で佐渡の楽屋を訪れ『いままで聴いた中で最高の演奏だった』と絶賛している」というエピソードを披露していますが、その情景が伺えるような演奏でした。2004年12月20日に横浜みなとみらいホールで収録されたものです。

カップリングのアダム・コーブ作曲「メトロポリス」でもシエナの演奏技術の卓越性を聴き取りました。パーカッションが大活躍する曲で、バーンスタインのウェスト・サイド物語を彷彿とするようなジャズ・サウンドが炸裂する曲
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今日本で最も勢いのあるプロ吹奏楽団、シエナ・ウインド・オーケストラによる『アルメニアン・ダンス』全集です。パート1とパート2(3曲)に加え、『アウェイデイ』で有名な作曲家アダム・ゴーブの『メトロポリス』が収録されています。

シエナの演奏が如何に洗練された素晴らしいものかは皆様もご存知の通りかと思います。吹奏楽曲の中でも知名度が抜群に高く、かつ高度なテクニックを要求される事で知られるA.リードの『アルメニアン・ダンス』は、シエナの実力と勢いを遺憾なく発揮させた演奏となっています。ライヴ録音(一発録り)の為か、他のレビュアー様もおっしゃっている通り「ちょっと吹きすぎ」という印象も何度か受けます。しかし、それさえも魅力と感じてしまう様な熱演、まさにリードの魅力を余す所無く表現しきった名演奏です。アルメニアン・ダンスを収録したCDは数え切れないほど販売されていますが、これは3本の指に入る完成度を誇っているでしょう。

また、メインの『アルメニアン・ダンス』に隠れていますが、A.ゴーブの『メトロポリス』も卓抜した演奏技術が光っており、15分超の演奏にすっかり聴き入ってしまいました。物語性豊かな『アルメニアン・ダンス』とは対を成し、どこか機械的で不気味な雰囲気さえ感じる作品ですが、シエナの団員皆さんの確固たる技術に支えられた各パーツがどんどん組み合わさ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 既に古典になった感も有るアルメニアンダンスを全曲収録+メトロポリス
というアルバムです。

 佐渡&シエナの演奏そのものは『ブラスの祭典』シリーズの実績があるので
今更ここでどうこういうことはありません。前述シリーズに手を出し、好感想を
持たれた方なら期待に違うことの無いものを得られると思います。未見の方に
とっても、何かのイベント時に集合する団体では無く、定期演奏会&全国巡業を
行うことで地力をつけているバンドですから、演奏スタイルの嗜好を除けば
やはり期待を裏切ることはないと思うのです。

 アルメニアの大地を想起させる雄大のホルンの調べ、静寂と賑わい、相反する
ものをしっかりと再現した木管、先祖伝来の土地を守って来た民族の自信を歌う
金管、フィーバーしまくりの打楽器群。

 ノリノリの、そして演奏したくなる気を起こさせる危険な演奏です(笑)。

 更にこのCDの良い所はライナーノーツがしっかりしているところ。吹奏楽
ファン・マニアはおなじみの富樫鉄火氏によるそれからは、曲目解説と氏の想い
が伝わってきます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
佐渡裕指揮シエナ・ウィンドオーケストラによるアルメニアンダンス全曲です。
ライヴ録音と言うこともあり、非常に燃焼度の高い演奏となっています。
佐渡も、オーケストラの演奏同様に熱い指揮ぶりであり、シエナ・ウィンドも
全力以上の力演で応えています。約30分の大曲を一気に吹き切った技量と
力量には感服します。
ただ、少々熱くなりすぎているフシがあり、ものすごくバリバリしています。
「熱演」と「吹きすぎ」の境界を越えているようにも感じられ、聞き終えた後
に何ともグッタリするような録音です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告